ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
TUEWEDTHUFRISATSUNMON

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 172  銀河の月(23)21:47:21 (2012年3月1日)
タイトル パカル・ヴォタンの墓に、奇跡的にまた入る
内容
0.0. フナブ・ク の日に、
パカル・ヴォタンの預言を伝える。

奇跡的に、パカル・ヴォタンの墓に入ることになる。
7年ぶりに、墓の中で、パカルと交流する。

7年前に、一緒に入ったホゼが、紹介した前回のパレンケのDVDで、
いかに奇跡的に、入れたか、
そして、その意味を、
マヤの預言と、日本の意味を考えたいと、語っていた。
その奇跡が、また、起こった。

ホゼの最後のメッセージとして、
弟子のステファニーが昨年、世界に送ったメッセージのなかの文章で、こう語っていた。

ホゼの死は、パレンケでのパカル・ヴォタンの最後の埋葬と関係する
シンクロとして見ることができます。
彼の72歳の誕生日(2011年1月24日)の頃、
パレンケのパカル・ヴォタンの墓の蓋が永遠に閉じられました。
比類のない芸術性と象徴性を持つパカル・ヴォタンの墓、
そしてそこに埋められた人の魂の神秘は、
ホゼの人生の目的に大きな影響を与えました。
ヴォタンの墓に記号化されたメッセージの意味は、
知識と悟りに向けてホゼの人生を形作りました。
彼の旅立ちもまた、数字的にパカルと絡んでいます。

ホゼは、72回目の誕生日から58日後に地球を旅立ちました。
(ステファニー・サウス著   「時間、シンクロニシティ、改暦
:ホゼ・アグエイアスの預言的人生と仕事」)
拙著『「マヤの叡智」の常識』第3章より


したがって、今回の旅で、パカルの墓に入るという三次元的な奇跡は、
封印していた。
ふとしたきっかけで、墓に入ることを口にしてしまうことになり、
その表明が、成就する。


有識者のなかでもっとも優れていたのは偉大なる時間の旅行者、パカル・ヴォタン。
異次元から地上に降り立った彼は、偉大な地ケム(訳注:エジプトの古名)の建設者たちの間で知られていた知識パターンに従って、巨大な宮殿を建てさせた。
宮殿の向かい側には知識の神殿を建て、それを自らの墓とします。
そして、旅立ちの時と帰還の時の預言と宣言をこの墓に残したのです。

という正確な、パカルの意味を
正午に、0.0.フナブ・クの儀式に語った。
その後、
パカル・ヴォタンの墓に、特別に入れることになる。

夜9時、パレンケの遺跡に入る。
星が美しい、金星も、パレンケの西の空に輝いている。
金星は、マヤの叡智と深くかかわる。

碑銘の神殿の正面、正午に儀式をした場所から、登る。

そして、(7年前の写真を先日、facebookで紹介した)、
そのピラミッドの9段目から、
宮殿を見下ろす。

懐かしさが、どこからのものなのか?

そして、ピラミッドの中に降りていく。
懐かしい。
そして、アルベルト・ルースが3年間、この管を頼りに掘り進んだ、
「地球霊の通話管」に触れながら、石室まで、降りる。

7年ぶりの石室。
ナチュラル・マインド・メディテーションを行い、
パカル・ヴォタンと語り合う。

ピラミッドを出ると、蛍が光を。
誰かが、ホゼ・アグエイアスかしら、と言う。

神殿の前に、だれからともなく、全員、大地の上に寝転がる。
星を、宇宙を、いや、さらに、もっと、深いものに抱かれた。
また、蛍が、碑銘の神殿の前に、ひとつ、光る。

上弦の月が、こんなにやさしく、感じられる。
そして、半月でも、その光は明るい。

娘の真愛(MAYA)が、宮殿が、宇宙に浮かんでいる。と




(ちなみに、これを書いているときに、パレンケで鳥が鳴き始めました。朝6時7分でした。 3月1日)
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Comment(コメント)
Rin
KIN 172  黄色い電気の人 銀河の月(23)22:07:49 (2012年3月1日)
思わず涙が・・

でも、誰かに(パカル・ヴォタンに?)、何かに、招待されているような気がずっとしていたのです。
Yayoi
KIN 173  赤い自己存在の空歩く者 銀河の月(24)09:18:12 (2012年3月2日)
すごいですね!
祝福がありました。
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase