ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
MONTUEWEDTHUFRISATSUN

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 92  太陽の月(20)12:28:24 (2011年3月26日)
タイトル 富士山
内容 朝食前に、娘のマヤが、散歩に誘うので出かけました。



青い空が広がり、燦燦と太陽がまぶしく輝き、

梅公園では、高原の梅がまだ、満開に近いぐらい咲き誇り、

桜のつぼみが開くのを牽制しているような風情です。



冠雪した富士山を眺めていると、

ホゼとマウントシャスタで、

「富士山とシャスタさんをつなぐ瞑想」をしたのを

思い出します。



この別荘地からの富士山を2008年にホゼも観ました。

1995年にも、97年にも、98年にも、一緒に富士山を観ました。

ホゼは、富士山の写真をベッドの近くに置いていました。











コズミック・ダイアリー・セミナーを104回(52×2)で、終了し、

「無」から、もう一度、すべてやり直すということを決め、

2月12日で、その104回目のセミナーを終了していました。



マヤの叡智を伝えるべき時なのは、言うまでもありません。

4月から、新たに、希望する人がいたら・・・・

という形で、講座「マヤの叡智」を新しく始めます。



太陽の月には、ホゼと、何度も、日本で一緒に講演したし、

初めて、ホゼの家を訪れたのも、太陽の月でした。

そのつど、何かが、始まってきました。







Dear Yanase-san, Akemi and family.



How are you? Our hearts are with you during this time of catastrophe in Japan.

We hope you and your family are doing OK. We saw that the earthquake shifted the Earths axis.



On the Dreamspell the tsunami occurred in the Worldbridger Wavespell (Japan in Planet Holon). It happened on Kin

77: Crystal Earth during the 3rd antipode watch (afternoon) which was Kin 207 (12/21/2012).



We send you all of our prayers and vibrations of galactic love.



We hope to hear from you,

Love, Jose/Valum Votan and Stephanie/Red Queen





これが、多分、口述でホゼがステファニーに書かせた最後のメッセージです。

そして、ホゼが読んだ、あるいは、ステファニーの口述で聞いた最後の柳瀬のメールは、

3月15日から、送り始めた、祈り と地震直前の熱海での祈りの ことを書いたメールの一部です。











今、ここから、

新しい再生が、日本に、そして、世界のすべての人に

必要なのだと思います。





そのためには、三次元的な復興ばかりに気をとられてはいけない。

富士山の現実的なクリーン・キャンペーンと「FEEL THE FUJI 富士を感じる心を取り戻す」、

という二つの柱が、必要であると伝えたのと同じことです。



被災者でないなら、

あくまで、高次元の時間、精神の世界から、高次元のシフトから、

始めて行くべきであるのは、もはや、皆さんにとって、常識であると思います。









祈り に、込めた思いを、「初詣の 願いを 祈りに」に込めた真実に、

触れていただければと思います。



4月18日の満月の日は、KIN115 青いスペクトルの鷲 の日です。

コズミック・ダイアリーのツオルキン表を見てください。

10日間続くGAP、銀河の活性化の正門(入り口)の10日目です。

銀河につながりやすい10日間の体験を、

今まで以上に、強く意識して、そして、



4月18日、惑星の月に入って、惑星の月の15日。

表明=顕われ、という宇宙の法則を

惑星で、2週間明確に行った上で、



ぜひ、パーシモンホールに、お越しください。

銀河とつながる瞬間が、約束されるでしょう。



KIN115 青いスペクトルの鷲 



完全に解き放たれた感覚で、

心に、ヴィジョンを作り出す、クリエイトすることができる

そういう高次元のエネルギーが、完全に満ちるような空間を、

皆さんの力で、生み出すことができる日です。





震災チャリティ講演会 「祈りから 進化へ」

日時 4月18日(月) 18時30分開場 19時開演 21時20分終演

場所  パーシモンホール  小ホール  定員 200名





Universal love and in lak'ech!





柳瀬 宏秀



【KIN12 黄色い水晶の人】 

                 協力 捧げる 普遍化する   

                 自由意志 感化する 智恵
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase