ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
TUEWEDTHUFRISATSUNMON

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 11  電気の月(2)10:41:41 (2011年9月21日)
タイトル KIN11 青いスペクトルの猿 ホゼ・アグエイアス博士を偲び
内容
今日は、KIN11 青いスペクトルの猿。

ホゼ・アグエイアス博士の銀河の署名の日、

ツオルキン・バースデーの日です。





             「ホゼ・アグエイアス 2008年 ヌースフィアのレクチャー」から、



 2011年から2012年になっていくその時に、

私たちは本当に、今自分たちのシステムと思っているものは、もう古い捨て去るべきものであり、

そこから変わっていかなければならないということを身に染みて体験するようになります。

そして、銀河のマヤの時間の科学からもたらされた、時間の法則というものがあるわけですが、

この中で、2012年12月21日が生物圏から精神圏へ移行するという

本当の折り返し地点になるだろうと言われています。

そして、2000年から2013年までの、次の13年間において

人類というものが急速にある種の衰退の道をたどっていくということが運命づけられていました。

この、最後の13年間のある種の衰退というものは、実は12:60で現される人工的な時間の周波数の影響の中から、

ゆっくりと私たちが脱出していくために起こってくる現象なのです。

この12:60の周波数から少しずつ離れていくということと同時に、

13:20の永遠の時間の周波数と同調するということが再び行われるということが同時進行で発生するわけです。

      『「マヤの叡智」の常識』の前書きより

  



日出づる場所    「コズミック・ダイアリー1999」より


マヤのアポカプリス(黙示録)
マヤは、惑星地球にとっての正しい時間を知っていたし、いまでも知っている。


日本に行くにあたって、私たちはさらに深い天啓に従っています。
ケツァルコアトルは、地上での任務を成し遂げたあと、
夜明けの(日出づる)場所から立ち去り、東の太陽の方向へ船出しました。・・・・
日本は日出づる国であり、夜明けの人々の起源の場所、
52年前(*1997年の時点から)に広島と長崎に原爆が投下された、
アポカリプス(黙示録)的な場所です。

・・・人類の銀河文化の再生は、
日本でその最初の根を張ることが運命づけられているのです。
私たちは、新しい時間におけるアポカリプス的なあがない、
その預言的なヴィジョンを提供するために日本に行きます。

          惑星の月の3日(1997年4月6日) ホゼ&ロイディーン

               「コズミック・ダイアリー2012」『「マヤの叡智」の常識』より
  

      ◆



ホゼのツォルキン・バースデーの日に、土砂ダムの報道を含めて、台風の報道がなされているのも、

偶然とは思えません。

多くの方の安全を祈ると同時に、これは本当に天災なのか?



「私たちは本当に、今自分たちのシステムと思っているものは、もう古い捨て去るべきものであり、

そこから変わっていかなければならないということを身に染みて体験する」



福島の事故で、象徴的に、三次元レベルでも、具体的に、「文明災」ということを

身にしみて体験しているときです。



実は、自然を感じなくなってきた、そのために自然との共存どころか、自然を破壊し、

環境破壊によって、毎年、何万種類もの生物種を絶滅させていることを思い出し、

ひとつひとつのトラブルを、

多次元的に、地球的、さらに、宇宙的視野も含めて、ソリューションの方法を、

今の報道されている事実を刺激として、

すべての日本人が、考えるときだと思います。

対処療法は、今の行政が行うべきですが、本当の治療を意識にあげるべきときです。

ホリスティック医療のめざすものと同じように、



宇宙的な視野で、地球の「文明災」、人災、戦争、環境破壊、いびつな経済システム、そして、天災の原因、を観じて、



「私たちは本当に、今自分たちのシステムと思っているものは、もう古い捨て去るべきものであり、

そこから変わっていかなければならないということを身に染みて体験する」だけでなく、



そこからの新しい創造に、この瞬間、瞬間に、意識を向けるときだと思います。





             ◆



多くの方が、柳瀬を通して、ホゼ・アグエイアスに触れる機会を持つことになったと思います。

そういう意味で、ホゼを偲びます。

追悼  ホゼ・アグエイアス   



1997年「日出づる場所」の文章を書いて、ホゼ・アグエイアス博士は来日しました。

来日した翌日、シンクロに導かれるように、当時、自由が丘に住んでいた柳瀬の家にホゼとロイディーンはやって来て、

ホゼが「13の月の暦を広げるにはどうすればいいか ?」 と柳瀬にアドヴァイスを求めました。



柳瀬「カレンダーだけでは難しい。普通の日記として使い、自然に28日周期を身につけるダイアリーをつくればいい」

ホゼ「すべて、あなたに任せる。あなたが進めて欲しい」

柳瀬「 ・・・  」

柳瀬「ホゼの説明だけでなく、プルーストや、エンデのモモから引用してもいいか ?」

ホゼ「すべて、あなたに任せる」



この時、コズミック・ダイアリーのヴィジョンが生まれ、何かが託されました。

この日、海に輝く「月の道のように」、マヤの叡智への旅の道筋がつけられました。





ホゼとの交流を思い出す



1995年、ホゼと、初めて会ったときのこと。

「パラダイムシフトの根底は、カレンダー」と語るホゼ。

「カレンダーを変えなければ、環境問題は解決できない」と語るロイディーン。
1996年、アトランタ直前の有森裕子さんへのインタビューのために、アメリカのボルダーに行った時に、
  奇跡的なシンクロの積み重ねで、ホゼのフォーコーナーズでの国境溶解の儀式に立ち会ったときのこと。
1997年、また、奇跡のようなシンクロニシティで、

来日の翌日、突然のように自由が丘の我が家にやってきて、
「13の月の暦を普及する」には、どうすればいいか? と相談され、
 ダイアリーのアイデアを出したときに、「全部、お前に任せる」といわれたときのこと。

1999年、時間をはずした日の「祭り」のヴィジョンを伝えたところ、

すぐ、アメリカに来てくれ、と言われ、山の中に住んでいるホゼとロイディーンの妖精のすむような

山小屋のような家に滞在したときのこと。一緒に、山に登りながら、

柳瀬の息子が、「ホゼの師のリンポシェに深い縁があることを感じる」とホゼが、

真剣に語ったときの顔。
1999年、コスタリカの国連大学で、平和と時間の世界会議に招待され、時間をはずした日の祭りを

国連に提案することを採択。最後の日に、庭で「太陽の紋章のフォークダンス」を踊りながら、

一緒に観た、ダブルレインボウ。
2000年、初めて、銀座で、千人満員の会場で、一緒に講演したときのこと。

その後も、何度も、一緒に講演したときのこと。
2002年、時間をはずした日に、大阪の天神祭りの中心。天満宮で、一緒に神をおろす儀式に立会い、

世界に、平和の祈りのエネルギーを発信したときのこと。
2003年、「2012年への道」というテーマで何度も、一緒に講演した後、日本人が新しい時間に旅立つ

象徴的な意味をこめて、一緒にパレンケに行くことについて語ったときのこと。

2004年、パレンケでの再会とパカル・ヴォタンの墓に入れることになったことなど数々の奇跡。
2004年、ヤクルトホールで、河合隼雄さんと3人で鼎談したとき、そのパーティーでのこと。
2007年、「ヌースフィア」について説明しに日本に来るように進言しにニュージーランドに
  行ったときのこと。虹。『マヤン・ファクター』の新版のアイデア。
そして、

2008年0.0.フナブ・クの日の儀式。KIN11からKIN12に引き継ぐ・・・儀式。

杉並公会堂での最後の来日講演、ヒルトンホテルでのパーティー。リーダー会議。
2008年、バイロンベイでの宇宙との交流。

・・・・・・・・

そして、今年、ホゼから
地震の後、柳瀬と家族は大丈夫か? というメールをいただき、
柳瀬は、大丈夫だという返事とともに、
日本に向けて、ホゼからメッセージをいただけないか? という依頼をしました。
ステファニーから、このとき、
ホゼが震災の3日前から病気になっていて、今は日本へのメッセージが書けない。
回復を祈ってほしい、というメッセージが来たので、
日本のKINに、一万人以上の人に、祈りの呼びかけのメールを出しました。









          ◆



2012年について、マヤの預言について、正確な認識が必要と考え、



<1>

『「マヤの叡智」の常識』 柳瀬宏秀 著

  ホゼ・アグエイアスのヌースフィア 



には、ホゼ・アグエイアス博士の

2008年 杉並公会堂での最後の来日講演、

そして、それに先立つ、函南での、3日間のヌースフィアのレクチャーを

載せました。





また、ホゼの直接の声を聴いていただけるように、

<2>

DVD「ホゼ・アグエイアス博士最後の来日講演 2012ヌースフィア(精神圏)への移行」

税込3600円



<3>

DVD 「新しい時間への旅 パレンケ」5時間 (3枚組)ホゼ・アグエイアス 

税込7000円(+送料500円)



を用意しました。

いずれも、オフィスの方に、お問い合わせください。





環境意識コミュニケーション研究所 

       オフィスmail cosmic-kin12@syd.odn.ne.jp 

電話 055−974−3901FAX055−974−3877







                Universal love and in lak'ech!





柳瀬 宏秀



【KIN12 黄色い水晶の人】 

                 協力 捧げる 普遍化する   

                 自由意志 感化する 智恵



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

9月11日 『「マヤの叡智」の常識』 柳瀬宏秀 著

  ホゼ・アグエイアスのヌースフィア  発売

http://cosmic-diary.jp/

この本の目的は「2012年」が、「マヤ」が、「マヤの真の時間の叡智」が伝わっていないから、マヤの叡智について、伝えることです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    

◇ Facebook 始めました http://www.facebook.com/hirohide.yanase



◇ 新しいHP「マヤの叡智 コズミック・ダイアリー」公開

     http://cosmic-diary.jp/



□【講座「マヤの叡智」 20の講座】

 http://cosmic-diary.jp/cn13/invisibleuniversity.html

 マヤの叡智に触れたい方は、その扉をたたいてください。

 「マヤの預言の2012年は、あなたの進化のための日付です」



「叡智」とは、今の常識とは違うから「叡智」。

     もっと、深い、あるいは高い視点からの認識があり、

     その「叡智」によって、人が進化できるから「叡智」なのです。



そして、真の「マヤの叡智」とは?「時間の叡智」なのです。

講演と、開講が決まっている講座。

詳細 http://cosmic-diary-internet.com/event/

以下、全てどなたかが扉を叩いてくれたので開催されます。



          

◆9月17日 (土)  10時から 東京 自由が丘

 柳瀬宏秀による、第12回講座「マヤの叡智」開講  

 一日講座、10時から約7時間の日程で行います。

  http://cosmic-diary-internet.com/event_detail/483/

◆10月22日 (土)  10時から 東京 自由が丘

 柳瀬宏秀による、第14回講座「マヤの叡智」開講  

 一日講座、10時から約7時間の日程で行います。

 http://cosmic-diary-internet.com/event_detail/484/

◆10月29日 (土)13時から  東京 自由が丘

 柳瀬宏秀による、第15回講座「マヤの叡智」開講  

 一日講座、13時から約7時間の日程で行います。

http://cosmic-diary-internet.com/event_detail/485/

【お申し込み】

参加希望の講座名、日時、お名前、メールアドレス、お電話、御住所、

KIN(生年月日) を明記の上、メール(あるいは)FAXで、お申し込みください。

cosmic-human12@syd.odn.ne.jp  FAX055−974−3877

電話 055−974−3901 環境意識コミュニケーション研究所
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Comment(コメント)
Rin
KIN 12  黄色い水晶の人 電気の月(3)00:48:05 (2011年9月22日)
ホゼ・アグエイアス博士の写真をありがとうございました。


>「私たちは本当に、今自分たちのシステムと思っているものは、もう古い捨て去るべきものであり、
>そこから変わっていかなければならないということを身に染みて体験する」だけでなく、
>そこからの新しい創造に、この瞬間、瞬間に、意識を向けるときだと思います。


ぜひ、そうしていきます。
Yayoi
KIN 12  黄色い水晶の人 電気の月(3)08:53:02 (2011年9月22日)
晩年近くのホゼの顔が好きです。

垢を離れた純粋な輝きを感じます。

今も地球を見守ってくれているのでしょうね。
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase