ログイン
Rin さん
銀河の音(律動)
太陽の紋章(赤い蛇)
KIN 45  
平等 組織する つり合わせる
equality organize balance
生命力 生き残る 本能
life force survives instinct
 
★Rinさんと同じ「ツォルキン」の方です
☆Rinさんと「銀河の音」が同じ会員の方です
☆Rinさんと「太陽の紋章」が同じ会員の方です

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
WEDTHUFRISATSUNMONTUE

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 205  太陽の月(28)23:58:03 (2012年4月3日)
タイトル 麻しん(はしか)の予防接種
内容 数日前に、末っ子宛てに、麻しんと風疹の予防接種の案内が来ていた。

4年ほど前にはしかが大学生に大流行して、学校閉鎖になったりしたことをうけて、
中学1年と高校3年の子どもを対象に、
麻しんと風疹の予防接種を費用を自治体負担で受けさせる、というふうにした、
その対象年齢になったわけである。


手紙には、春休み中に受けてください、とあって、
はしかの予防接種ならいいかな、と
朝、病院に電話をして、夕方の予約を入れた。


基本的に、自分が注射が苦手なので、
予防接種も感覚的に苦手。

予防接種って毒を注射するわけだし、と思い、

子どもが小さいときは、
小児科医の毛利子来(もうりたねき)さんの本を一生懸命読んだりして、
あまり予防接種をしないように心がけていた気でいたけれど、

今日、子どもたちの母子手帳を見てみると、
結構やっている。

ポリオ、BCG、三種混合の第一期の3回分
はしか、

一番上の子は、それにプラス水ぼうそうと、日本脳炎を2回幼稚園で、追加の1回を小児科で受けた記録が残ってる。


今の小さい子どもたちは、
以前に比べて、1歳になるかならないような時期に、
ほとんどの予防接種をするような形になっているらしく、
まだ、2歳にならない女の子のお母さんは、
「あれもやって、これもやって」と教えてくれたけれど、
いったいどういうことだろう?


娘の幼稚園時代に、
同じクラスのお友だちが、日本脳炎の予防接種で、生死の境をさまよい、普通の生活に戻れるかどうかもわからない何カ月かを集中治療室ですごしたことで、
完璧に予防接種に対して、
「注意しなければならない対象」になった。


にもかかわらず、
もう子どもも大きいし、はしかならいいかな・・
とちょっとのんびりムードで病院に行き、
問診表に保護者のサインを書いた。

小さめの注射器の7ミリぐらいの分量のピンク色のワクチンを左腕の上に打たれるのを見て、
「どうか、身体を守ってくれるものになりますように」と思わず思う。


雨と風がひどくなる前に帰ることができて、
安心していたら、

旦那さんに、
「それって生ワクチン?ちがうの?」と聞かれ、
全然考えてなかったので、
調べてみたら、
打ったのは麻しん・風疹(MR)混合ワクチンで
生ワクチンになるらしい。

母子手帳に今日貼られたシールには、
MR Y135
(タケダ)EXP 2013.1.12
とある。



予防接種のことを検索していたら、
日本脳炎の予防接種の重篤な副作用が2005年ぐらいに認定され、実質中止になった時期があること。
2009年ぐらいに新しいワクチンができて、それを使って再開されたことが、なんとなくわかったが、
いつ、どうして、どうなったか、ということは
はっきりした日付もふくめて
上手く見つけることができない。

記録がネット上にほとんどない?


こんなに情報がたくさんあるはずなのに・・・



そんな中で、
予防接種被害者の会10 周年記念
「予防接種改革記念の集い 2004」講演会記録

2004.10.3 浜松町海員会館
全国予防接種被害者の会
東京予防接種被害者の会

というのを見つけた。
================

http://www.kangaeroo.net/data/info/attach/004/013/002/d01-1184238085.pdf

(抜粋)

人の命よりも、企業の倫理を優先させている
ワクチン業界というものを見させていただいてしまった、見させられた、その現実から教育を得た、というのが私の医学教育の原点です。


ワクチンを作る研究は充実させているかもしれませんが、必要であるかどうかの研究は
まったく行われていません。


10 年前、「なぜ今、日本脳炎のワクチンをやるのか。山形、秋田などでさえ患者が出
たわけでもないのに、なぜいまさらワクチンをしなければならないのか。」という問い合わせは、ワクチントークの中でも随分受けていました。その中で、北海道だけは、30 年間一人も患者が出ていなかったので、先生方が「ワクチンを採用すれば、副作用の方がはるかに多くなる」という正確なデータを分析した上で、やらない選択を議会で通過させました。
いくら良いワクチンが出来たからといっても。要らないものは要らないとすべきであり
ます。日本脳炎のワクチンは、子供の患者さんのデータを見れば、そのために出ている被害者の数から考えて、この日本で要らないワクチンであることは明確です。
================

2004年の講演会の記録だけれど、
知らないことばかり。





娘のお友だちは、何カ月かの集中治療室のあと、
奇跡的に快復し、
普通の生活が送れるようになった。

今までは、ただ、本当に良かったね、と思っていたが、

今日は、あの時の
あの家族のつらさ、祈りを
これから
他のだれかの健康に結びつけるために
危険から遠ざけるなにかの力に変えていければ、
と思う。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Comment(コメント)
Yayoi
KIN 206  白いスペクトルの世界の橋渡し 惑星の月(1)07:30:52 (2012年4月4日)
ワクチンって、大きな?の一つですね。
Rin
KIN 206  白いスペクトルの世界の橋渡し 惑星の月(1)23:47:21 (2012年4月4日)
情報が開示されていない、というのが、
一番の問題だと思いました。

持っていきたい方向の情報だけをどんどん出す。
という感じですね。
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase