ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
TUEWEDTHUFRISATSUNMON

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 259  月の月(18)06:17:58 (2011年9月9日)
タイトル 日野原重明さん 100歳からのスタート
内容 10月4日に、100歳を迎えられる日野原重明さん

日本の臨床医学のレベルが、低い。
ノーベル賞をとった日本人の医者は、いない。
日本の医学教育の低さを語り始めた。

医学部の学生の出欠についての比較。

39歳のときに、1年間アメリカに留学。毎日背が伸びているように充実していた。
病院が大学。



一番、柳瀬の胸に響き、
しっかりと自分を「無」にし、パラダイムを変えないと、と思わされたのは、

100歳がスタート。



日本の医療教育のやり方を変えないといけない。
大学院大学をつくりたい。リベラルアーツを、4年。大学院大学、4年。アメリカ、カナダ。
日本は、今までの制度でいいという大学教授が大半ななか、アートを理解して、人間性を獲得する。
リベラルアーツの大学。人間になるためのアーツを身につけた人が、医学を勉強する。

そのために110歳まで、健康に生きる。
10年先を考えて、年に60回講演をしている。
子どもたちに「命の授業」を、4年間に170回。
昨夜、2時半に寝た。今も、2時間立って話をしている。
メッセージを送るというミッションがあるから疲れない。

聖路加病院の院長もしている。



コメントする必要もないでしょう。

100歳がスタート。


この文章を読んでいる人で、100歳からスタートと考えている人はいるでしょうか?

柳瀬も、11月12日の神社本庁総長の宮司との講演や9月11日の3000人の会場での講演のことを考えているときに、これから、あと何回講演するのかな? と、ふと頭をよぎりました。というようなことをひとつの感慨深い感覚のように、ブログに書きました。
いつも、講座で7時間、懇親会も含めて9時間、10時間話し続けても疲れない、少年のようなdreamerのつもりなのに、自分で少し違和感をもって書いていましたが、
100歳前の日野原さんの半分ほどしか生きていないのに、なんと老成したかのようなちっぽけな、独りよがりのコメントなのか? と明確に目が覚めました。




もうひとつ、柳瀬が知らなかったこと。
80歳のときに、聖路加病院の院長になった。
ボランティアの院長。

プラトンが、一番大切なのはシステムをつくること。

サリンの時にも、650人? 聖路加病院が引き受けたのは、チャペルにも、ロビーにも、酸素供給口をつくり、被災者を受け入れられるようにつくったから。
すぐに、サリン被害の少なさに、イスラエルが、韓国が、アメリカが、取材に来た。

http://ja.wikipedia.org/wiki/聖路加国際病院

また、大規模災害時など大量の被災者発生の際には病院機能を臨時拡張して医療処置を遂行できるよう設計されていることで有名である。具体的には、施設内のあらゆる壁面に酸素供給口が設けられており、大規模災害時などにチャペル(礼拝堂)・ロビー・ホール・廊下などの病院内の全ての空間が「野戦病院化」して当該時に激増する患者・被災者に対して院内のどこでも救急救命医療処置を施すことが可能になっている事などである。これは当時の常務理事である日野原重明が、スウェーデンの病院に同様の設計があることから提言したと述べている[8]。日野原がこの設計を取り入れたのは、東京大空襲の経験による[9]。
この「全館野戦病院化が可能である」という日本においては珍しい[10]機能は、建設当時は無駄との声もあったが、完成から3年後(1995年)の地下鉄サリン事件において劇的な形で遺憾なく発揮されることになった。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~t-senoo/Ningen/tikatetu_sarin/tikatetu_sarin.htm
日野原は新病院の設計に工夫を凝らし、酸素の配管を病院中の壁にめぐらし、礼拝堂も緊急時には広い病室になると設置、また24時間対応できる救命センターを設けた。



そして、講座「マヤの叡智」に出た人はすぐに共感できる次のコメント。

サリンに対応できたのは、
朝7時半から病院にいる院長が、
その場で決断出来たからだ。




以下は、柳瀬にはわかりやすいテーマだったので、
テーマだけを。

サイエンスとアートによる癒し
科学を、
どう病む人にadopt させるか、

完全な健康はない。
どう良く生きるか、
どう良く病むか、
どう良く老いるか、
どう良く死ぬか、


自分のために使った時間と、
人のために使った時間を秤にかける、、、、
閻魔さん。


ウイリアム・オスラー
病棟で、医学をナースと一緒に対応を考える。
「医学はサイエンスを基礎としたアートである」

医学の時代とともに変遷
癒しと治療
生存の質と延命


音楽療法 ーーーーーーーーーー テクノロジー
パフォーマンス

パフォーマンスは、臨床医学の患者に対する触れ方

能動的音楽療法
受動的音楽療法 同調の質

臨死音楽療法
…別れの儀式 Farewell ritual
唇の湿りのタッチと握手
わかれの声かけ
また会う日まで

音楽と詩
おんがくに言葉を載せる
詩を音楽の翼に載せる
音楽と詩のDuoの創り出す世界へと人の心を導く



最後に、
よど号事件、
解放されたときに、大地に返ったなあ。
と思った。
与えられた人生が、始まる。と


運命は自在にできる。
与えられたものではなく、自分の運命をデザインする。


病気から、ピアノ。
よど号ハイジャックから、人のための人生。



サイエンスとアートが一体になっている。
タゴールの研究。
来週、インド大使館で講演。とのこと。
(柳瀬も、子供のころから好きだったタゴール。)
タゴール、宇宙には大きな力がある。
大きな力のもとに生かされているのを芸術として体現する。


柳瀬は、残念ながら愛知県岡崎で講演。




新老人の会 90歳の時にスタート。

人間を改造。これから、新しい事をやってやろうという意欲のある人。75歳以上シニア。ジュニア、60以上。



久しぶりに、心から、共振できる生き方に出会った気がしました。

2012年以降、人が進化する。

その進化した姿の、一つかもしれません。



        Universal love and in lak'ech!


柳瀬 宏秀
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase