Rin さん
銀河の音(リズム)
太陽の紋章(赤い蛇)
KIN 45  
平等 有機的にする つり合わせる
equality organize balance
生命力 生き残る 本能
life force survives instinct
 
★Rinさんと同じ「ツォルキン」の方です
☆Rinさんと「銀河の音」が同じ会員の方です
☆Rinさんと「太陽の紋章」が同じ会員の方です

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
THUFRISATSUNMONTUEWED

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 192  倍音の月(27)23:58:36 (2007年12月11日)
タイトル 諸々
内容 長男が所属しているサークルは、今、里山の研究をしている。

実際の研究対象は、京都の美山町というところ。
美山町には、茅葺き民家の集落があって、文化庁の『重要伝統的建造物群保存地区』に選ばれている。

「里山の研究をしているよ」と言われて、しばらくして、
たまたまつけたテレビで茅葺きの民家の集落が写っている、と思ったら、
美山町の特集だった。


テレビの中の観光協会の人の話を聞いていると、
すぐに、そこに行ってみたくなる感じ。

見ながら「美山町」って里山のこと以前に聞いたことがあるなぁ、と思ったが、思い出せない。
何日か、時々なんだったかな〜?と考えていたら、
急に思い出した。
和良久の木剣を作っている山匠さんという家具屋さんが
美山町にあったのだった。

「緑豊かな、いいところですよ」という話は聞いたけれど、
それだけだったので、すっかり忘れていた。

そうだったのか〜

そのときはそれでおしまい。

その後、長男に
里山の研究の中身を教えてもらった。

里山の定義、というのがあるのだけれど、それはさておき、

茅葺きの民家には、普通の人たちが普通に生活している。
ところが、
観光地として、茅葺きの民家を見に来る観光客にとっては、
茅葺きのお家だけでなく、住んでいる人も、その生活環境も見る対象になってしまい、
ごく普通に暮らしている人のおうち(茅葺きだが)を覗くのが当たり前で、
人のうちの庭にも平気で入ってくるし、家の中も興味深く見たがる。


毎日毎日、日替わりに知らない人が、じろじろと、自分の生活を覗きに来るのが平気な人ってあんまりいないと思う。
だから、美山町の茅葺きの民家に住んでいる人たちも、
中を覗かれないように、窓を閉め切ってしまったり、
洗濯物をうちの中で干したり・・・と
普通の生活が出来なくなってしまっている状態になっていて、

観光客のマナーに問題があるんじゃないの?

という問題提起になったらしい。

ところが、
実際に現地にリサーチに行ったら、
本当に問題なのはそこじゃなくて、
人がいなくなる・・・
『限界集落』という状態が一番の根本にあるということだった。

それが、『限界集落』という言葉を聞いた、初めて。



その後に、先週のサンデープロジェクト。

このときも、たまたまテレビをつけたら、突然「限界集落」

これは、本当に衝撃だった。

高知県の村。
わずかな人数のお年寄り。
水を引いているところのおおもとの確認に、
急な山を登る。
そこを登れるのは、一人だけだそうで、
秘境ツアーの山登りみたく、ほとんど歩くスペースがない崖みたいなところを登っていく。

水場に落ち葉とか、枝が詰まってしまったら、水が流れなくなるんだろう。

人がいなくなって、集落として成り立たなくなる。

その原因が、
衝撃的。

昔、田んぼだった場所。
一箇所だけを残して、全て杉を植林。
戦後すぐの国の政策で、日本中の田んぼをつぶして杉を植えた。
随分な補助金も出たらしく、どの村も、そんな風にして
杉を植えたという。

杉を植えても、すぐ大きくなってお金になるわけではないので、
食べていけない。
だから、若い人は村から出て行かざるをえない。
しかも、安い外材が入ってきて、すぐ立ち行かなくなる。
常緑樹の杉は、葉が落ちることもなく、地面に陽が差さず、
下草も生えなくて、保水力がなく、大雨が降ると、土がそのまま流される。
土が流れると、当然その上の杉の木を一緒に崩れていくわけで、
土砂崩れがおきることになる。

植えた杉は、そんなに高く売れることもなく、
切り出すほうが、赤字になってしまい、
しかも、急斜面に植えられた杉林は、手入れをすることさえ難しい。


林野庁が、もう少し早く手を打っていれば・・・
という、何人もの人の話が続く。

その時には、良かれと思ってしたことが、
深く考えたり、多面的に考えたり、何十年先のことを考えることをせず、
自然の循環、自然の流れから離れたことをはじめてしまって、
もうどうしようもないところまで行きつつあるような状態。

しかも、
田んぼをつぶして、ということは、
食料自給率の低下に直結することになる。
今、日本の食料自給率は、40%を切ったらしい。



そうして、

カメラが
十和村(とうわそん)というところに移行する。
(合併して、四万十町という名前になった村)
さっきの村と、同じような地形。
高知市より、こちらのほうが、遠いらしい。(つまり不便ということかな?)
画面の中の人が口を開く。
「うちの町には、限界集落はひとつもありません」

十和村は、他の村と違って、戦後、田んぼをつぶして杉を植えなかった。
岡峯さんという人が、
ずっとずっと村のことを考えて、
しいたけ、お茶、栗の三つを村の特産品として、育てた。
何かひとつ、ではなくて、複合的な産業を考えた。
安い中国産の椎茸が入ってきたときには、お茶と栗が
支えた。

今、村を出た若い世代の人たちが、Uターンして帰ってきて仕事をしているという。

だから、子どもたちもたくさん。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase