ログイン
Jose Arguelles さん
銀河の音(スペクトル)
太陽の紋章(青い猿)
KIN 11  
解放 溶かす 解き放つ
liberation dissolve release
魔術 遊ぶ 幻想
magic plays illusion
 
★ホゼ博士と同じ「ツォルキン」の方です
☆ホゼ博士と「銀河の音」が同じ会員の方です
☆ホゼ博士と「太陽の紋章」が同じ会員の方です

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
MONTUEWEDTHUFRISATSUN
GRI Permanent Base Fund Cosmic History Chronicles
My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 127  惑星の月(27)10:13:07 (2011年4月30日)
タイトル 神秘的進化の信条
内容 神秘的進化の信条

ホゼ・アグエイアス/ヴァルム・ヴォタン





神秘主義者というのは、スピリット(霊魂)の意識的進化において、「人格」と呼ばれる、知覚を外面化する構造がそれ自身を使い尽くし、注意や自覚が内側の魂との対話に向かう段階である。この段階では、優勢である人格(エゴ)の表現や熱狂よりも、魂の育成の方が重要性を持つようになる。





これは、時に個人の悟りとして達成されたり、もっと稀には、小グループや派(学派)によって達成されたこともあるが、神秘主義者が人類全体の、完全に意識的な段階やゴールであったことはかつて一度もない。伝統的なチベットやイスラム、ヒンズーの社会は、完全に神秘的な価値とはいえないかもしれないが、宗教的なものを社会構造の中に植えつけるのに近いところまでは行ったことがある。しかし、現状下では、神秘主義や神秘的な理想を社会的に制度化することはできるのか、という疑問がある。




真の神秘主義者にとって、あるいは、スピリットの意識的進化における一段階としての神秘的な育成にとっては、まず、エゴやストーリー、ゲームを伴う現世的人格の外面化が完全に使い尽くされなくてはならない。これは、いわゆる普通の社会的規範、さらには生物学的規範からも、自然に逸れるということを表している。神秘主義者がしばしば社会の主流にとっての脅威と見なされるのは、この理由ゆえである。




神秘主義者にとっては、魂の育成と神(絶対者)と一つになることが最大の関心事で、一般的には、利得、名声、個人的な権力、快楽、そして、家族さえにも関心がない。しかし、完全に進化した神秘主義者は、自分の家族や部族や国、人種にさえ偏ることなく、命全体に対して真に深い慈悲を発達させるという特徴がある。




このように、神秘主義者を人類全体の進化の段階として捉えることは、人間社会の構造にとって、そして、人類と地球のすべての生命にとって、深い意味を持っている。




事実、人類が揃って、神秘的な発展段階へと移行して行かないい限り、地球上での平和はない。この段階は避けることができない。歴史上のどの神秘主義者も、この次の避けられない人間進化の段階のための先駆者だったのである。




人間は、神と一つになるという神秘的なゴールの追及を通して平和を達成するだけではなく、数世代のうちに、自ら、現在の人口をそのほんの一部にまで減らすことになるだろう。そしてさらに、神と一つになるという神秘的なゴールの追及を、熟練者の素質に合った方法によって行うことによって、人類は、現在の技術に基づいた生活様式と物質的な負債を捨て、その代わりに、目に見えないサイコ・テレパシー的なソーラー(太陽)・テクノロジー(技術)に置き換えるだろう。




この理想を理解し、可能であると見なすなら、この気高い目的のために、最高の慈悲によって、現在の神秘主義者は、それぞれの全人生を捧げなくてはならない。宇宙の癒しの目的と達成は、すべての神秘主義者がこの共通のゴールにシンクロし、一つになることにかかっている。




「19.12. 時間の法則によって動く、進化した時間の人たちの内省的な自己調整が確約していることは、これからやってくる進化のすべては、神の霊的な性質を持つものであり、神のプランと位相的に一致しないで生きるという退行は、もはや不可能であるということである。」時間の力学


tlansrated by Yayoi




Mystic Evolutionary Credo

By José Argüelles/Valum Votan







The mystic is a stage in the conscious evolution of the spirit that occurs when the externalizing structures of perception known as “personality” have exhausted themselves and the attention or awareness is turned inward toward a dialogue with the soul. Henceforth, the cultivation of the soul succeeds in importance the dominating expression and cult of the personality (ego).




While this has sometimes been attained as an individual realization or, even more rarely, by a small group or school, never has the mystic been the fully conscious stage or goal of the entire species. Traditional Tibetan, Islamic or Hindu societies have come close to inculcating a religious, if not a wholly mystical value, into their social structures. But there is a question of whether, under present circumstances, mysticism or the mystic ideal can ever be socially institutionalized.




To the true mystic, or mystical cultivation understood as a stage in the conscious evolution of the spirit, there must first be an exhaustion of the externalizing worldly personality with its ego, story-line and games. This represents a natural turning away from so-called normal societal and even biological norms. It is for this reason that the mystic is often perceived as a threat to the mainstream society.




The cultivation of the soul and its oneness with God―the Absolute―is the chief preoccupation of the mystic, who, generally, could care less for the values of gain, fame, personal power, pleasure or even family life. And yet, it is characteristic of the fully evolved mystic that he or she will develop an unsurpassably profound compassion for the entire fabric of life, not just for his/her family, tribe, nation, or, even, species.




Thus, to consider the mystic as a stage in the evolution of the entire species has profound implications for the structure of human society and, indeed, for the future of the species and all of life on Earth.




The fact is that the human species will not have peace on Earth as a universal phenomenon until it has passed, en masse, into the mystical stage of development. This step is inevitable. All the mystics throughout history have been but the evolutionary forerunners of this next, inevitable stage of human evolution.




Not only will the humans attain peace through pursuit of the mystic goal of divine union, but within several generations, of their own accord, they will have scaled back their population to a mere fraction of its present number. Furthermore, in pursuit of its mystical goal of divine union by whatever path is suitable to the disposition of the adept, the human species will abandon its present technological lifestyle and material encumbrances, replacing them, instead, with an all but invisible psychotelepathic solar technology.




Once this ideal is comprehended and deemed possible, then, to this noble end and out of supreme compassion, must the present day mystic devote his or her entire life. In the unification and synchronization of all mystics to this common goal, lies of the purpose and attainment of cosmic healing.




“19.12. The self-reflective self-regulation of evolved bodies of time operating by the Law of Time assures that all coming evolution is of a divinely spiritual nature where regression to living out of phase with the divine plan is no longer possible.” The Dynamics of Time
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase