ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
TUEWEDTHUFRISATSUNMON

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 23  電気の月(14)11:49:32 (2011年10月3日)
タイトル Initiation 4
内容 (Initiation 4)

「13の銀河の音」の 構造――――らせんの宇宙の構造の認識。

成功哲学、引き寄せの法則、ザ・シークレットの中にもある、

真の宇宙の法則の理解。

特に、惑星のキーワード「表明=顕われ」。「表明すれば、顕われる」の深い意味を

実感し、実際に惑星において活用。             







今、特に地球に意識を向けることが重要な時なので、10番目の銀河の音、

「惑星」に意識を向けたいと思います。キーワードは、「表明」「生み出す」「仕上げる」



「表明」すれば、「顕われる」という 宇宙の法則 

            ―――「初詣の 願いを 祈りに」2010年刊 より



表明するとは、「言葉」にするということです。

地球上のビジョンを明確にして、「言葉」にするという意味です。

さらに、声に出す、書くということによって、「言霊」が入り込みます。







「思い」を「表明」したとき、それはほとんど実現するのです。



英語で、manifestation というのが、「表明」という意味です。

そして、英語のmanifestation には、もうひとつの意味があります。

それは、「顕われ」という意味です。



この言葉の中に、宇宙の法則があります。

「表明」すれば、「顕われる」。

フランス語のmanifestation も、同じように二つの意味があります。



選挙で、公約を「マニフェスト」というようになったのも、

この言葉と同じ語源から来ているからです。

つまり、約束を表明して、実現する。



顕われるために・・・・表明する。

「表明」すれば、「顕われる」。

それが、宇宙の法則だからです。





実は、あるきっかけがあって、今朝、バシャールのメッセージのyoutube を、

多分、はじめて、ちゃんと聞きました。



ちゃんとした、叡智につながって、しかも、質問者と共振の場をつくって

叡智を伝えているのを確認しました。



つまり、コズミック・ダイアリーを通して伝えていることの別表現、

角度を変えた説明であることがよくわかります。









表明=顕われ の別の表現



夢をかなえる バシャール  to Make your Dreams Come True, Bashar

http://www.youtube.com/watch?v=0atOJsrA6jM&feature=related



おもしろくて、ある方にとっては、わかりやすいかもしれないと思い、

シェアします。







映像を見ましたか?

コズミック・ダイアリーに戻りましょう。



「表明」すれば、「顕われる」

「表明」イコール「顕われ」

―――「初詣の 願いを 祈りに」2010年刊 より



思いだけでは、実現しないかもしれない。

では、思いを「表明」すると、「顕われる」のはどうしてか?

3つ理由があります。



まず、「表明」の第一の意味は、自分のすべての細胞にコマンド(指揮)するということです。細胞の意志に働きかけることになります。目的を持つと、自動的に体が反応します。必要なことを行ない始めます。



二番目に、「表明」して伝えると、伝えられた人が賛成してくれれば、そのことに協力してくれるでしょう。賛成してくれる。共振してくれる。ということが「顕われる」ためには重要になります。人間は、一人では何も生み出せないかもしれません。でも、表明し伝えることで、何かが動き始めます。



「表明」するということのなかに、目的を成就したいという意志が存在します。だから、直接その「表明」を聞いたのでなくても、口コミで、電話で、チラシで、メールで、インターネットで、メディアで、さまざまな形で、その表明が伝わります。それがコミュニケーションです。



そのためのコミュニケーションとして、表明すれば、創造のための「共振の場」を生み出し、応援したい人が現れてきます。それが、「表明」すれば、「顕われる」の二番目の働きです。



 自分のためだけの「願い」は協力してもらえません。

人が賛同できる「願い」、つまり、「祈り」(「意」+「乗り」) を表明すれば、

応援する人が、賛同する人が、共振の場が生まれるのが自然の摂理です。



 だから、「表明」すれば、「顕われる」のです。



宇宙の法則なのです。





三番目に、目に見えないエネルギーが渦巻き始めます。



人間が意志を持って、表明して目的を明確にすると、自分の体が、脳が、その目的に向かって動き始めます。目的をもつと、普段以上の力と、やる気が出てきます。そのやる気を起こすと、そのやる気も含めて、目に見えないエネルギーが循環し始めます。  



そして、「表明」を聞いた人が情報を教えてくれたり、人を紹介してくれたり、

あるいは、自分の代わりに動いてくれたりします。



そういう動きが螺旋のように渦巻くのと同時に、人が意志をもって動くと、

エネルギーが発生します。目に見えないところでも、その螺旋は渦巻き始めます。



さらに、そのエネルギーが宇宙のリズムに沿っていれば、そのリズムに乗って、シンクロ現象のように、その目的が成就するために必要な情報が集まり、出会いが起こり、その動きが加速されるのを感じることになるでしょう。



三次元の世界で人が動き始めると、人間が認識したり、計算したりできない形で、(お蔭様の世界で)、四次元以上の世界でもものごとが準備され始めます。それは、パラレルワールドのようです。



「祈り」は、「意」+「乗り」。

神も乗れる、賛同できる願い(「意」) が「祈り」です。



もうひとつの世界でも、螺旋状にエネルギーが渦巻き始めます。シンクロ現象が、連続し始めます。













これがわかると、



「初詣の 願いを 祈りに」変えることが、社会を変えることにつながるのも

わかると思います。



また、神社や、お寺さんに、表明することも重要だとわかります。



8万の神社のトップの方と、一緒に、対談、講演することの意味が

宇宙的に感じる方も、いらっしゃると思います。





【祈りにくにづくり 講演】

◆ 11月12日 「祈りの くにづくり」

  講演 田中恆清 神社本庁総長 石清水八幡宮宮司/ 柳瀬宏秀

  場所 大田区民ホール アプリコ (品川から3駅 蒲田駅東口3分)

  19時開演   会費 4000円 前売り 3800円

申し込み、詳細は、 http://inori-no-kuni.com/



                Universal love and in lak'ech!





柳瀬 宏秀



【KIN12 黄色い水晶の人】 

                 協力 捧げる 普遍化する   

                 自由意志 感化する 智恵



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

9月11日 『「マヤの叡智」の常識』 柳瀬宏秀 著

  ホゼ・アグエイアスのヌースフィア  発売

http://cosmic-diary.jp/

この本の目的は「2012年」が、「マヤ」が、「マヤの真の時間の叡智」が伝わっていないから、マヤの叡智について、伝えることです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    

◇ Facebook 始めました http://www.facebook.com/hirohide.yanase



◇ 新しいHP「マヤの叡智 コズミック・ダイアリー」公開

     http://cosmic-diary.jp/



□【講座「マヤの叡智」 20の講座】

 http://cosmic-diary.jp/cn13/invisibleuniversity.html

 マヤの叡智に触れたい方は、その扉をたたいてください。

 「マヤの預言の2012年は、あなたの進化のための日付です」



「叡智」とは、今の常識とは違うから「叡智」。

     もっと、深い、あるいは高い視点からの認識があり、

     その「叡智」によって、人が進化できるから「叡智」なのです。



そして、真の「マヤの叡智」とは?「時間の叡智」なのです。

講演と、開講が決まっている講座。

詳細 http://cosmic-diary-internet.com/event/

以下、全てどなたかが扉を叩いてくれたので開催されます。



          

◆10月22日 (土)  10時から 東京 自由が丘

 柳瀬宏秀による、第14回講座「マヤの叡智」開講  

 一日講座、10時から約7時間の日程で行います。

 http://cosmic-diary-internet.com/event_detail/484/

◆10月29日 (土)13時から  東京 自由が丘

 柳瀬宏秀による、第15回講座「マヤの叡智」開講  

 一日講座、13時から約7時間の日程で行います。

http://cosmic-diary-internet.com/event_detail/485/

【お申し込み】

参加希望の講座名、日時、お名前、メールアドレス、お電話、御住所、

KIN(生年月日) を明記の上、メール(あるいは)FAXで、お申し込みください。

cosmic-human12@syd.odn.ne.jp  FAX055−974−3877

電話 055−974−3901 環境意識コミュニケーション研究所
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Comment(コメント)
Rin
KIN 24  黄色いスペクトルの種 電気の月(15)00:27:11 (2011年10月4日)
tryではなくて、doingですね!
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase