ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
MONTUEWEDTHUFRISATSUN

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 92  太陽の月(20)04:35:23 (2011年3月26日)
タイトル 今から、共振の(Synchronized)通夜/儀式
内容 皆さんへ

1995年、ホゼと、初めて会ったときのことを。

アトランタ直前の有森裕子へのインタビューで、アメリカに行った時に、
奇跡的なシンクロの積み重ねで、
ホゼのフォーコーナーズでの、国境溶解の儀式に立ち会ったときのこと。

1997年、奇跡のシンクロで、突然のように自由が丘の我が家にやってきて、
13の月の暦を普及するには、どうすればいいか? と相談され、
ダイアリーの提案をしたときに、全部、お前に任せるといわれたときのこと。

時間をはずした日の祭りのヴィジョンを伝えたところ、すぐ、アメリカに来てくれ、
と言われ、しばらくして、山の中に住んでいるホゼとロイディーンの妖精のすむような
山小屋のような家に、滞在したときのこと。一緒に、山に登りながら、息子の顕が、
リンポシェに深い縁があることを感じるとホゼが、真剣に語ったときの顔。

コスタリカの国連大学で、平和と時間の世界会議に招待され、
最後の日に、庭で太陽の紋章のフォークダンスを踊りながら、一緒に観た、ダブルレインボウ。

初めて、銀座で、1000人満員の会場で、一緒に講演したときのこと。

時間をはずした日に、大阪の天神祭りの中心。神をおろす儀式に立会い、
世界に、平和の祈りのエネルギーを発信したときのこと。

何度も、一緒に講演したときのこと。
ヤクルトホールで、河合隼雄さんと3人で鼎談したとき、そのパーティーでのこと。
パレンケに行く意味について語ったときの、こと。

パレンケでの再会と数々の奇跡。

ヌースフィアについて、説明しに日本に来るように進言しにニュージーランドに
行ったときのこと。虹。

そして、0.0.フナブクの日の儀式。函南スプリングスでの研修。
杉並公会堂での講演、ヒルトンホテルでのパーティー。
リーダー会議。

バイロンベイでの宇宙との交流。



ホゼに、チャネルをあわすことと、

宇宙にチャネルをあわすことと、

高次元の時間にチャネルをあわすことが、

つながりながら、「マヤン・ファクター新版」を訳したときのこと。

ホゼの伝記を、監修したときのこと。



宇宙意識と呼ぶところで、意識の層がつながる、

そういう体験を。







パレンケの旅の映像を持っている方は、ぜひ、
ご覧になってください。


講師の方は、繰り返し見たはずの7日間セミナーの映像を。


お持ちでない方は、
インターネット版コズミック・ダイアリーに
公開しているホゼの映像です。
翻訳が、横に出ています。
http://cosmic-diary-internet.com/static/youtube001.html
http://cosmic-diary-internet.com/static/youtube002.html
あるいは、 「13の月の暦は、占いではない」
  Youtube で、映像でご覧になれます。 7つあります。
 http://www.youtube.com/view_play_list?p=D7EA173559571F12

そして、ナチュラル・マインド・メディテーション で「無」になり、
共振の(Synchronized)通夜/儀式をお願いしたいと思います。
彼が魂の旅を続けられるように、そしてまた虹の橋と光の帰還(Return of Light)を思い描きながら、
みなさまの祈り、光、祝福を彼にお送りください。
ヴァルム・ヴォタンによる精神起源(ヌージェネシス)の瞑想・誓い
(これは、私たちが一つであることを思い出させ、分かち合っている星の使命を再活性化させる強力な誓いです。ヴォタンのために行う通夜や儀式の間、声に出して読むといいでしょう。)


この誓いをなす者は、名もない者たち
はるか彼方の、別の世界システムからここに送られた。
私たちが、はるか昔に、一つになろうと誓った
その約束を果たす時がやってきた。
神聖な任務を演ずる私たちは、
一つの息、一つの命、一つの神聖な絆になる。
この地球を、星星の間で、それ自身の思い出へと高揚させるために。

精神起源(ヌージェネシス)

これが私たちの課題の名前
名もなき者によってのみ
この課題は達成される
一つの息、一つの命、一つの神聖な絆

精神起源(ヌージェネシス)

果たすべき誓い
私たちは瞑想して誓った
すべての存在が自由になり
新しい世界が生まれ
虹が意識の光となって
神(無限の存在)へと導いてくれる、と。



Universal love and in lak'ech!
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase