ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
MONTUEWEDTHUFRISATSUN

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 119  惑星の月(19)12:27:22 (2011年4月22日)
タイトル 祈りのくにづくり  協力者 募集
内容 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
12月28日に、講演会
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

後半の「祈り」について、
「初詣の 願いを 祈りに」をぜひ、お読みください。

また、呼びかけ人になっていただければ、幸いです。
http://www.async.ne.jp/cosmic/inori/index.html

そして、昨年に引き続き、
12月28日に、講演会をします。
場所 パーシモンホール 大ホール 1200名 
講演者 書家の小林芙蓉さん 和良久の前田比良聖さん 東京大学教授の中澤英雄さん 映画監督の白鳥哲さん 柳瀬宏秀 という3月6日に集ったメンバーが集い、講演します。

さらに、講演者、アーチストを募るかもしれません。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
祈り の くにづくり
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

チャリティ講演会の翌日は、白金の都ホテルにいました。


「祈りのくにづくり」 

を本気で、世界に呼びかける。
 
それをメッセージとして、受け取りました。

都ホテルは、学生時代に、当時ヨーロッパのホテルのように、デスクが
ロビーなどにおいてあり、よく勉強しに訪れました。
また、父がホテルの顧問をしていたのと、柳瀬が働いていた局のクライアントでもあり、結婚式と披露宴を行ったホテルです。
この翌日の4月20日が柳瀬の銀婚式でした。
 



「震災チャリティコンサート&講演会 祈りの音」
6月20日


「震災チャリティコンサート&講演会 祈りの音」の打ち合わせを、
思いついたように、歌手のakiさんと行い、
6月20日に行うことにしました。


たまたま、庭を散歩し、初めてチャペルに行き、
そこで、ヴォイストレーニングがてら、声を出しました。

akiさんの新しい、「天地(アワ)のうた」 も チャペルで聞きました。

akiさんのところでピアノを4歳のときから習っている少女がいます。
スティービー・ワンダーや、辻井伸行君のように、聴覚がすべての感覚のように幸せに育っている小学1年生のちーちゃんという少女。

そのお母さんのちーちゃんに対する、祈りの心も、
小さな 祈りのくにづくり だと観じます。

「震災チャリティコンサート&講演会 祈りの音」では、
彼女の演奏も、聞き、身近な家族、生活からも、
祈りの くにづくり を呼びかけていきたいたいと思います。

ぜひ、6月20日、スケジュールに入れておいてください。



今回、ボランティアに参加いただいた大原寿美佳さんから、
5月7日8日の 国際和合医療コンベンションで、
短い時間ですが、話しませんか?という申し出を受けました。

場所は、明治神宮の神宮会館です。
国際和合医療コンベンションは、急遽、海外招聘を順延し、
チャリティイベントに切り替え、参加費を無料に、ということになったようです。
5月8日の16時半から17時の間、
15分ほど、話させていただくことにしました。
テーマは、「マヤの叡智と 医療」です。

「コズミック・ダイアリー2011」を今回と同じように、配布したいと思います。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
祈りのくにづくり  第2弾として
「祈り と 医学」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

7月3日に、富山で、富山大学の中にあるホールで、
アユ−ル・ヴェーダで有名な、古くからの友人である上馬場先生と
祈りのくにづくり  第2弾として
「祈り と 医学」をテーマに、
講演会を行う予定です。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
7月25日  時間をはずした日の祭り
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

時間をはずした日の祭り  は、1999年に思いつき、
ホゼ・アグエイアス博士 に伝えると、
彼から、世界に呼びかけるので、すぐに、アメリカに来てくれ。と呼ばれ、
その後
コスタリカの国連大学で行われた「時間と平和の世界会議」に招待され、
採択され、ホゼと一緒に世界に呼びかけた祭りです。
http://www.async.ne.jp/cosmic/j/top-the-day-out-of-time.html

(アメリカ、イタリア、フランス、スペインなどの検索サイトで、HIROHIDE YANASE を検索していただくと、1999年の記述が、あるいは2000年にホゼが国連に提言した文章を、まだ読むことができると思います。)

その目的は、

人の心の中にある「祭り」の魂に呼び掛け合うもの。
人から人へ、自然に広がり、魂が結びつく。そんな結びつきが、地球上に広がること。
それを、一人一人が具体的にビジョンとしてもてること。
それが、「時間をはずした日」の祭りの目的です。

その時、人々が、芸術の意味をもう一度感じ始め、
精神と現象の循環を求め始める事にならないでしょうか?
芸術のもつ意味を、人々が、再び感じ始める。
65億人の地球のすべての人々に影響を与えること。

もし、この「祭り」から、地球のための「祈り」が生まれたなら。
新しい地球のための「祈り」のセレモニーに、「祭り」が再び生まれかわったなら。地球規模の環境汚染が加速度的に進んでいるこの時代に、
この「祭り」に、この「祭り」を生み出す人々の意識の変化に、大きな意味を感じます。

7月25日に地球(ガイア)を、人間の意識で活性化を! 

一人一人の意識が、イマジネーションを働かせることによって、
地球上の様々な場所で行われている「祭り」を知ることによって、
世界中の祭りを感じることいができないだろうか?
そして、世界中の祭りに、思いを送ることができないだろうか?

もし、祭りの瞬間、精神界と現象界との循環という「祭り」そのものを、
お互いに感じることができたなら、人々が離れていても祭りによって
「つながる」ことができるかもしれない。

そして、人間の意識が、ガイア(地球生命)を光のように包み、
地球を活性化することができるかもしれない。

この「時間をはずした日の祭り」の目的は、祭りを通して、
すべてがつながっているという"感覚"と、
祭りの魂を取り戻すための試みです。
自然のリズムのダイナミズムのなかで、精神と現象を循環させ、
意識変革を恒常的にもたらす「祭り」が、
ガイアとしての地球、ひとつの生命体として地球をいきづかせることを感じます。
それを、ご一緒に感じられることを希望します。


日本からは、その後、「水からの伝言」の江本勝さんも、「水への感謝の祭り」という形で、7月25日の祭りを広げてくれました。


これから、
日本中のアーチストに、そして、世界のコズミック・ダイアリー、13の月の暦の賛同者に、「祈りの くにづくり」をテーマに、
惑星の月のうちに、呼びかけます。




また、「祈りの くにづくり」の魂におけるビジョンを柳瀬は語れても、
三次元のあらゆる分野への適応、応用については、
誰に依頼すればいいのか、と考えていたところ、

東日本大震災からの復興ビジョンを描くため、菅直人首相が発足させた復興構想会議(議長・五百旗頭真〈いおきべ・まこと〉防衛大学校長)が14日、初会合を開いた。 首相は首相官邸で開かれた会議冒頭で「ただ元に戻すという復旧ではなく、改めてつくり出すという、創造的な復興をお示しいただきたい」と要請した。 

 続いて、特別顧問となった哲学者の梅原猛氏があいさつ。「天災」や「人災」という言葉に触れたうえで、今回の震災について「私は『文明災』だと思う。原発が人間の生活を豊かにし、便利にする。その文明がいま裁かれている」と指摘した。
 
国の、行政に正式に、創造的な復興を提案する正式の会議が募られ、その特別顧問が、「文明災」という観点を持っている、ということがわかりました。

ともかく、この19人の委員の方に、「祈り の くにづくり」の意味を伝える手紙を書き、「初詣の 願いを 祈りに」を贈ります。
知り合いの政治家全員にも、伝えたいと思います。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

祈りのくにづくり


協力してくれる人を募ります。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

mail cosmic-human12@syd.odn.ne.jp
電話 055−974−3901 
FAX055−974−3877

     
              柳瀬 宏秀
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase