ログイン
Rin さん
銀河の音(律動)
太陽の紋章(赤い蛇)
KIN 45  
平等 組織する つり合わせる
equality organize balance
生命力 生き残る 本能
life force survives instinct
 
★Rinさんと同じ「ツォルキン」の方です
☆Rinさんと「銀河の音」が同じ会員の方です
☆Rinさんと「太陽の紋章」が同じ会員の方です

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
WEDTHUFRISATSUNMONTUE

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 198  太陽の月(21)23:55:01 (2012年3月27日)
タイトル 最高で毎時73シーベルト
内容 昨日に引き続きの福島第一原発2号機のニュース。

2号機格納容器内の放射線量を直接測定し、最高で毎時73シーベルト。

1シーベルトは1000ミリシーベルト。

去年の爆発のあと、5月の終わりに
3号機のまわりで高線量のがれき、と呼ばれたもので
300ミリシーベルト。(そのあと、900ミリシーベルトか1000ミリシーベルトのものも発見されていた)

つまり、とんでもなく高放射線量のがれきで
0.3シーベルト〜1シーベルト。


今回、2号機の中の放射線量は
毎時31シーベルトから73シーベルト。

桁違いに大きい放射線量の数値。

====================
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120327-00001013-yom-sci

2号機格納容器内「被曝すれば8分で死に至る」
読売新聞 3月27日(火)20時32分配信

 東京電力は27日、福島第一原子力発電所2号機の格納容器内の線量を事故後、初めて直接測定し、最高で毎時73シーベルトだったと発表した。

 事故後に測定した最高線量で、人が被曝(ひばく)すれば1分弱で嘔吐(おうと)などの症状が発生し、約8分で死に至る。東電は「容器内での人の作業は不可能で、内部の状況を把握するためには、高い放射線に耐える機器開発が必要になる」としている。

 調査は26日に内視鏡を挿入した配管に、線量計を入れて測定した。壁面から50〜100センチの場所で計8か所測り、線量は毎時31〜73シーベルトだった。定期検査中の格納容器内の線量に比べ、10万倍以上高い。格納容器内に溶け落ちた核燃料や、格納容器内に拡散した放射性物質による放射線の影響と見られる。

=====================



格納容器の外の放射線量も立体的に測って教えて欲しい。


福島第一原発が爆発する前は、
大きな地震がおこること、津波が来ること、電源が失われること等々を考えると、
そういうことを呼び寄せるんじゃないかとでも思っていたのか、
すべて、そんな事態はおこるはずがない、という態度で終始し、

実際にことが起こると、
対応策を考えてこなかったつけがまわって、
すべてが後手後手、本当にそれでよかったのか?と疑問が残る対応になる。



今、福島第一原発で働いている人たちの身体的な状況に対しても、
同じようなパターンが選択されてないかと心配する。




溶けた燃料棒も、
冷却のためにいれた水が、どこかわからない場所からダダ漏れの格納容器も、
当然ながら、今だって福島第一原発のその場所にあるのに、
なかったことにしようと思っているんじゃないか?

そうでなかったら、どうして原発再開を言えるんだろう?



どうしてこうなったのかを、
どんな立場の人も
根本に向けて考えていく機会になりますように。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Comment(コメント)
Yayoi
KIN 199  青い自己存在の嵐 太陽の月(22)08:00:39 (2012年3月28日)
どうしてこうなってしまったのか・・・

「フクシマのうそ」を作ったドイツ人の方も唖然としていましたね・・・

一人一人が自分の責任を、それぞれの場所で、認識しますように。
Rin
KIN 200  黄色い倍音の太陽 太陽の月(23)00:27:37 (2012年3月29日)
最初に原発を作ろうとした時に、
あまりにも環境ということを考えなさすぎたからなんだろうと思います。

だから、作れたんですね。


今は正念場ですよね。
のんびりした春だけど、
本当は正念場。
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase