ログイン
Rin さん
銀河の音(律動)
太陽の紋章(赤い蛇)
KIN 45  
平等 組織する つり合わせる
equality organize balance
生命力 生き残る 本能
life force survives instinct
 
★Rinさんと同じ「ツォルキン」の方です
☆Rinさんと「銀河の音」が同じ会員の方です
☆Rinさんと「太陽の紋章」が同じ会員の方です

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
TUEWEDTHUFRISATSUNMON

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 30  電気の月(21)03:48:11 (2011年10月10日)
タイトル 大阪
内容 連休で、久しぶりに実家に。

というより、入院中の母のお見舞いと、
父の様子を見にいく。

病院近くの駅についてからすぐタクシーに乗ると、
運転手さんが、行き先を聞いたあと、
「あめちゃんあげるわ」と言って、レモンのキャンディを一つくれる。

ありがとう、と包みを開けて食べると、すかさず
「紙もらうわ」と、包み紙を渡すように促す運転手さん。

なんというか・・
大阪?



母は、峠を越えた後、
少しずつ、回復に向かっているところで、
立つことはまだできないけれど、
点滴がとれて、おかゆが食べられるようになって・・
生きていてくれることがありがたい、と思う。


「100歳がスタート」と言われた日野原さんの話を聞いてから、
父も母も平均寿命を超えたから、もう人生の終わりが見えてきた・・と考えていたのが、
良い形に覆されて、
勇気が湧いてくる。

83歳の父に、
「100歳になった日野原さんが、
聖路加国際病院の院長をボランティアで引き受けたのは80歳の時なんだって」
と伝えたら、
「それは凄いな」と感心していた。

日野原さんという一人の人間が、
よど号事件のあと、
与えられた人生だから、人のために生きよう、と決心して、
生きはじめた人生が、
どれほどの人を実際に救い、勇気づけ、生きるパワーを与えているか・・・

100歳にして、
日本の医療教育を変えないといけない。と言い、
その変える方法を考えて、実行しようとしている。

そのままの制度でいいじゃないですか、という大学教授が大半な中で、
日本の医学教育のレベルの低さを、はっきりと認識し、
今のままではいけない、変えなければならない、と声に出し、実際に行動しようとしている100歳の日野原さん。

それは、自分のためじゃなく、
患者さんのためであり、
お医者さんのためであり、
これからお医者さんになる人のためである。


そのままの制度でいいじゃないですか・・対立もおこらないし、
いろんな考えがある、ということで、そのままにしましょうよ。
という先には、

患者さんのためにもならず、
お医者さんのためにもならず、
これからお医者さんになろうとしている人のためにもならない。
という未来がある。

マルコによる福音書
8:17イエスはそれと知って、彼らに言われた、「なぜ、パンがないからだと論じ合っているのか。まだわからないのか、悟らないのか。あなたがたの心は鈍くなっているのか。
8:18目があっても見えないのか。耳があっても聞えないのか。まだ思い出さないのか。






昨日、夕方、
実家で
父とお祭り当番の休憩時間に帰ってきた兄と3人でお茶を飲んでいるときに
突然、ドンという地震。

テレビで確認したら、
大阪府南部で震度3という速報。

地震のはずなのに・・
ドンという音と揺れだったのに・・
灯りがまったく揺れていない。

不思議。

何を伝えているのだろう。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Comment(コメント)
Yayoi
KIN 30  白い自己存在の犬 電気の月(21)08:13:39 (2011年10月10日)
ご両親にもぜひ長生きしていただきたいですね!
Rin
KIN 30  白い自己存在の犬 電気の月(21)23:50:15 (2011年10月10日)
Yayoiさんありがとうございます。

父も、ガンの手術のあと、自分の身の回りのことは自分でしながら、毎日母のところに通っていて、それが、生活のハリになっているようです。
今回実家に帰ったら、町内の自治会の当番がまわって来たとのことで、これから3か月間当番なんだそうです。ご近所も、みんなお年寄りになって高齢でも当番がまわってくるのは当然らしくて、少しびっくりしました。
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase