ログイン
Rin さん
銀河の音(律動)
太陽の紋章(赤い蛇)
KIN 45  
平等 組織する つり合わせる
equality organize balance
生命力 生き残る 本能
life force survives instinct
 
★Rinさんと同じ「ツォルキン」の方です
☆Rinさんと「銀河の音」が同じ会員の方です
☆Rinさんと「太陽の紋章」が同じ会員の方です

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
THUFRISATSUNMONTUEWED

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 122  電気の月(13)00:00:12 (2007年10月2日)
タイトル イランのお友だち
内容 ここ2日、寒くて風邪をひきそうなぐらい。

夜中に地震もあって、飛び起きてしまったけれど、子どもたちはぐっすり眠ったまま。


娘の幼稚園のときのお友だちママに
イランの人がいる。

もう、13年前になるけれど、
国費留学生のご主人と奥さん、それから幼稚園に入る年齢の女の子の3人のイラン人の家族。


そのころ、イラン、と言えば、
ホメイニ師とか、イラン人の不法滞在とか、
そんな話題しかなかった。

娘が幼稚園に入園して、しばらくして、
クラスのみんなに、先生から、
「イランの方が入園してきますから、
仲良くしてあげてくださいね。」
という話があった。

ご主人は、英語がはなせるが、
奥さんはほとんど話せない。
もちろん、子どももしかり。

来日してから、
彼女は週に何回か、公の日本語学校に通い
「おはようございます」
「ありがとうございます」
「これ何?」と言う言葉を覚えて、
わずかの間に意思疎通できるようになった。

お世話をするのが好きなママ達がいたせいもあるけれど、
何より、色んなことを知りたい、という姿勢が、
すんなり、言葉も文化も違う日本に溶け込んだ理由だと思う。


どういうわけか、娘は、その、イランの女の子ととても仲良くなり、
家を行き来するようになった。

それまで、イスラム、と言っていたけれど、
イスラム、と言うと、「モスレム」と言いなおされるのだった。

最近では、テレビでも「ムスリム」という言い方が主流みたいだけど
彼女の発音は『モスレム』というふうに聞こえた。

その、イラン人のご主人は、
もちろん、とても敬虔な方で、毎日コーランを読んで、礼拝をする(と、彼女が言ってた)
それから、テレビはNHKしか見ない。

だけど、その奥さんである、ママ友だちは
「クレヨンしんちゃん大好き!しんちゃんかわいい!」と言う。
(その頃、言葉遣いが悪くなるから、とママたちにはあんまり評判が良くない番組だったけど
)それから、テレビは、ご主人がいないときは、なんでも見ていたらしく、
吸収力が並大抵じゃなかった。

普段の服装は、スカーフと、足首近くまでかくれるコートで、
真夏でも、そんな格好をしていた。

ところが、
真夏のある日、
遊びに行った娘を迎えにいったら、
「いらっしゃい」と、ドアを開けた彼女は、
タンクトップに半ズボン姿で、
思わず、
「大丈夫なの?」と息を潜めて聞いてしまった。
彼女はにこやかに
「大丈夫、大丈夫。暑いからね。うちの中では、大体こんな感じだから」
という。

その後、郵便屋さんが来たときには、
大慌てで、スカーフとコートを身につけて、
そ知らぬ顔で、応対していて、可笑しかった。


彼女と友だちにならなかったら、イスラム(モスレム)社会に
なにがしかの、知らないことによる偏見があっただろう、と思うけど、

今は、文化や習慣が違っても、人は人、と思うようになった。

(ちなみに、イランの暦は、グレゴリオ暦とは違う。)



そんな、お友だちの国が、アメリカに攻撃されるかもしれない・・・という。

海上で、日本の税金で賄われる、自衛隊が給油した、アメリカの船から飛び立った飛行機が、
爆弾を落とすかもしれない。


そんなことは望んでいない。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase