ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
MONTUEWEDTHUFRISATSUN

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 132  スペクトルの月(4)08:45:04 (2011年5月5日)
タイトル 日出づる場所 マヤのアポカリプス(黙示録)
内容 「コズミック・ダイアリー2012」を書き始めるにあたって、

ホゼの1997年の来日前の文章を、最初の「コズミック・ダイアリー1999」
の、日出づる場所 マヤのアポカリプス(黙示録)という文章を
読み直しました。

http://bit.ly/jjkbFY



本文前の冒頭の文章になります。


日出づる場所
      マヤのアポカプリス(黙示録)
マヤは、惑星地球にとっての正しい時間を知っていたし、いまでも知っている。

日本に行くにあたって、私たちはさらに深い天啓に従っています。
ケツァルコアトルは、地上での任務を成し遂げたあと、
夜明けの(日出づる)場所から立ち去り、東の太陽の方向へ船出しました。・・・・
日本は日出づる国であり、夜明けの人々の起源の場所、
52年前(*1997年の時点から)に広島と長崎に原爆が投下された、
アポカリプス(黙示録)的な場所です。
−−−−人類の銀河文化の再生は、
日本でその最初の根を張ることが運命づけられているのです。
私たちは、新しい時間におけるアポカリプス的なあがない、
その預言的なヴィジョンを提供するために日本に行きます。
          惑星の月の3日(1997年4月6日) ホゼ&ロイディーン


正月に、聖なる空間である神社に、初詣する人々のもつ潜在的な力というものを感じませんか?
 一つの神社(異次元への通路)に、1日に何十万人もの人々が集まり願いごとをする。
この「願いごと」が自分のための願いごとから、もし、地球のための、宇宙のための「祈り」にそのクオリティーが変わった時、その「祈り」がすごいエネルギーをもつことを想像することができないでしょうか?
 そして、さらに、地球上の様々な場所で、同じ瞬間に、宇宙と生体のリズムに合った「祈り」が行われたなら、その「祈り」は同調して、宇宙にまで影響を及ぼすことを感じることができないでしょうか?
そのために、日本人の多くの人が、人工的な「お金」という価値観、すべてが、「売り上げ」と「視聴率」の前でひざまづく価値観の支配から解き放たれ、宇宙のリズム、生体のリズムを取り戻すことが前提として必要なのだと思います。
 心の底から、そうしたパラダイムシフトが日本人の多くの人々の心の中に生じることを祈り、この Cosmic Daiary をその祈りに捧げたいと思います。
                           1998年7月刊行「コズミック・ダイアリー1999」より

1997年「日出づる場所」の文章を書いたあと、ホゼ・アグエイアス博士は来日しました。
来日した翌日、シンクロに導かれるように、当時、自由が丘に住んでいた柳瀬の家にホゼとロイディーンはやって来て、ホゼは「13の月の暦を広げるにはどうすればいいか? 」 と柳瀬にアドヴァイスを求めました。
「普通に日記として使い、自然に28日周期を身につけるダイアリー」のアイデアが、その日に生まれました。




「マヤの叡智」と「文明災」

「コズミック・ダイアリー2012」は、
最初の「1999」、「2000」、「2001」から、
転載するページが多くなりそうです。

マヤの預言と、マヤの叡智が、
2012年に向けて、伝えてきた意味を、もっと、直裁に伝えることができるかもしれません。

今日、「子どもの日」は、
今の子どもたちと、
未来の子どもたちのために、
伝えるべきことを、

書くことにあてます。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase