ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
WEDTHUFRISATSUNMONTUE

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 236  スペクトルの月(3)02:22:41 (2012年5月4日)
タイトル 「金環日食、と マヤの預言の話を聞く集い」
内容 「金環日食、と マヤの預言の話を聞く集い」

日時 2012年5月20日〜21日

熱海の海からの日の出と金環日食を楽しみ、マヤの叡智と預言に触れます。

場所 熱海 アカオリゾート公国 ロイヤルウィング   
 http://www.i-akao.com/royalwing/

講師 柳瀬宏秀 「マヤの叡智の常識」の著者    
 http://cosmic-diary.jp/cn7/pg69.html

今回は、すでにホテルは予約で満室となっているので、
参加は、4室、5−6人の少人数です。

会費  3万円
   ロイヤルウィングの宿泊費(2人部屋)、ディナー、朝食ビュフェ、(通常2万円相当は)含まれています。(個室希望の場合は、ホテルの支配人に相談し、1室だけ確保しています。お問い合わせください。)


【お申し込み】

・参加した講座、セミナーがあれば、その講座名。
 (初めての方は、簡単に自己紹介を。)
・お名前、メールアドレス、お電話、ご住所、 
  あなたのKIN「銀河の署名」(あるいは、生年月日)を
明記の上、cosmic-human12@syd.odn.ne.jp まで、メールでお申し込みください。

◆主催 環境意識コミュニケーション研究所 055−974−3901

  5月10日までにお申込ください。
  (お申し込み多数の場合は、10日に抽選し、
         11日にお申込者全員にご連絡します。)
日食グラスは、お持ちください。
==================================

2012年は、進化のための日付です。
マヤの叡智に興味がある方の参加を歓迎します。
参加資格はありませんが、

「コズミック・ダイアリー」
「マヤの叡智と日本人の魂の融合」
「マヤの叡智の常識」は、ご持参ください。


環境意識コミュニケーション研究所は、2009年7月 22日の皆既日食には、
31名で、屋久島に行き、昼間なのに真っ暗になる、皆既日食を体験しました。

今回の歴史。マヤ的には、5122年前、BC3113年に、今回の歴史は始まりました。
そのとき、エジプトの第一王朝のように、非常に太陽意識が強い人類によって、この文明が起こされました。

日本では、天照信仰の中に、真の日本人の太陽意識の強さが、うかがい知ることができます。

仏教においても、大日如来が重要なのは、ただ、真言密教においてであるとか、
そういう宗派的、教義的なものでなく、
太陽が、宇宙の意志を科学的に、太陽系において顕わしていて、それがわかるからだと観じます。

太陽活動の周期は、古くは、23年。
今は、11年周期として、知られています。
その太陽周期のピークが来るのが、2012−13年です。



次の満月、5月6日は、(コズミック・ダイアリーによれば)、今年最大の満月です。
月が地球の周りを楕円に回っているのは、ご存知でしょうか?
月と地球の距離は、38万キロメートルと教えられたので、ほとんどの方が、月は、地球の周りを円を描いて38万キロの距離を回っていると勘違いしています。

5月6日の満月のように、35万6800キロにまで近くなります。
月が遠い時は、40万キロメートル以上地球から離れます。
つまり、月は、地球から見て、日常的に13%(5万÷38万)以上、近づいたり離れたり、つまり、13%以上、大きくなったり、小さくなったりするのです。

だから、皆既日食になったり、金環日食になったりするのです。
2009年の皆既日食のときは、月が地球に近かった。だから、月が大きいので太陽は完全に隠れたのです。
今回は、月は遠いのです。つまり、月が小さいので、皆既日食ではなく、金環日食になるのです。

検索しても、出てこないので、今、柳瀬が書きました。
ということは、金環日食を調べて伝えているメディアの多くの方も、月が楕円に地球の周りを回っているということを、あまり体感していないのだと思います。この金環日食を機会に、あらためて太陽を観じ、月を感じたいと思います。

月は太陽の光を反射して、形を変えているということも、理屈は知っていても、多くの方は、観じていないかもしれません。
月が半月や、三日月の時に、どちらに太陽があるか、すぐにわからない人がほとんどです。
丸く、膨らんでいる方向に、太陽があるのですが・・・・・・

さて、あなたは、月を観て、太陽の方向がすぐにわかっていましたか?




5月21日の朝、食の最大が静岡で7時32分、東京で7時34分30秒。
熱海では、金環になるのが、7時30分。食の最大が33分頃。
7時35分30秒ぐらいまで金環食になっています。

要目時刻高度方角*
日食開始06:17:5919°78°
金環開始07:30:2534°88°
日食最大07:32:5634°88°
金環終了07:35:2735°88°
日食終了09:00:2852°102°



ホテルのロイヤルウィングは、柳瀬宏秀が2004年から5年間コンサルタントをし、イタリアンの月のメニューから、「竹取物語」の和食、さらに、月のしつらえ、月のエステ、すべて「月のおもてなし」として、月を観じることから、熱海から自然のリズムを感じ、このホテルから環境意識が育つようにリゾートの意味を先取りしたおもてなしをしました。
コンシエルジュやフロントに「月のレクチャー」をした次の満月に、イルカが50頭、このホテルの前の海岸にやってきたホテルです。

参考http://cosmic-diary.jp/j/pdf/kankyo-ishiki-josetsu.pdf
「環境意識序説」p145

ホゼ・アグアエイアス博士も、宿泊しました。

また、アタミ桜のために、コノハナサクヤヒメを正式に浅間大社から御分霊いただき、曽我浅間神社を正式に、つくったホテルです。
敷地は、デイズニーランドとディズニーシーをあわせたより広いホテルです。

部屋は広めの2人部屋 40m² です。


チェックインは、1時です。
早めの時間に、チェックインして、海やガーデンを散策ください。
温泉に入って、三次元の疲れを解き放ってください。

3時に、ラウンジに集合してください。
海を眺めながら、「金環日食、と マヤの預言の話」をします。


ディナーは、フランス料理です。

夜9時頃に、海の近くで、星を見たいと思います。
新月なので、星が明るくキレイに見えると思います。
そして、ナチュラル・マインド・メディテーションをします。
星を見ながら、少しレクチャー。


朝、
オーシャンビューの部屋で、海から昇る日の出を、
あるいは、海のそばの温泉から、日の出の太陽を感じる、各自瞑想。
ホのでは、朝4時半過ぎだと思います。

朝食前に、海の前の庭園で、金環日食を楽しみたいと思います。

朝食のあと、ラウンジでハープを聞きながら、海を眺めます。
ラウンジで、金環食についての会話を。
そして、レクチャー。


1963年7月21日皆既食北海道東部など
1987年9月23日金環食沖縄本島など
2009年7月22日皆既食トカラ列島、屋久島、種子島・奄美大島の一部など
2012年5月21日金環食トカラ列島、屋久島、種子島、九州・四国・近畿・中部・東北の一部、関東の大部分など
2030年6月1日金環食北海道の大部分など
2035年9月2日皆既食中部・関東の一部など




(オプション)
柳瀬が、木花咲耶姫神をお呼びして祀られている「曽我浅間神社」参拝。
ハーブ&ローズ・ガーデンで、バラの花と海を楽しみます。

太陽と、太陽を観じて文明をつくった人類の歴史に、意識を合わせます。


Universal love and in lak'ech!


 柳瀬 宏秀

【KIN12 黄色い水晶の人】 
                 協力 捧げる 普遍化する   
                 自由意志 感化する 智恵


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

環境意識コミュニケーション研究所
419-0106静岡県田方郡函南町 南箱根ダイヤランド73-301
電話 055−974−3901FAX055−974−3877
mail cosmic-human12@syd.odn.ne.jp
代表柳瀬 宏秀

■新しいHP 「マヤの叡智 コズミック・ダイアリー」http://cosmic-diary.jp/
■Facebook http://www.facebook.com/hirohide.yanase
□祈りのくにづくり http://inori-no-kuni.com/
12月28日の講演会の動画が見れます。
■COSMIC PAN≪公開のメーリングリスト≫
http://groups.yahoo.co.jp/group/COSMICPAN
■COSMIC DIARY NEWS ≪メルマガ≫
http://www.mag2.com/m/0000143403.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


以下、参考までに、2009年の日食の時に書いた文章ですが、
2012年、今回の金環食に、さらにあてはまるように思います。

□  

ともかく、この日食を境に、
日本人の意識が、
太陽意識を取り戻し、

地球人としての、環境意識を取り戻すことになる。

よく言われる、岩戸開きとして、
精神の中での位置づけをはっきり持つことによって、
これからのすべてが、決まるような重要な現象だと考えます。



皆既日食は、わずかな場所でしか感じることはできませんが、
日本全国、日食にはなります。

ぜひ、多くの人と、今回の日食から感じるべきことを、
太陽を感じることを忘れていたことを。

環境を感じ、宇宙の摂理を観じることをおろそかにしてきたことについて、
反省をし、自分のこととしてだけではなく、
日本全体として、地球の今の文明として気づき、
地球レベルの覚醒を、日本から、生み出していくことを、
普通のこととして、表明して行きたい。
ということをシェアしてください。

それが、自然時間を取り戻せ というマヤの預言であり、

自然から離れてしまっている、というネイティブの預言であり、

岩戸開きの時という、

日本人の、いや、世界の変換の意味を、リアリティとして、観じるように、
宇宙が促しているのをひしひしと感じます。


今日から
太陽を感じることに
焦点をあててみてください。

太陽を感じることから、
宇宙を観じることを。

人類が、太陽を感じるようになり、
宇宙の周期を観じ、
高次元の新しい時間に、旅立つことを、
願い、祈ります。

             2009年7月
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase