ログイン
Rin さん
銀河の音(律動)
太陽の紋章(赤い蛇)
KIN 45  
平等 組織する つり合わせる
equality organize balance
生命力 生き残る 本能
life force survives instinct
 
★Rinさんと同じ「ツォルキン」の方です
☆Rinさんと「銀河の音」が同じ会員の方です
☆Rinさんと「太陽の紋章」が同じ会員の方です

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
WEDTHUFRISATSUNMONTUE

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 9  水晶の月(13)23:52:01 (2007年6月11日)
タイトル あじさい
内容
今日はKIN9赤い太陽の月
娘のツォルキンバースディー。

昨日までの雨がうそのように晴れ渡って気持ちがいい。
車で走っていると、道端のあじさいが鮮やかに飛び込んでくる。

昨日も同じところで咲いていたはずだが・・・
植えられているところも、知っているけれど、
ほとんど、見てなかったんだろう。

今日のあじさいはとにかく華やか。

信号で停まったところに咲いているのは、綺麗な青と白。
よく、紫系統のあじさいは見かけるが、
くっきりと青いあじさいは、この辺りでは、ここしかない。

思わず、隣に乗っている彼に
「どうして、あじさいの色がこんなに違うのかな?
あじさいの色は一本ずつ違うのかな?」と聞いてしまった。

ひと雨ごとに、あじさいの色が変わるというし、
同じ枝でも、色の違う花をつけていたり・・・
今まで、そういうもの、と思っていたことが、急に不思議に思えた。

彼の答えは
「ただ、あじさいの美しさを楽しめばいいんだよ。
そうしたら、どうしてかもわかるよ」


というわけで、綺麗に色づいたあじさいを楽しみながら、家まで戻った。


夕方、末っ子が帰ってきて、
学校からのお手紙を差し出した。

中間テストの勉強計画の立て方のプリントと、
読書強化月間なので、先生方のお勧めの本のリスト。
それから、理科室の先生の出している「函南博物誌」。

その内容が、あじさいの花の色がどうやってきまるか、だった・・・

どんな色のあじさいも、アントシアニンという一つの色素しか持っていないらしい。

色の違いは
助色素とアルミニウムイオンがアントシアニンと一緒になることでで決まるらしい。

助色素は、花が成長する途中でつくられる無色の物質で
あじさいには3種類見つかっていて、割合が変わるらしい。
しかも、どの助色素をどれぐらい合成するかは、あじさいのDNAに設計図として
書かれていて遺伝的に決まってくるそうだ。

アルミニウムイオンは、土にあるアルミニウムが水に溶けてイオンとなって
吸い上げられ、アントシアニンと一緒になる。
アルミニウムは土の酸性度が強いほど、水に溶けやすいらしい。

アルカリ性の土壌では、青みの強いあじさい。
酸性の土壌では、赤みの濃いあじさいになるとのこと。


では、信号のところの青いあじさいの咲いている土壌はアルカリ性ということになる。


疑問が解けたところで、
昨日、彼が河村さんからいただいたケーキで子どもたちと一緒におやつにする。

オレンジピール(?)が入っていて香りがいい。
目に見えないエネルギーも一緒にいただいているようで、
満ちたりたおやつの時間でした。

河村さんご馳走さまでした♪
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase