ログイン
Rin さん
銀河の音(律動)
太陽の紋章(赤い蛇)
KIN 45  
平等 組織する つり合わせる
equality organize balance
生命力 生き残る 本能
life force survives instinct
 
★Rinさんと同じ「ツォルキン」の方です
☆Rinさんと「銀河の音」が同じ会員の方です
☆Rinさんと「太陽の紋章」が同じ会員の方です

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
WEDTHUFRISATSUNMONTUE

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 22  水晶の月(26)00:00:43 (2007年6月24日)
タイトル 屋上緑化
内容 夜のニュースで屋上緑化の話をしていた。

今までは、重さがネックになっていて、芝生などが主だったらしいが
軽量化された土、根が伸びる部分をのこして、土の量を減らすための土台を使って、
屋上で家庭菜園をしたり、花を植えたり、が可能で、
屋上の温度が低く保たれたり、ビルの中も涼しくなったり、と
温暖化対策や電気代を減らすことができるらしい。

しかも、今まで、環境に配慮することは、経済効果と相反することが多かったが、
それが、変わってきている、という話だった。

大阪の円形の体育館の屋根が全部緑の丘だったり、
繁華街のショッピングセンターの屋上が緑でいっぱいだったり、

テレビの画面なのに、気持ちが良かった。

ちょっと、スタジオジブリの三鷹の森ジブリ美術館の屋上の緑を思い出した。
上空に緑があるのは不思議な感じがするけれど。

ニュースの話では、屋上緑化は、大正3年からある、ということだ。


東京にいる時は、緑は大切にするもので、守り育てるものと思っていたが、
引っ越して、考えが、まったく変わった。

地球は生命体そのもの。

家のちかくに玄岳(くろたけ)という山(というか丘と山の中間のような)がある。

このあたりの小学生が、遠足のときに毎年登る。
小学生の親も、子どものとき毎年のぼり、そのまた親も、子どものとき登った山。

引っ越した当初、
一番高い山、と言われたが、??
他の丘と、特に高さに違いがない気がして、よくわからなかった。

でも、今はすぐわかるようになった。

頂上に登ると、駿河湾と相模湾の両方が見える。
富士山と、伊豆の山並み、駿河湾の先の海岸線。
日本列島が続いているのを感じることができる。
水平線が丸くカーブを描いて、地球をかんじることができる。

ずっと太古の昔、伊豆半島は、日本列島にぶつかって、一体になったらしい。

そのときは、どんなだったのだろう。

風が吹いて心地よい場所。

きっとそのときにも、風が吹いていたのだろう。

おなじ場所に、いる。


地球は生命体そのもの。

せつないぐらい、ひしひしとそれを感じる。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase