ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
TUEWEDTHUFRISATSUNMON

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 9  月の月(28)03:11:22 (2011年9月19日)
タイトル 「インラケチ」を、「インラケシュ」に
内容 昨日の講座から、「インラケチ」を、「インラケシュ」に、修正して伝え始めました。







ステファニーへ

コズミック・ダイアリー・セミナーの参加者から質問を受けて、以下のことに気がつきました。

「バイロンベイでの時間をはずした祭り」のビデオで、ホゼはインラケチ(In Lak'ch) をインラケチではなく、インラケシュと発音しています。

日本で、明確にインラケチと発音してきましたので、これについてのコメントをもらえますか?

バイロンベイのビデオの21:35−22:02のところです。http://www.youtube.com/watch?v=obqp5M5C6bE


また、In Lak'ch について、以下の点についてもコメントをもらえますか?
マヤでは一般的な挨拶なのか?
いつ、どこで、どういう状況の下で使われていたのか?
もし、それについて書かれた本とか、参考書があれば、教えてください。
In Lak'ech についての本を書いて、その精神を広めたいと思います。

9・11は3・11から地球が半分回った日付です。
9・11は、地球が太陽の周りの10周を完了する日付けです。
その日、「マヤの叡智の常識」という題名の本を出版します。
12章と13章に、2008年の講演と、2008年のホゼの3日間のヌースフィアの講義を載せました。
また、ステファニーが送ってくれたホゼの最後のメッセージも伝えます。
よろしくお願いします。

Universal Love and In Lak'ech
柳瀬宏秀




柳瀬さんへ
はい、インラケシュと発音します。
「私はもう一人のあなたです」とか「私はあなたで、あなたは私です」という意味です。

はい、マヤの挨拶です。
このように挨拶するとき、マヤの人はたいてい胸の前で手を丸めます。ですので、一つであることを示す、心の挨拶です。

In Lak'ech に対する正しい応え方は、Ala K'in で、これもまた「あなたはもう一人の私です」という意味です。
「あなたの中の神を敬います」という意味のナマステと似ています。
よって、In Lak'ech という時には、私たちはみな一つの存在で、私たちそれぞれの中で、私たちすべてがつながっている場所を尊重します、ということを認識しているのです。

ステファニー/レッド・クイーン


差出人: Noosphere
日時: 2011年9月17日 06:47:22JST
宛先: HIROHIDE YANASE <cosmic-human12@syd.odn.ne.jp>
件名: Re: question about in lak'ech

Hello Yanase,

Yes, it is pronounced In La-kesh
It means "I am another yourself" or "I am you and you are I"

Yes it is a Mayan greeting.When they greet each other like this they
usually cup their hand over their heart. So it is a heart greeting of unity.

The correct response so In Lak'ech is Ala K'in (which also means
you are another me).

It is similar to Namaste which means "I honor the divinity in you."

So when we say in lak'ech we are recognizing that we are all one being
and honoring the place in each other where we are all connected.

I do not know of any book about In Lak'ech

I hope this is helpful... good luck

Love Stephanie/Red Queen
On 28/08/2011, at 1:05 PM, HIROHIDE YANASE wrote:


Dear Stephanie,



The following question came to my attention from one of my cosmic diary

lecture attendee.



In “the day out of time, Byron Bay " video,

Jose is pronouncing In Lak'ech, in-la- kesh NOT in-la- ketch.



Since I've been enunciating as in-la-ketch in Japan,

I would appreciate some comment on this.



The day out of time, Byron Bay



(between) 21:35 - 22:02 



http://www.youtube.com/watch?v=obqp5M5C6bE







Could you also comment on In Lak'ech about the following points.



Is it a form of Mayan general greeting ?



And when, where and under in what situation had it been used ?



Could you recommend a book or other source of reference, if any.



I would like to write a book to spread the spirit of In Lak'ech.







9/11 is the date when the earth will have revolved a half round since 3/11.

9/11 will mark the day the earth completes its 10th period of revolution

around the sun.

That date I will publish the book titled“ the common sense of the Mayan

wisdom ”.



In chapter 12 and chapter 13, I have included the content of speech

and 3-day lecture on Noosphere  by Jose in 2008.



I am also including the Jose's last message which you kindly sent over to me

to share.





My warmest regards,

Universal love and in lak'ech!



HIROHIDE YANASE







柳瀬がコズミック・ダイアリーを出す前から、

「インラケチ」と表記されていました。

ホゼの講演、レクチャーの時も、通訳の方は、「インラケチ」という元の認識が

あったからだと思いますが、すべて、「インラケチ」と訳されていました。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase