ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
TUEWEDTHUFRISATSUNMON

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 175  銀河の月(26)20:42:52 (2012年3月4日)
タイトル カラクルム
内容 カラコルム遺跡

それは、密林の中。
バスを、小さな車に乗り換え、2時間。
カラクルムの敷地入り口に。
そこから、40分歩いて、中央広場に。
一番過ごしやすいい、この時期でも、気温は30度を越している。


その一番高い神殿に昇ると、
写真のように、密林の上に座ることになる。
そして、密林のなかに、いくつかのピラミッドが見える。


カラクルムは、
パレンケと対立関係にあったと、歴史家は語っている。
密林の上から見ると、その雲上では、そうは思えない。


ピラミッドの上で、
講師の一人に、
パレンケのパカル・ヴォタンのテレクトノンの預言を読んでもらう。
雲が出てきて日差しを遮り、風が吹く。
天上での涼しさ。

そして、ピラミッドに登った全員が、銀河の署名をする。
その瞬間、また、雲が出てきて日差しを遮ってくれた。

森の中の、いくつかの場所が、雲で暗くなっている。
当たり前だが、不思議な光景。





【『マヤンファクター新版』 ホゼ・アグエイアス著 柳瀬宏秀監修・翻訳 p62】

今日のマヤと、古代都市を築いたマヤとの間にあると思われるギャップは、物質面しか進化しなかった私たちの基準では推し量ることができないもののひとつです。

そのことを考えていたとき、私はふと「パラトクワピ」と呼ばれるホピの神話を思い出しました。
南の神秘的な赤い都市の話です。
南の熱い土地への移住に関するこの物語では、パラト・クワピという4層の神殿都市が築かれます。
しかし、その建設の目的は唯一つ、知識の体系を獲得し、統合すること、ただそれだけであったのです。
建設に携わった者たちに与えられた命令は、建設終了後にこの都市を放棄し、知識の記念碑として残すことでした。
この命令を忘れて、住民たちは堕落し始めるが、ひとつの部族抗争によって目を覚まします。
自分たちの使命を思い出した人々は、ようやくパラト・クワピ、南の神秘的な赤い都市を放棄するのです。

この神話は、マヤと完全に一致します。
マヤ人の目的は、知識や科学を体系化して確立し、石や文書に文章としてまとめて、立ち去ることでした。

私たちが知っている文明といえば、破壊兵器の生産のための工場と娯楽品の数々から成っており、
マヤ人の目的や知識体系にはまったく合わないでしょう。

さらに、もうひとつの要素がこの図式に入り込むのです。
すなわち、マヤの知識と科学の体系は、時間周期ときわめて深い関わりがあります。
そして時間を、宇宙や銀河にも季節があって、その季節の性質を運ぶものとして理解していました。
そのために、地平線上に暗黒が集まる時期を知ったのです。
また、その時が、終わりの時であり、出発する時であるということも知っていたのです。

今日の世界の状態を、考えると、誰がマヤが正しくなかったと言えるでしょうか?
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase