ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
TUEWEDTHUFRISATSUNMON

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 6  月の月(25)13:00:49 (2011年9月16日)
タイトル 「WorldShift 2012」のあとがきの、ホゼ・アグエ
内容 今、Facebook に、2012年について、

9月11日の船井幸雄さんのコメント。
さらに、「マヤの叡智の常識」から、引用して、ノートに2回書き込みました。

よかったら、読んでください。 

◇ Facebook 始めました http://www.facebook.com/hirohide.yanase





それとは、別に、
アーヴィン・ラズロー博士著で、ブダペストクラブが主催の
「WorldShift 2012」のあとがきの、ホゼ・アグエイアス博士の文章をご紹介しておきます。

日本語版では、「ワールドシフト」になります。
つまり、」2012年を取り、ホゼのあとがきもはずされました。
どうしてか?わかりますか?

2012年についての、ホゼのメッセージを知らず、
精神世界のアセンションブームと一緒にされたくない。
現実的に変えるのが、ワールドシフト だからだと日本の関係者が考え、
そのために、はずしたのです。

どこに、間違いがあるか、わかりますか?




「José Argüelles endorses WorldShift 2012」
http://www.youtube.com/watch?v=QIB3rzVtV78

みなさん、こんにちわ、ホゼ・アグエイアスです。
今日こうしてみなさんにお話しできる機会をいただけて、大変光栄に、そしてうれしく思います。

まず、アーヴィン・ラズロー博士とブダペストクラブが、今回WorldShift 2012を代表して惑星緊急宣言を出されたことに対して、その勇気と責任感に敬意と感謝を表したいと思います。このことは、この惑星において、そして現代史において、前例のないことです。今私たちに求められているのは、いまだかつてない英雄的な行為です。しかも、それを2012年の12月21日までの約2年半という大変短い期間で成し遂げなくてはなりません。

私たちが成し遂げなければならないこととは、集合的に一つになった意識を創り出すことです。それぞれの信条、宗教、文化的な違いを超えて、惑星意識への進化に向けて、この惑星に生きるものとして一つになるということです。ラズロー博士とブダペストクラブが、宣言において、そして、世界シフト2012において、緊急に明らかにされたことは、現代社会の根本的な問題は、意識の問題であるということです。人類の意識は、大変まとまりがなく、ばらばらです。

しかし、地球を見るならば、私たちは一つの惑星生命体であるということがわかります。
責任を取り、意識を一つにする時がやってきました。一つになった集合的な意識を通して、それを認識すること。私たちがこの世紀を生き残るとするならば、この意識のみが、政治や国家や会社の利益を超えた、惑星としての利益は何かということを見せてくれ、そして、今よりも深く、そして高い問題の理解をもたらし、純粋な問題の解決をもたらしてくれるのです。よって、最大の敬意と、一地球市民としての責任感、義務感と共に、この緊急惑星宣言を発してくださったラズロー博士とブダペストクラブを支持します。

この瞬間が地球全体の心ある人たち、理解ある人たち、そして、「今こそみんなで一緒に立ち上がるとき」「今こそ決断して、一つの意識を創り出すとき。そして、その一つの意識で、直面している問題を解決すべきとき」と言える人たちすべてに伝えられることを、純粋にそして心から願います。私たちは今進化において、大きなシフトの時に来ています。

惑星意識、ヌースフィアへのシフトであり、一つの通過儀礼の日を通過しているのです。
今こそ一つになって、最小臨界数となり、意識の進化における飛躍的なシフトを起こすときです。
みなさん、今日はこの機会を与えてくださってありがとうございました。このイベントが、地球と人類のスピリチュアルな変容のために、最大の成功を収めますように。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Comment(コメント)
montefibre
KIN 8  黄色い銀河の星 月の月(27)23:02:14 (2011年9月18日)
柳瀬先生
facebook申請させていただきました。
何故 あとがきを外し 2012を外したのか?
本編読まずして 理由はわかりかねるのですが
なんとなくですが ”精神世界のアセンションブームと一緒に
されたくない、現実的に変えるのが ワールドシフト”
という部分と あとがきの内容がそぐわないという判断なんでしょうが、
精神社会での変化が現実社会の現実的に変えるということに
なろうかと思いますので なんでだろう?と思ってしまいます。
できるだけ原作に忠実の方が良いと思うのですが、、すみません。
答えになっていないような気がしますが 何となく書き込みたかったので、、
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase