ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
TUEWEDTHUFRISATSUNMON

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 153  銀河の月(4)02:35:38 (2012年2月10日)
タイトル 「Maya(マーヤー)」「Mayet(マイェット)」[May
内容
2月29日は、0.0.フナブ・クの日。
4年前に、ホゼ・アグエイアスと富士山を前にセレモニーを行い、7年前に、3月2日に奇跡的にパレンケの碑銘の神殿の中に入り、パカル・ボタンと交流した日。

2012年、この2月27日から、マヤの叡智に触れる旅。
マヤの預言を伝えたパカル・ヴォタンと故ホゼ・アグエイアスと交わり、銀河マヤの叡智にアクセスするマヤの旅で、ちょうど、2月29日から3月2日は、パレンケに



ふっと、
インド哲学や瞑想に触れていた25−35年前に、
マヤに出会う、17年前に、
それらの叡智が、同じであり、
今、叡智にアクセスする具体的な方法が、新しい科学として、人類の進化を促すものとして、コミュニケーションしようとしていることに、今、ここから、過去と未来が螺旋状に展開して行く、真の時間に、触れる。



拙著『「マヤの叡智」の常識』第2章より

「Maya(マーヤー)」「Mayet(マイェット)」[Mayab(マヤブ)]

 中米で発祥したマヤのことを考えると、なぜか東洋から、インドから不思議な共振の感覚が呼び起こされます。なにしろ「Maya(マーヤー)」とは、インド哲学では「この世のはじまり」や「幻想の世界」を意味する重要な言葉なのです。サンスクリット語ではさらに「偉大」「尺度」「心」「魔術」、「母」という概念に関係しています。もっともなように、マヤ(摩耶)は仏陀の母の名でもあります。そして、ヴェーダの古典『マハーバーラタ』では、マヤという言葉は、有名な占星術師で天文学者、魔術師、そして建築家であった人物の名前としてだけでなく、すぐれた道案内でもあった流浪の民の呼称としても用いられています。
 マヤという言葉は、形而上学とスピリチュアル・アドベンチャーを生んだ古代インドだけでなく、西方でも見つかります。エジプトの有名な少年王、ツタンカーメンの出納係はマヤという名前でしたし、エジプト哲学には普遍的な世界秩序を意味する「Mayet(マイェット)」という言葉があります。ギリシャ神話でも、巨人アトラスとプレイオネの子どもにしてヒアデスの異母姉妹でもある、プレイアデス7人姉妹のうちの一人がマイアです。マイアという星は、プレアデス星団のなかで一番明るい星と言われています。さらにはMay(5月)という名前も、ローマ神話の女神マイアに由来します。「偉大なるもの」を意味するマイアは「春の女神」であり、神話上はファウヌスの娘にしてウルカヌスの妻でもあります。
 話を中米に戻しましょう。「マヤ」はマヤブ(マヤム)という言葉を由来としています。マヤブとは、マヤの活動拠点でもあったユカタン半島を表す言葉です。では、マヤとは誰なのでしょう? 世界中のあちこちで、中央アメリカの文明を表す「マヤ」という名前を見かけるのはなぜでしょうか? ただの偶然でしょうか? マヤは一体どこから来たのでしょう?
        「マヤン・ファクター」より
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase