ログイン
Rin さん
銀河の音(律動)
太陽の紋章(赤い蛇)
KIN 45  
平等 組織する つり合わせる
equality organize balance
生命力 生き残る 本能
life force survives instinct
 
★Rinさんと同じ「ツォルキン」の方です
☆Rinさんと「銀河の音」が同じ会員の方です
☆Rinさんと「太陽の紋章」が同じ会員の方です

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
TUEWEDTHUFRISATSUNMON

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 103  律動の月(10)23:53:52 (2011年12月22日)
タイトル 冬至 12月28日に向けて
内容 今日は、昼が一番短く、夜が一番長い日 冬至。
この日を境に、ふたたび太陽が蘇る、再生の日。

来年の冬至、2012年12月21日は、
ホゼが、今回の文明のサイクルが閉じる日であり、
新しい銀河文化と宇宙意識が伴った「新しい太陽の時代」の始まりであると伝え続けた日。
そして、そのためには準備をしなければならない、とその生涯を捧げて伝えてくれた。


その準備として。
12月28日。KIN109赤い倍音の月の日
律動の月16日。

銀河の活性化の正門の10日間の流れの中の1日。

ぜひ、地球のための宇宙のための人類として
生きることを選択できるように。

めぐろパーシモンホールでお会いしましょう。

そして、
どうぞ、たくさんの人たちに伝えていただけますように。


律動の月のキーワードのように

平等 equality  存在するすべてのもののために
組織する organize バラバラの意識を、繋がりのなかに戻し 
つり合わせる balance エゴを祓って、存在ギリギリまで傾いたバランスを戻す



***

9,000万人の人々が、初詣に出かけます。
9,000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。
9,000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・
     日本人の「心構え」が変わり、日本が変わり、宇宙が変わります 。


3.11を経て、まだ、自分のためだけの「御利益」を願うのでしょうか?

2012年、そして2013年の初詣には、日本人の「願い」が
「祈り」になっている、そんな美しい初詣を、ご一緒に生み出しませんか?


祈りのくにづくり講演会
「初詣の 願いを 祈りに」 http://inori-no-kuni.com/

日時:2011年12月28日(水)午後2時半開場、3時開演 8時半閉会
場所:めぐろパーシモンホール大ホール
(東急東横線「都立大学」駅 徒歩7分)

会費 前売り3500円  当日4000円


小林芙蓉:書家
   「祈り」〜石笛の音にのせて「書のデモンストレーション」3:05ー3:45
    (石笛は横澤和也)(大ポールロビーにて、小林芙蓉 書画展 「水の祈り」)
白鳥哲:映画監督
    世界は祈りで一つになる3:45ー4:25
前田比良聖:武道「和良久」創始者
    人の体は宇宙のいとなみ   4:40ー5:20
柳瀬宏秀:環境意識コミュニケーション研究所代表
    地球の進化のために「初詣の願いを祈りに」5:20ー6:00
船井勝仁:にんげんクラブ代表
    ミロクの世のつくり方:祈りによる集合意識の活用6:20ー7:00
中澤英雄:東京大学教授 
    祈りによって平和を創造する  7:00ー7:40
講演者全員による「祈り」のシンポジウム 7:45ー8:25
 
     

講演会のお申し込み方法
1.
メール、FAX、お電話で
cosmic-kin12@syd.odn.ne.jp 
件名を「12月28日講演会申し込み」と明記いただき、
お名前、人数、連絡先をお知らせください。
(当日受付で、チケットをお受け取りください。)
(チケットご送付をご希望の方は、お届け先ご住所もお知らせください。)
FAX055-974-3877 電話 055-974-3901


2.
HPから、Eチケットのお申込み
http://inori-no-kuni.com/ 
(こちらは、クレジットカードでのチケット購入になります。)



講演会終了後、ロビーにて、講演者も参加しての簡単な懇親会を予定しております。
会費2000円軽食とワンドリンク



初詣の願いを
自分のためだけの願いごとから、地球のための、宇宙のための祈りにしよう
という呼びかけの講演会
「初詣の願いを祈りに」です。

もし来られない場合でも、このメールから、
「初詣の 願いを 祈りに」という呼びかけが伝わると思います。

賛同いただけましたら、
ご友人、お知り合いの方に、メールやML、ミクシィ、フェイスブック等で
ぜひお伝えいただければ、と思います。


初詣に、祈りの輪が、広がれば、
2012年、2013年の初詣から、
地球が進化していくかも知れません。

もし、講演会に来られなくても、
「初詣の願いを祈りに」という呼びかけを、
お伝えいただき、
2012年、そして2013年の初詣には、日本人の「願い」が
「祈り」になっている、そんな美しい初詣を、
ご一緒に、生みだすきっかけをつくる仲間になっていただければ、と思います。


共感していただけましたら、ぜひ、転載、転送ください。
多くの方に。お伝えいただけますように。



========

この講演会の3番目の前田先生は、和良久の創始者であり、
私は、稽古人のひとり。

今日、和良久のMLで、
前田先生が、こんなふうに書かれた。

ここに転載して、お伝えしたほうが、
きっと良いのではないかと思い、転載します。

===================ここから

「初詣の願いを祈りに」

ますます混迷の度を増すこの世界。
一人の人間としてこのまま放っておいていいはずがありません。

じゃ私に何ができる?
人はいつも自分に問いかけます。

人は危急存亡のとき三つの顔を見せます。

絶望する人。
人をおしのける人。
人に尽くす人。

いったい自分はどの顔をみせるのか。

「私たちは人に与えることによって多くを受け取る」

聖フランチェスコの言葉を知る人は、迷うことなく自らを神への捧げものとする道を選ぶでしょう。

このたび宗派を超え、立場を超えて人間本来の利他的な心に立ちかえり、世界の平和を祈る「初詣の願いを祈りに」の集いが開催されます。

本当は宗教者たちがやらなくてはならないことを柳瀬さんは始められました。
いえ、宗教者でない柳瀬さんだからこそはじめられたことかもしれません。
これは、私は大きな快挙だと思います。

この集いを機に、私自身も今一度祈りということについて深く考えました。
いままで本当に祈っていたのかと自分に問いました。

変化は祈ることからはじまります。
祈ることによって夢と希望を見出します。

夢や希望は生きるパワーをつくります。
そのパワーは積極的な行動を起こします。
やがて行動は形となって現れます。

一人よりも二人、三人、四人・・・。
みんなでパワーを結集させての祈りはきっと宇宙に大きなウェーブを起こします。

専門的な祈る言葉や作法は知らなくてもいい。
普段使う感謝の言葉や人をおもいやる言葉で十分なのです。

むしろ飾った言葉でなく、心のこもった言霊をつかうことが大事なのです。

これからの地球、これからの人類。

変えるのは今だと思います。

12月28日、東京で奇跡をおこしましょう。

前田比良聖


=======================
ここにも、捧げつくす方がいて、
いつも頭が下がる。


>人は危急存亡のとき三つの顔を見せます。

>絶望する人。
>人をおしのける人。
>人に尽くす人。



もうひとつ、
周りが行く方向に行こうとする人、がいるのではないか、と考える。
ボーっと待っている。
自分では決めない。


直観 intuition が必要だ。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase