ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
MONTUEWEDTHUFRISATSUN

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 137  スペクトルの月(9)00:30:30 (2011年5月10日)
タイトル イニシエーション4. ツオルキンのキーワードの使い方
内容 「銀河の音」を 多次元的に「観じ」ます。

ウェイブスペル
13日周期であり、
13の月の周期であり、
13年の周期であり、
130年の周期であり、
13バクトゥン(5125年)の周期であり、
1万3000年の周期であり、5万2000年の周期であり、
10万4000年の周期であり、宇宙創造の構造・・・・というように
13の「銀河の音」を多次元的に感じられるようになると、
13の「銀河の音」から、宇宙の構造を「観じ」始めます。


「銀河の音」とキーワードは、近視眼的に、自分だけのエゴの視点で見たり、
現象を二次元的に、占いに使って、人やその日の意味を決めつけるのが目的ではなく、
毎日、銀河の音とキーワードを、多次元的にチェックします。

たとえば、「磁気の 目的 ひとつにする 引きつける」なら、
磁気の日、今日の「目的」は?「ひとつにする」もの?「引きつける」人は?
13日の「目的」は?「ひとつにする」出来事、「引きつける」現象は?
13ヶ月、今年の「目的」は? 「ひとつにする」エネルギーや「引きつける」ものは?
13年の「目的」は? 13年間を「ひとつにする」仕事は?「引きつける」力は? 人は?
130年、(あるいは52年)、あなたの人生の「目的」は?  人生を「ひとつに」したもの?
あなたの今回の人生を「引きつけ」た力や出来事は?
13バクトゥン(5125年)、今回の歴史の「目的」は? 「ひとつにする」エネルギーは?
  今回の歴史が、「引きつけ」られたものは?
・・・・・
一日の周期から、・・・・・10万4000年の周期まで、さらに、
宇宙創造の時に、意識を合わせます。
そのときの「磁気」とは? 宇宙の「目的」とは? 宇宙創成のときの「ひとつにする」 「引きつける」というエネルギー、動き、現象は?

自分の目的、今日の目的は考えたことがあるでしょうが、宇宙の目的を、日常的に、
あまり、考えないかもしれません。
毎日、銀河の音とキーワードをもとに、自然に、多次元に意識を合わせることによって、
エゴの視点から、多次元的な視野をもつ人間に進化していきます。

そして、磁気から宇宙までの13の「銀河の音」を毎日辿っていきます。
多次元的に、「磁気の 目的 ひとつにする 引きつける」というエネルギーに、
意識を合わせて感じてみます。
多次元的に、磁気という銀河の音を感じていくと、宇宙まで行っても実は三次元なのですが、次第に「磁気の」本質を感じ始めます。つまり、三次元を超えた、高次元の
「磁気の 目的 ひとつにする 引きつける」という銀河の音の本質を観じることができるようになります。そうして、自然に、高次元の観点からものを「観る」ことができる、
高次元の本質からすべてを「観る」ことができる、そんな新しい人間に進化していきます。

それが、コンピューターにキーワードを打ち込むと、画面が出てくるように、
銀河の音を毎日辿ることによって、具体的に、毎日、高次元にチャネルを合わせていることになる、という意味です。

13の「銀河の音の本質」、高次元の意味、「マヤの叡智」にアクセスすると、
占い的な解釈は、「海底で盲目のいかが、体をすり合わせて」いる状態のように感じます。

「私たちはイカなどの半盲目的な生き物たちと同じように、小さな範囲に群がっています。ただ、薄暗くて、自分たちが、広大で多次元の電磁気の海の広大な底を泳ぎ、多次元を横切って動き回る存在だということにはほとんど気づいていません。はるか天空の流れの中で泳ぎ、観測している存在から見れば、なんと滑稽に映ることでしょう」(『マヤン・ファクター新版』より)
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Comment(コメント)
柳瀬 宏秀
KIN 137  赤い共振の地球 スペクトルの月(9)00:40:43 (2011年5月10日)
講座「マヤの叡智」で伝えている、4番目のイニシエーションです。

それを、文章で一部、開示しました。

「コズミック・ダイアリー2012」にも、
載せます。


この文章を読んで、
改めて、

ホゼ・アグエイアス博士からのメッセージ
「13の月の暦は、占いではない」

http://bit.ly/iyAqwa


を観ていただくと、その意味が、
よくわかると思います。
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase