ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
THUFRISATSUNMONTUEWED

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 94  スペクトルの月(16)06:58:43 (2013年5月17日)
タイトル 宇宙意識の仕事
内容 「はた」とは、環境です。周りの人です。
それを惑星全体に、さらに宇宙にまで広げ、さらに高次元の層も視野に入れます。

宇宙意識のための職業、あるいは、銀河と同期するための仕事。
日本語で「働く」は、
「はた」が楽になる=「はたらく」。という音。
そのために、「人」が「動く」。と書きます。
 
「平和活動家」という職業。

「教師」という職業。
この新しいパラダイムということ。来たるべき新しい世界ということ。そこで一新される新しい人間の状態ということについての知識を、知らない人達に教えていくことも大切だと思います。つねに、進化に導くために伝えていく仕事です。

「ヒーラー、癒しをする人」という職業
生活スタイルを変えることによって、自分から癒していくということを補助したり、あるいはいろいろなエクササイズなどを教えたりする。人がそれぞれ自分の体を管理できるように変えていく。そういうヒーラーです。
なぜなら今日、意識の層からやってくる、自分達が欲望と感じるものが、そもそも体に害をなすようなものを体に取り入れてしまったり、有害な行動を起こしてしまったりする原因だからです。
個人個人それぞれが、自分自身が最低限の治癒を起こすことができるヒーラーに開花していく。こういうことが必要になります。

「生体電磁気的治療を進化させる」仕事
産業化後期の時代が生んだ病気の治療に対して、化学療法や放射線療法は決め手とはなりません。むしろこれまでの治療法を根底からくつがえされて、人類を苦しめている、病気や疫病(ガンやエイズ)の原因が細胞にはないことがわかってくるでしょう。直接的な原因はむしろ、集合的な生体電磁気の場が根本的に遮断されてしまったことにあります。本当の生体電磁気的な治療を発達させることで治ります。
この電磁気的な回路の遮断は、私たちが有害なテクノロジー環境による様々な副作用に浸り、中毒になっていることの直接の結果です。したがって、その治療は、癒しの重要な要素としての、心の力、ライトボディのリアリティ、そして、人間に本来の備わっている共振性を生み出す、自然で、有機的な電磁気的な回路の回復が担うのです。

「ラブワーカー、愛の働き手」という仕事
このラブワーカーというのは、精神的な問題を抱えている方に対して働くのです。この精神的な問題を抱えている方々のそもそもの原因が何かというと、実は、自分の中にある愛に対する欠乏感、あるいは生い立ちなどにおいて愛情に恵まれなかったことに対する、リアクションとして、精神や気分が害されているのです。

「プラネタリー・アート・ワーカー、地球の芸術家」という仕事
これは人類の観点、生活、そして人類が暮らしている環境というものが、実はすべて芸術であるということ、いかに芸術的なバランスというものがその中に存在しているか。そのことに気づき、目に見える形で表現することが必要になります。

「アースワーカー、地球のために働く人」という職業
地球の環境問題を解決するために、可能なことを行う人が必要です。そのための方法を伝える人も必要です。自然時間を取り戻して、根本的な、環境意識をもたらす人も必要です。さらに、高次元の時間の叡智から、銀河と同期するための「叡智」を身につけ、実行する人が必要です。そして、すべての人がそうなるように、共振の科学を伝える方々が重要になります。

こういった人達がもっともっと増えていく必要があります。そしてこれら、今まで説明してきた新しいタイプの役割というものが、人類がこれから迎える世界にとって重要な仕事になると思います。



2013年以降の人類と、地球のイメージをつくろう
宇宙文化、宇宙文明は、「叡智」の認識と重ねると理解できます。
「叡智」とは、今の常識と違うから「叡智」。もっと、深い、あるいは高い視点からの認識があり、その「叡智」によって、人が進化できるから「叡智」なのです。
この宇宙的な観点と、まったく同じ意識を持っている状態に進化し、「叡智」というものに常にアクセスできる状態に進化するためには、人類はエゴを離れ、その宇宙的な法則とできるだけ同調していく必要があります。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase