ログイン
Jose Arguelles さん
銀河の音(スペクトル)
太陽の紋章(青い猿)
KIN 11  
解放 溶かす 解き放つ
liberation dissolve release
魔術 遊ぶ 幻想
magic plays illusion
 
★ホゼ博士と同じ「ツォルキン」の方です
☆ホゼ博士と「銀河の音」が同じ会員の方です
☆ホゼ博士と「太陽の紋章」が同じ会員の方です

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
MONTUEWEDTHUFRISATSUN
GRI Permanent Base Fund Cosmic History Chronicles
My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 90  太陽の月(18)18:21:18 (2011年3月24日)
タイトル ホゼ・アグエイアスが、この惑星から旅立った
内容 親愛なる惑星Kinのみなさん

パカル・ヴォタン/ホゼ・アグエイアスが、この惑星から旅立ったことをお伝えいたします。
太陽の月17日(3月23日) 赤いスペクトルの月 午前6:10のことでした
(これは、赤いスペクトルの月の年に彼が産まれた時と、全く同時刻です)。

少しの間病に伏せった後、彼は完全なる平穏のもと息を引き取りました。
わたしたちは彼の代理として、彼を愛する人たちに、
太陽の月19日 Kin91(3月25日) 正午(太平洋標準時)に、
共振の(Synchronized)通夜/儀式をお願いしたいと思います。
彼が魂の旅を続けられるように、そしてまた虹の橋と光の帰還(Return of Light)を思い描きながら、
みなさまの祈り、光、祝福を彼にお送りください。

赤いスペクトルの月(太陽の紋章9, 音 11 - 9.11) 

私は 清めるために 溶かす

流れを 解き放ちながら

解放という スペクトルの音とともに

私は 普遍的な水のプロセスを 確信する

私は 二倍になった自分自身の力に 導かれる


太陽の月17日は、vinal13から始まりました。混沌の終焉、トランスへの進入を意味します。

彼は、72歳の誕生日の58日後に旅立ちました。
Kin58 白い律動の鏡は、パカル・ヴォタンの墓の扉が発掘された日です。
彼(ホゼ/ヴォタン)の誕生Kin(11)と、彼の亡くなったKin(89)の間は、78日間です。
78(6x13)は、パカル・ヴォタンの墓にはっきりと示されている音の合計です。
パカル・ヴォタンの墓の蓋は、パレンケで、数月(moon)前に閉じられ、密閉されました。
これは明らかなサインでした。

彼が、Kinに伝えて欲しいと私にくれたメッセージは、
今、すべては、メッセージを聴いた人々の責任にゆだねられるということです。
成されるべき多くのことがあります。
彼はすべてのKinに、『すべては完全(Perfect)です。すべての人を愛してください。
だれのことも憎まないでください。すべての人に神の祝福を』と伝えるようにと言いました。
彼は、ヴェールのもう一方から、周期が閉じるのを手助けしてくれています。

『仕上げる(Perfect)は、私がやって来た時間である。仕上げることは、私の使命である。
仕上げることは、私の出発の時間である。仕上げることは、私の預言の発見である。
:テレクトノン11.67』

この痛ましい(しかしすばらしい奇跡でもある)時に、私からもみなさんへ愛をお送りいたします。

愛をこめて

レッド・クイーン/ステファニー Kin 185



Dear Planetary Kin,

I am writing to inform you that Valum Votan/Jose Arguelles departed this Planet on Solar Moon 17 (March 23), Red Spectral Moon, at 6:10 a.m (the exact same time that he was born in 1939 in the Red Spectral Moon year).

After a short illness, he slipped away in complete peace. We are asking for those who loved him to hold a synchronized vigil and/or ceremony on his behalf at noon (Pacific standard time) on Solar Moon 19, Kin 91. Send him your prayers, light and blessings to continue his spirit journey - and also visualize the rainbow bridge and the Return of Light.

Red Spectral Moon (solar seal 9, tone 11 - 9.11)

I dissolve in order to purify
Releasing flow
I seal the process of universal water
With the spectral tone of liberation
I am guided by my own power doubled.

Solar Moon 17 began vinal 13: Closing the equivocating part and entering a trance.

Note that he departed 58 days after his 72nd birthday. Kin 58-White Rhythmic Mirror-is the excarnation date on the tomb lid of Pacal Votan. Between his (Jose/Votan's) birth kin (11) and his death kin (89) there are 78 days. 78 (6 x 13) is the sum of the tones of the clear signs on the tomb of Pacal Votan. Note: the tomb lid of Pacal Votan was closed and sealed a few moons ago in Palenque, a clear sign.

The message that he wanted me to convey to kin is that everything is now the responsibility of the people who have heard the message. There is much work to be done. He said to tell all kin: "EVERYTHING IS PERFECT!!! Love everyone. Hate no one. God bless everyone." He will now be assisting the closing of the cycle from the other side of the veil.

"Perfect was my time of coming. Perfect was my mission. Perfect was the time of my going. Perfect is the discovery of my prophecy ." Telektonon 11.67

I extend all of my love to everyone in this most heartbreaking (but miraculous) time,

Love Red Queen/Stephanie/Kin 185
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Comment(コメント)
柳瀬 宏秀
KIN 91  青い宇宙の猿 太陽の月(19)10:00:12 (2011年3月25日)
日本時間で、26日の朝5時に、旅立ったホゼのへの共振の祈りを



今、太陽の月19日 Kin91(3月25日) 正午(太平洋標準時)が、
日本時間で、26日の朝5時になることを、複数人で確認。
太平洋時間が、今夏時間であることも、KDDI に確認し、
改めて、日本の多くの人に伝えました。


また、4月18日、惑星の月の15日、KIN115青いスペクトルの鷲の日、
Red Spectral Moon から、13×2、26日後の満月の日に、
震災チャリティ講演会「祈りから 進化へ」というテーマで行い、
講演 柳瀬 宏秀
「進化のためのマヤの叡智 と 祈り」
マヤの叡智を進化の観点から説明。人類の進化を導くのがマヤの預言。
また、人の進化と社会構造の建て直しのために、「願い」を「祈り」に変えることを提案。
という予定でした。

さらに、この場を、ホゼ・アグエイアスの業績を紹介し、追悼の場としたいと思います。

また、新たに、
ホゼとパレンケに、行った時にホゼのメッセージを、
皆さんに、シェアする方法を考えています。
パカル・ヴォタンの74回目の260に周期の日に、奇跡的にパカル・ヴォタンの墓の中に入ることができ、
マヤの叡智に、チャネルを合わせたことを、今、思い出しながら、ホゼの人生の人類的な意味を、
もう一度、深く、心に刻みたいと思います。
柳瀬 宏秀
KIN 91  青い宇宙の猿 太陽の月(19)10:01:14 (2011年3月25日)
件名:ヴォタンのセレモニーのために



惑星キンのみなさま


宇宙のサル(3月25日)太平洋標準時で正午(日本時間3月26日午前5時)にヴォタンのための通夜/儀式を行ってくださる方は、ヴォタンの双子の弟であるアイヴァンによって書かれた以下の詩を読んでくださるようお願いします。

アイヴァンは、兄を見送るために、この詩が読まれることを願っています。





ありがとうございます。

ステファニー/レッド・クイーン







ホゼへ




ここが別れの場所。

君の区域は左で、数は0(ゼロ)。

僕のは、慎重に除かれた。

二人は一緒に探検し、一緒にばらばらになった。

冷たくしめっぽい場所を拡大するなかれ。

明日があるかどうかわからない、ということは確かなこと。

静かに、沈思し、このページを全部白塗りにしよう。

この脚立の神は誰なのか?

ホゼの霊に祈らなくてはならない。

悲しみに押し流されて、

非常にちっぽけなもの、人間の尺度の人間の取り分

ならば、星星に目を向けようではないか!




アイヴァン・アグエイアス


================================

ヴァルム・ヴォタンによる精神起源(ヌージェネシス)の瞑想・誓い

(これは、私たちが一つであることを思い出させ、分かち合っている星の使命を再活性化させる強力な誓いです。ヴォタンのために行う通夜や儀式の間、声に出して読むといいでしょう。)







この誓いをなす者は、名もない者たち

はるか彼方の、別の世界システムからここに送られた。

私たちが、はるか昔に、一つになろうと誓った

その約束を果たす時がやってきた。

神聖な任務を演ずる私たちは、

一つの息、一つの命、一つの神聖な絆になる。

この地球を、星星の間で、それ自身の思い出へと高揚させるために。




精神起源(ヌージェネシス)




これが私たちの課題の名前

名もなき者によってのみ

この課題は達成される

一つの息、一つの命、一つの神聖な絆





精神起源(ヌージェネシス)




果たすべき誓い

私たちは瞑想して誓った

すべての存在が自由になり

新しい世界が生まれ

虹が意識の光となって

神(無限の存在)へと導いてくれる、と。
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase