ログイン
Rin さん
銀河の音(律動)
太陽の紋章(赤い蛇)
KIN 45  
平等 組織する つり合わせる
equality organize balance
生命力 生き残る 本能
life force survives instinct
 
★Rinさんと同じ「ツォルキン」の方です
☆Rinさんと「銀河の音」が同じ会員の方です
☆Rinさんと「太陽の紋章」が同じ会員の方です

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
TUEWEDTHUFRISATSUNMON

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 118  律動の月(25)22:17:23 (2012年1月6日)
タイトル そこにあるだけなんだよ
内容 夕ごはんの時に、末っ子が、
「『俺は○○が大嫌いだー』と言ってみたいな」
というので、
さっそく、
「ママはホラー映画が大嫌いだー」と言ってみた。
怖い映画は超苦手。

ホラー映画、最後まで見たことあるの?と聞かれて、

「全然ない!ちょっとだけでもダメ!
映画の予告編だけでも絶対無理!」

と言ったら、

「『うしろからゾンビが蘇ってきた』こう言ったら怖いの?怖くないでしょ?」
「映画も、これと同じなんだよ。
そこにただあるだけなんだから、
お母さんが怖がる必要はどこにもないんだよ。
作ったひとの意図はあるかもしれないけど、
そこにあるだけなんだよ」

「予告編は一部分だけで、それは映画じゃないよ。
本でも、一冊全部で本なんだよ。
面白いところだけ集めたものなんか本じゃないでしょ」



子どもは母親よりずっと賢い。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Comment(コメント)
Meg
KIN 119  青い月の嵐 律動の月(26)02:14:30 (2012年1月7日)
子どもはハッとするほど鋭い!

そのままオトナになれればいいのに、
それじゃあ生きていけない世の中が哀しい・・・(苦笑)
Yayoi
KIN 119  青い月の嵐 律動の月(26)10:33:03 (2012年1月7日)
ホラー映画にもいろいろあるのでしょうが、私もやはり見たくない口です。

息子さんの説明はそれ自体素晴らしいですが、ホラー映画を作る意味がよくわかりません。

息子さんはホラー映画を淡々と見ているんでしょうか?
Rin
KIN 120  黄色い電気の太陽 律動の月(27)01:15:22 (2012年1月8日)
Meg さん
本当に鋭いです。
そして、自分たちの世界を実際に作りつつあるような感じです。
子どもたちがそのままで生きていけない世界なら、
生きていける世界を自分たちで作ろうとしているような感じがしています。

いずれ逆転現象がおきるかもしれません。
子どもたちに
そんな大人じゃ生きていけないよ!と言われるかもしれません。
うちの子はもう高2なのですが、お友だちもすごく面白いです。そしてびっくりするぐらい親切なんです。


Yayoi さん
Yayoi もホラー映画を見たくない口でよかった!

息子がホラー映画を淡々と見てるかどうかは、
そもそもホラー映画を見てるのかどうか?疑問なので
(いつも本を読んでるか漫画を読んでるか、お笑いのテレビをみてるか、歌を歌ってるかなので)
わからないのですが、

まあ、私に伝えたいことは2つあったと思うのですが、
1つは、
怖い、と思うのが、自分に害をなすのではないか、自分が傷つけられるのではないか、という恐怖心があるのですが(特に私の場合)
そういうふうに思う必要はまったくない、(大丈夫だよ)ということを言いたかった、ということと、

もうひとつは、
一部分だけをみて、解ったつもりになるな、ということですね。一部分だけで解釈してしまうと間違っていることも多いし、間違っていることにも気がつかない。
全体をみて、全体を感じて、はじめて解るのだから、ということだと思います。

とはいえ、
だからと言ってホラー映画を見る気はしませんね!
Yayoi
KIN 120  黄色い電気の太陽 律動の月(27)09:45:54 (2012年1月8日)
今の子供たちはほんとうに新人類と感じます!
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase