ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
TUEWEDTHUFRISATSUNMON

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 53  自己存在の月(16)03:07:28 (2011年11月2日)
タイトル 質問がありました。よくある、質問です。
内容 柳瀬さん

いつもお世話になっています。
10月22日マヤの叡智の講座に参加させて頂きました

講座受講日からコズミックダイアリーを使うことで
毎日変化していくのを感じることが出来るようになりました。
ありがとうございます。

キーワードを見て、毎日行動していく中で最近感じることなのですが
全て、本当の自分に戻っていくといいますか…
宇宙に戻っていくといいますか…
地球上存在する、人間・動物・植物・昆虫そして水・土その他全て
そして宇宙に存在するもの全てが、もともとは一つなのでは?
という感覚を持つようになりました。

平和とか感謝とかいうものを感じることが多くなり
それに関わるような人や情報も多くなってきており
お蔭様という感じです。

しかし一方で、会社に所属し、日常の中生活をしているのが
どこか窮屈だったり、自分らしくないな〜と感じることも出てきています。

コズミックダイアリーを使い続けることで、新たな道が開けていくんだろうな〜
というふうに思っているのですが、何か心の奥でしっくりこない感じもしており
どうしたものかとふと感じる時があります。

何かアドバイスを頂ければ幸いです。
また、個人セッションも上記のことをクリアにして
宇宙のためにも、もっともっと進化していきたいので興味があります。



柳瀬からの返事

>しかし一方で、会社に所属し、日常の中生活をしているのが
>どこか窮屈だったり、自分らしくないな〜と感じることも出てきています。

具体的に、何にたいしてか、明確にしてみましょう。

そして、その感覚が正しいかどうか、確認した上で、

サーカーだと思ってください。ゲームだと。

サッカーは、手を使っては「いけない」というとんでもないルールです。

でも、サッカーでも、そのルールの中で、一生懸命にやることによって身につくことがあります。

中には、メッシやロナウジーニョのように高次元のプレイをすることも出来ます。

それを目指すべきです。ゲームでも、そのなかで、力を尽くすことが人のためになり、自分のためにもなることを

見いだし、全力で取り組むべきです。

はたが楽になるために、(はた が 楽=働く)、人が動く(ニンベン に動く)が、「働く」です。 

でも、本当の時間は、どっちか、知った訳です。

そのルールが、自然時間や高次元の時間から外れていたとしたら、

それは、浮き世だと思うことです。

ゲームだと思って、そのゲームを楽しんでください。

ただ、ゲームですまされない内容であれば、立ち止まるべきかもしれません。

具体的に、何にたいしてか、明確にしてみましょう。

でも、

愛を育んだり、子育てをする。そういう本当に重要なことは、自然時間で対応するのは当然です。

手を使わないで、子育てする必要はありません。

(もし、愛を育むのに時間を節約し、効率的に。と考えていると、完全なしっぺ返しが来ます)

>コズミックダイアリーを使い続けることで、新たな道が開けていくんだろうな〜
>というふうに思っているのですが、何か心の奥でしっくりこない感じもしており
>どんしたものかとふと感じる時があります。

社会の仕組み、会社のあり方を変えることも、

あなたが、その力とエネルギーを持つことによって、可能でしょう。

そのために、そういうことの延長線上で

「初詣の 願いを 祈りに」と呼びかけているのだということも、観じてください。

あるいは、多くの人が自然時間で生き始めると変わるでしょう。

だから、マヤの叡智を伝えています。

自然時間がわかる人が増えないと、まわりを感じ(観じ)る人が増えないと、環境破壊はなくならないでしょう。
環境問題は、解決できない。

環境意識を高めるコミュニケーション以外は、行なわない。
それに特化する、という宣言。
それが、環境意識コミュニケーション研究所 と名付けた理由です。

そういう活動に参加することを考えてみてください。

神社本庁の総長と話し、一緒に講演することの意味を観じてみてください。

「ご利益」を、自分の利益を願わせている、神社が、本来の神道の教えを伝えるならば

初詣の 願いを 祈りに。 と呼びかけるべきです。

(右肩上がりが幸福の条件であり、利益の追求のみが会社の目的だと思っているとしたら、人の進化のために)

社会のあり方、会社のあり方の根本を、

日本人のために、地球のために、変えるべきです。

ぜひ、11月12日は、仲間を、会社の同僚、上司、部下を連れてきてください。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Comment(コメント)
Naomi
KIN 53  赤い磁気の空歩く者 自己存在の月(16)09:10:49 (2011年11月2日)
柳瀬さんのナビゲートは本当に素晴らしく思います。

そして、見習いたいのは、共振するところの、
つまり「例え話」で伝わりやすさが増しています。

そういった点で、
講師として、
この例はとても勉強になりましたし、

私も柳瀬さんのように愛のあるナビゲーションができるようになります!
Yayoi
KIN 53  赤い磁気の空歩く者 自己存在の月(16)10:24:36 (2011年11月2日)
講師講座での「愛が足りない!」を思い出します。
Rin
KIN 54  白い月の魔法使い 自己存在の月(17)00:27:02 (2011年11月3日)
何度も読みなおしています。
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase