ログイン
Rin さん
銀河の音(律動)
太陽の紋章(赤い蛇)
KIN 45  
平等 組織する つり合わせる
equality organize balance
生命力 生き残る 本能
life force survives instinct
 
★Rinさんと同じ「ツォルキン」の方です
☆Rinさんと「銀河の音」が同じ会員の方です
☆Rinさんと「太陽の紋章」が同じ会員の方です

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
MONTUEWEDTHUFRISATSUN

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 116  惑星の月(16)23:55:39 (2011年4月19日)
タイトル 真夜中に戻って、朝、東の扉が風で鳴る
内容 真夜中に講演会から戻ってきました。

祈り、
そして
pray for Japan---日本への祈り
祈りの層が今、地球を覆っている。
今こそ、
元(利益追求の社会)に戻すための復興ではなく、
進化をしなければならない。

マヤの預言、
第10バクトゥーンの時代のマヤの叡智が伝える意味は、
進化するときであるということ。

それから、
梅原 猛氏が東日本大震災復興構想会議で言っていた、
人災でもなく、
天災でもなく、
文明災だという、その言葉の意味。

最後に
出口光さんと、講演を聴きに来られてた船井勝仁さん(船井幸雄さんの息子さん)と、
アカペラで澄んだ声で歌を聴かせてくれたラ・ブリアンテールの3名が舞台に上がって、
挨拶。




講演を聴きながら、
いろんなことを考えたり、思い出した。

亡くなったホゼが
第10バクトゥーンのマヤの叡智を
13の月の暦 コズミック・ダイアリーとして
伝え続けていた意味が、
今、よくわかる。

ひと月が31日、28日、31日、30日とガタガタのカレンダーを使うことで、
ガタガタの物差しで作られた、
いつ壊れるかわからない、
住んでいるとだんだん具合が悪くなる(でも隠されている)ガタガタの家(世界)にいる私たち。
危険だとは、まったく気がついていない
(気がつかない方が安心だとなんとなく思っている)私たちに、

自然のリズム、宇宙のリズムでできたカレンダーを使うことで、
本当の自然時間、宇宙の周期で
生き始めることができますよ。

そして、
「ナチュラルマインドメディテーション」で、吐く息とともに、考えを手放し、
無の状態、エゴのない状態、
人間がもともと持っているものを体験し、
それに親しんでください。


なぜなら、
それが必要だから。



自然の声を聴かなくなった・・
聴かなくても平気になった私たちは、
タダで、
恵みを与え続けてくれている地球や太陽や宇宙を
汚し、穢し、壊し、奪い取って我が物にし、切り売りをして、
当たり前だと思っている。

でも、そんな時間はそろそろ終わりになり、
(周期が閉じる)
なんとなく気がつき始める。

このままでは、ダメなんじゃないか?

でもどうしたらいいかわからない。

答えは、

「自然時間を取り戻しなさい」
「自然のリズム、宇宙の周期のカレンダーを使って、本当の時間を生き始めなさい」

そのために、コズミック・ダイアリーがあるんだなぁ・・と改めて感心する。

それから、ホゼが最後に日本に来た時、
「なまけていてはいけません」と言っていたのを思い出す。


朝、風が東の玄関を揺らす。

台風のときも、そんなふうに鳴ったことはないと思うけど、

何度も何度も。

玄関を開け放つと、
思いもよらず、扉が軽々と開いた。

外は
太陽が温かく降り注ぎ、
チューリップがいくつも咲いて
のどかな世界が拡がっている。


世界中から義捐金。
その中には、
津波にのまれたインドネシアの人たちから…
日本が援助している国の人たちから…

その国の人たちにとっては、
すごい大金を寄付してくれている。
まだまだ、ずっと援助が必要なところなのに。

そんな中でも、
pray for Japan
日本への祈り

その祈りを
決して、忘れてはいけない。
無駄にしてはいけない。



一息ごとに、
喜びと平穏が世界に満ちますように。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase