ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
WEDTHUFRISATSUNMONTUE

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 182  太陽の月(5)05:41:51 (2012年3月11日)
タイトル 「マヤの預言に触れる旅」は、「時空間の巡礼」です
内容
最後の日の出を見る。

カンクン、最高の瞑想の場所で、ナチュラル・マインド・メディテーションをする。

今回の旅は、「2012年マヤの預言に触れる」遺跡への巡礼であると同時に、
「時の巡礼」でもある。

それは、7年前の、パレンケからホゼ・アグエイアスと一緒に来たパレンケ。
3月1日、テレクトノンでの恋人たちの再会の日に再会し、
3月2日、パカル・ヴォタンの墓に入る。
3日間のホゼのレクチャーと、パカルと同調し、得たメッセージと、
ホゼと宇宙について交感。


4年前の2月27日からの函南スプリングスでの、ホゼのヌースフィアの3日間セミナー。
0.0.フナブ・クの日の儀式。
3月1日の杉並公会堂での講演、新宿ヒルトンでのパーティー、
有識者との日本リーダー会議、

太陽と地球の位置が重なっている。
今回の「2012年マヤの預言に触れる旅」は、それを意図して、
つまり、2012年というパカル・ヴォタンの墓に込められた預言の年だけでなく、
聖地を訪れるのが、巡礼であるなら、
時空間の「巡礼」として、受けとめて欲しい。


三次元的に旅に参加しても、その時には、この「時空間の巡礼」の意味が
まったく、理解できなかった人もいた。
今、ここから、その時の体験と、ビジョンを、伝えることによって
今、ここから、その全体の構造と、重要さが、喚起されるようにすることができる。

4年前の講演会に、パーティーに参加した方は多くいた。
また、ヌースフィアのセミナー、
あるいは、7年前のパレンケへの旅に参加した方も、数十人いる。

ぜひ、2012年、
今、ここから、その記憶を喚起してほしい。
それは、過去への追憶ではなく、時空間を超えた、新しい感覚と叡智へのいざないとして、
確実に、深い深層の部分から、もう一度、あなたを揺り動かすきっかけになるからだ。

講座「マヤの叡智」、コズミック・ダイアリー・セミナーを受けた方も、
同じように考えることができると思う。
夜9時に、懐中電灯もあまり照らさないようにしながら、
碑銘の神殿の正面の階段を、登って、9層目の最上段のところに、夜にたどり着いたこと。講座やセミナーの時話した、パカル・ヴォタンの墓に降り、
そこで、ナチュラル・マインド・メディテーションを行ったこと。
そして、そのピラミッドの前で、寝転がり、星を見つめ、金星を見つめ、
蛍が一匹、神殿の前を飛び、
不思議な静寂の中で、宇宙を感じる時間を、永遠のように感じ、何かを観じたこと。
(もちろん、墓の中には、入れません。遺跡にも、夜はいることは不可能です)

講師養成講座では、おなじみのテレクトノン。地球霊の通話管。
その書を、テオティワカン、パレンケ、ウシュマルなど、
天上、高天原、神々が住む場所とマヤの人々が感じたであろう、
あるいは、観じさせる場所で、その日の書を読み上げたこと。

毎日、28日周期と、ツォルキンをチェックし、
新たに、宇宙的な自然時間と、4次元以上の時間を測ったこと。

そのすべてが、「時空間の巡礼」には、重要であり。
逆に言うと、行かなくても、同じときに、意識を合わせていただくことによって、
同じ「時空間の巡礼」が行えるように、
Favebook、メール、ブログに、書きました。
ネットの状況の許す中で、
テオティワカンでは、
半分外と同じロビーでしかネットがつながらないので、夜は2200mの高地の寒さに震えながら
石の床に座って書き込みました。

他の遺跡でも、動画のアップなど、毎日、睡眠を惜しんで、
旅の経験をお送りしました。
主旨を組んでいただければ、と思います。
Facebook では、ほとんどの情報に、100人近くの人、あるいは、
100人を超える人が、反応してくれました。


3月1日、「時間をはずした日の祭り」をパレンケから、呼びかけた主旨も同じです。
1999年3月1日に、正式に呼びかけました。
(その前に、ポートランドの会議で、ホゼとロイディーンが、日本で用意し、彼がが英文に少し手を入れた13ページの呼びかけ文を読んでくれたり、
大阪で、賛同してくれた、喜納昌吉さんと時間をはずした日の祭りを呼びかける対談をしましたが、)
正式の文章としてFAXを送ったのは、1999年3月1日です。
そこから、日本で100の祭りが、世界で、300以上の祭りが生まれました。

「時空の巡礼」を、これから、始めませんか?



ホゼを知っている人、
コズミック・ダイアリーの講師に、
「コズミック・ダイアリー2012 ホゼ・アグエイアス追悼号」を配りたいと思います。
一人でも、多くの人に伝えたいと世界をまわったホゼ・アグエイアスに共振して、
3月23日の1周忌には、ホゼの魂にささげる報告をしたいと思っています。


メキシコ2012年3月10日、朝、6時。
日本時間2012年3月11日
送信は、カンクンの空港から、
                  メキシコ2012年3月10日13時52分予定
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase