ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
THUFRISATSUNMONTUEWED

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 233  共振の月(7)10:13:05 (2013年1月16日)
タイトル 大本の神示と世界の将来 〜人類への予言と警告〜 講師: 出口
内容 1月6日に、出口王仁三郎 の番組の紹介を書いた時に、

後半で名前を出した、出口眞人さんが、
新橋で講演されるとのことなので、
先ほど電話でお話し 、
急遽、東京の行くことにしました。

よかったら、ご一緒に。

----

出口眞人さんがお話をする「大本公開講座」

 「人類への預言と警告」とのことで、私達は何を目指し、どこへ向かって
いったら良いのか・・大切なお話を届けに、亀岡から新橋に参じます!
神あるいは天の「意」と【繋がる】ことができるかもしれません。
”興味深くて飽きない!”と人気の眞人さんの講話です。

☆お申込み、お問い合わせ等は、下記「大本東京本部」または
私まで、ご連絡ください。
出口倫子(携帯)080-1204-8487 / ruby1120@docomo.ne.jp

日時: 1月16日(水)19:00 開会→講座(90分)→20:30 閉会
講題: 大本の神示と世界の将来 〜人類への予言と警告〜
講師: 出口眞人
参加費: 1,000円
会場: 航空会館(東京都港区新橋 1-18-1)
〒105-0004 東京都港区新橋1−18−1
JR新橋駅日比谷口(機関車のある出口)徒歩約5〜6分
地下鉄新橋駅7番出口 東京メトロ銀座線/都営浅草線
地下鉄内幸町駅A2出口 都営三田線

◆主催: 問合せ 大本東京本部・東京宣教センター◆
〒110-0008 東京都台東区池之端 2−1−44
TEL: 03-3821-3701 Mail : tokyohonbu@oomoto.or.jp

--------


On 2013/01/06, at 7:45, HIROHIDE YANASE wrote:

今日、NHK で、
「大本教 民衆は何を求めたのか〜出口なお・王仁三郎」
という番組があります。

www.nhk.or.jp/nihonjin/schedule/0106.html

大本教の開祖・出口なおは、 近代化のなかで疎外された民衆の声を「お筆先」で表し、「立て替え」「立て直し」と呼ばれる独自の終末観を唱えた。



また、今日は朝から、
和良久、という武道の稽古をします。
大本教の言霊学から生まれた武道です。

創始者の前田さんが、南箱根ダイヤランドまで来てくれます。

9.11 の時に、一緒にいました。

その後、2003年9月11日 中秋の日
「京都、満月祭り 梅若六郎 平和祈願の薪神事能」を平安神宮で行なった時、
前年、ニューヨークの9,11のグランド・ゼロで鎮魂され、封印されていた創作能「祈り」と
神を演ずるのではなく、神を降ろす「翁」を梅若六郎さんにお願いし、
その前に、前田さんに、和良久の演武をお願いしました。
大阪方面は雷、稲光。真っ暗な空に、天空が丸く光で開け、その端に満月が出ていました。


また、前田さんの
2012年12月21日 の講演会「初詣の 願いを 祈りに」の映像が見れます。 
http://inori-no-kuni.com/2013/20121221.html







先ほどの番組を教えてくれた出口倫子さんの
「柳瀬さん、深いご縁のある方ですからね!」

というメールの言葉に、
自分の書いたものを検索するのも、不思議な感覚ですが、

「出口王仁三郎 柳瀬宏秀」 で、検索すると
google で 2千件以上出てきました。
5番目に
自分のブログに書いたことが・・・・
http://cosmic-diary-internet.com/member3/diary_detail/10664/


倫子さんが、書いてくれた深い縁のひとつです。




一昨年の4月11日、震災から1ヵ月後のブログです。

================================
KIN 108  惑星の月(8)07:34:40 (2011年4月11日)
タイトル京都から戻ると1通の手紙が届いていました
================================

京都で、宗教学が専門の京都府立医大の棚次教授と「祈り」について

3時間ほど、語り合い、

夜の平安神宮で、観桜の集いを持ち、11人の中に神職の方もいたので

正式の祝詞もあげ、祈りの時間を2度、持ちました。



一昨日、京都から戻ると1通の手紙が届いていました。




柳瀬宏秀様

前略御免下さい

救世の御神業御奉仕誠に御苦労様に存じます

長い間度々に新刊を恵送賜り有難く拝読致し居ります

お礼状を思乍一度も差し上げず御無礼お許し下さい   

私は大正二年生、昭和六年八月亀岡の大本に行き出口王仁三郎聖師の教を学び

ました。国賊の汚名や地上から消される事等も、大本事件が日本の型で

在る事等聞いた事が其通実現しました。晩年手造りされた楽茶わん

(7,200)ヶの尊さも窯元の佐々木松楽さんより承りました。それに拠ると

ミロクの世の御神体としてお造りなられた尊い神宝で在る事を学びました。

出口聖師様が晩年地上に残された最後の神宝(弥勒の世の御神体)を

一人でも多く世の人にお取次さして頂き度く念願し、出口聖師のお作品展

を開催さして頂きました。十年位前より耀わん(楽茶わん)展にて開催

御奉仕昨年十月宮津市で四十八回目を開催。今年三月大阪市生国魂神社で

御奉仕さして頂き御神徳に浴し勿体無い程に御守護感謝致し居ります。

柳瀬先生に種々御厚意賜り乍御無礼のままで誠に申訳御座居ませんので

聖師様に頂いた「主の拇印」を謹呈さして頂きます

益々お元気で御神業に御活動お祈り申し上げます。

                             難波忠元 拝











という手紙に、出口聖師様 主ノ捺印 と書かれた 

指紋の拇印 が押された形紙が入っていました。

1948年に亡くなられていますから、63年以上前のものなのでしょう。

柳瀬には、貴重なもののように思えます。



4月18日に、その曾孫にあたる出口光さんと「祈りから 進化へ」

というテーマで、講演を一緒に行います。

(高次元の時間)シンクロニック・オーダーから観ると、偶然と思えません。



4日前にパーシモンホールの打ち合わせで、光さんと今回の主旨を確認しました。







Pray for Japan

今、世界は日本のために祈る、祈りの状態が生まれている。



でも、復興のための祈り が、今回は、三次元の復興だけに終わってはいけない。

神戸でも、多くの人の心が変わったはずなのに、

復興が終われば、元の利益追求が目的の競争社会に戻る。

それは、進化にならない。



(ex.今、被災地での、あるいはボランティアで行っている医療関係者は、

「医は仁術」そのもの (の働き、はたが楽になるために動く)の 状態だと思います。

復興がなったら、「医は算術」に戻るのでしょうか? )



「祈りから 進化へ」

「祈り」の心から、生き方が進化して行く時だと思います。

そして、「祈り」の心から、社会の構造を建て直して、社会を進化させるときだと思います。

つまり、進化に向けて、根本的な建て直しを

被災者でない1億2700万人以上の日本人が、まず、目指すときなのだと思います。



“艮の金神”の立て直し、「霊主体従」の神の世にするという意味、

あるいは、神の領域も含めた建替えを、

祈りの心から、生み出すことを伝え合いたいと思います。



それが、講演会「祈りから 進化へ」を行う意味です。

http://www.async.ne.jp/cosmic/j/











出口聖師様 主ノ捺印 を送ってくれた97歳の

難波さんとお会いしたのは一度だけです。

1998年3月1日、高熊山の岩窟の前でした。



その10日ほど前に、自由が丘に住んでいた頃ですが、近くの緑ヶ丘図書館で、

たまたま、出口王仁三郎の伝記と漫画の本を手に取り、

(今、70人ほどの人に教えたCosmic Reading)

Cosmic Reading で読むと、

10日程先の、三月一日が、出口王仁三郎が、帰神するための瞑想に入った日から、

ちょうど100年目のあたることがわかりました。

明治31年3月1日から、瞑想に入った、と書かれてありました。

柳瀬の誕生日が

昭和31年3月1日だったので、その日付が目に飛び込んできました。





朝、雨。

11時頃に出発して、高熊山のふもとに着いたら、完全に晴れていました。

そして、登っている途中で、正午のサイレンが鳴りました。

ふと、自分の生まれた時間が12時12分であることを思い出しました。



岩窟の前に着くと、一組グループがいて、「私たちは長いので、お先にどうぞ」と言われ、

「こちらも、長いので、どうぞ」と返事をして、

終わられた後、いわれのある井戸の水で作ったお茶と、ジュースを振舞っていただきました。

別れ際に、お礼がてら、

「先ほど、正式の祝詞を上げていただいていた時間の、ちょうど42年前に、

 実は、地球に生まれました」とお伝えすると、

先生と呼ばれていた御老人が、すくっと背筋を伸ばされ、リュックを下ろし、

その中から、桐箱を出されて、私は王仁三郎の直弟子です。

「今から、大本教の方に献上しようと思っていましたが、差し上げます。

 私からもらっても、ありがたくないかもしれませんが、あなたならこの意味がわかると思います」

と、桐箱に入った、難波さんがつくられた黒いお茶碗をいただきました。



柳瀬の人生でも、数少ない経験です。







それ以降、2-3年に一度、出口王仁三郎の耀わん展のご案内をいただいていました。

今、初めて難波さんの名前で、検索してみました。



耀わん展を今まで36回も開催して来られた難波忠元氏

http://onido.onisavulo.jp/modules/ond/index.php?content_id=83

耀わんの写真

http://www.aizenen.info/modules/az/index.php?content_id=8


==============================

その後も、様々なことがありますが、
書き出すと、本になってしまうので、
今日は、転載だけに。



          Universal love and in lak'ech!


柳瀬 宏秀

【KIN12 黄色い水晶の人】 
                 協力 捧げる 普遍化する   
                 自由意志 感化する 叡智




追伸


>1月16日には、新橋にて出口眞人さんの講演もあります。
>作品展、芙蓉先生も来られます!


出口眞人さんと、小林芙蓉さんが、一緒に修行されたことがある
と、3年前の大阪メキキでの講演の時に、眞人さんから聞き、知ることになりますが、

小林さんとは、阪神大震災のあと一緒に、鎮魂のために、神戸、淡路島に入りました。
美内すずえさんと3人だったように思います。
それ以前から、富士山によく、ご一緒に鎮魂に行きました。
長い縁です。 講演会「初詣の 願いを 祈りに」の小林さんの書のパフォーマンスの映像も見れます。  http://inori-no-kuni.com/2013/20121221.html





出口眞人さんとは、
突然、メールが来て、会いたいと言われたのが、
知り合うきっかけです。


そのメールの内容は、大本教の海外部長ですが、
眞人さん自身が、その年の7月25日にエルサレムで、
自分が司祭役として、
キリスト教、ユダヤ教、イスラム教と祭祀を行うことになった。
そのことを、合気道の佐々木将人さんに亀岡で話されたところ、
柳瀬の講演を聴いたことがある合気道の佐々木将人さんが、
7月25日は、時間をはずした日であり、http://cosmic-diary.jp/cn14/thedayoutoftime.html
柳瀬さんが世界中でその日に、祭りを呼びかけ、世界中で祭りが行なわれているマヤの特別な日だ。と知りました。
HPを拝見すると、出口王仁三郎が言ったこととそっくりなことが書かれている。
国連がはじめて行なう、世界宗教者会議にニューヨークに行く帰りに、
東京に寄るので、会いたい。
という内容でした。


その後、
国際連盟で、最初に討議されたのが改暦でした。
カレンダーが、平和や調和に関係しているということを直観的に分かっていた人が20世紀初頭にいたということです。
そのときに、コズミック・ダイアリーの中の28日周期に、ほぼ、改暦されそうだったのですが、
ヴァチカンの猛反撃で、改暦がつぶれます。
その時、出口王仁三郎が、カレンダーを国連に提案しています。
その内容を、眞人さんに調べてもらったことがあります。
そして、それが、20日18ヵ月のカレンダーであることを知りました。
それがマヤ暦であること。
そして、その本当の意味、三次元の時間ではなく、
最先端の物理学が言い始めた高次元の時間のカレンダーであることは、柳瀬以外、理解できていないと思います。
出口王仁三郎が、語るミロクの世の意味、建て直しと、完全にリンクしています。

参考 (出口王仁三郎について語っていませんが、今年、世界の学者やマヤ暦研究家に送ったメッセージの
    内容がわかれば、その意味がわかります)
    http://cosmic-diary.jp/cn12/wisdom.html
    http://cosmic-diary.jp/cn12/wisdom-maya.html





また、天神祭が、7月25日であり、
その日に、マヤ暦のホゼ・アグエイアスを来日させた時に、
眞人さんのご尽力によって、
天満宮での、神を枝に降ろし、神輿に乗せるという。
祀りの中心の儀式に、立ち会わせていただいたこともあります。


                   感謝  柳瀬宏秀



====================================




この2冊で、
   初詣の 願いを 祈りに の呼びかけから、進化と、祈りの関係がわかります。

『初詣の 願いを 祈りに』 柳瀬宏秀 著  2000円 送料300円

『願いを 祈りに』 7人の共著       2000円 送料300円
   小林 芙蓉、白鳥 哲、寺山 心一翁、中澤 英雄、船井 勝仁
   前田 比良聖、柳瀬 宏秀 以上7人の共著

お申し込は、環境意識コミュニケーション研究所に
  今、2冊、ご注文いただけると、送料込みで、2冊3500円でお送りします。
送り先、冊数、お電話、お名前を書いてお申込ください。
    cosmic-kin12@syd.odn.ne.jp
    TEL 055-974-3901 FAX 055-974-3877  

□講演会「初詣の 願いを 祈りに」http://inori-no-kuni.com/2013/20121221.html
 柳瀬宏秀講演「2013年 初詣の 願いを 祈りに」映像 (20分)
   http://youtu.be/xUh2hBOzuJA
 そして、しゃべり足りない部分を、ざっくばらんに1時間、
 スピリチュアTV生放送で語りました。
   http://bit.ly/Ufqfiy


2012年12月21日から、新しい進化の道を進むために、
以下のマヤの叡智を身につける書籍を、
「2冊以上購入の方は、2割引で」、提供させていただきます。

お名前、送り先、電話番号を書いて、
環境意識コミュニケーション研究所 に
お申込ください。
    cosmic-kin12@syd.odn.ne.jp
    TEL 055-974-3901 FAX 055-974-3877  

『マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013』2,800円
『手帳 コズミック・ダイアリー』文庫本サイズ 4,800円
『「マヤの叡智」の常識』           3,150円
『マヤの叡智と日本人の魂の融合』       2,000円  
『マヤン・ファクター新版』          1,785円
『2012年への進化 ホゼ・アグエイアス伝記』  2,940円 
(送料は、2冊で、350円)


マヤの預言とマヤの叡智を伝えるー柳瀬宏秀(54分)
12月21日 めぐろパーシモン大ホール 
  「2012年12月21日 マヤの預言とマヤの預言を伝える」より
   http://youtu.be/L0QCmm2GBMo

スピリチュアTV2012年12月21日マヤの預言を伝える(2時間)
 
http://www.youtube.com/watch?v=SzAMmf_YG0E

柳瀬宏秀 インタビュー(17分)
  http://youtu.be/6HMeMvZHyxI
  http://interviewers.jp/


■HP 「マヤの叡智 コズミック・ダイアリー」http://cosmic-diary.jp/
■Facebook       http://www.facebook.com/hirohide.yanase
■Facebook マヤの叡智 http://on.fb.me/OiaNNL
■Facebook 13の月の暦コズミック・ダイアリー http://on.fb.me/Ur2gg0

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□【講座「マヤの叡智」 他20の講座】
 詳細 http://cosmic-diary.jp/cn13/invisibleuniversity.html
 マヤの叡智に触れたい方は、その扉をたたいてください。
 
□□□□□□□□
環境意識コミュニケーション研究所 主催 特別講座「マヤの叡智」
東京 田町【日時】2013年1月20日    13時 
      http://cosmic-diary-internet.com/event_detail/561/
□□□□□□□
扉が叩かれ、開講することになった 講座「マヤの叡智」
刈谷市 愛知県 講座「マヤの叡智」【日時】2013年1月26日 13時
      http://cosmic-diary-internet.com/event_detail/557/
名古屋 講座「マヤの叡智」【日時】2013年1月27日 9時30分
      http://cosmic-diary-internet.com/event_detail/558/
□□□□□□□□□

第18回 COSMIC READING SEMINAR (柳瀬式速読を含む) 名古屋で開講
 【日時】first lesson 2013年2月3日
     http://cosmic-diary-internet.com/event_detail/564/

第19回 COSMIC READING SEMINAR (柳瀬式速読を含む) 東京で開講
  【日時】 first lesson 2月9日(土)13:00―19:00頃
      second lesson 2月17日(日)13:00―6:00頃
      third lesson 参加者で調整3月9日、10日あたり
     http://cosmic-diary-internet.com/event_detail/565/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■COSMIC PAN  ≪公開のメーリングリスト≫
http://groups.yahoo.co.jp/group/COSMICPAN
■COSMIC DIARY NEWS ≪メルマガ≫
http://www.mag2.com/m/0000143403.html
【柳瀬宏秀ブログ】 http://cosmic-diary-internet.com/member3/ 
【ツイッター】  http://twitter.com/H_Yanase
             http://twitter.com/#!/negaiwo_inorini

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□インターネット版コズミック・ダイアリー   (SNS)
    会員になると、すごい情報量の、世界の13の月の暦の情報、
      ホゼのメッセージにアクセスできます。ぜひ、会員に。   
       http://cosmic-diary-internet.com//
□携帯メルマガ
  今日の銀河の署名とキーワード、KINの書を毎日お知らせします。
 メルマガの無料登録   http://www.cosmicdiary.jp/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   環境意識コミュニケーション研究所 
419-0106静岡県田方郡函南町 南箱根ダイヤランド73-301     
   電話 055−974−3901FAX055−974−3877
    mail cosmic-human12@syd.odn.ne.jp 
             代表  柳瀬 宏秀

■「マヤの叡智 コズミック・ダイアリー」http://cosmic-diary.jp/
□ 祈りのくにづくり   http://inori-no-kuni.com/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase