ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
FRISATSUNMONTUEWEDTHU

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 171  磁気の月(8)06:27:17 (2013年8月2日)
タイトル 明日の大阪での集い、今日正午までのお申込です
内容 明日の大阪での
黄色い銀河の種の年 【黄色い人の日の昼の集い】8月3日、午後2時から5時まで
黄色い銀河の種の年 【黄色い人の日の夜会】8月3日 午後6時から9時まで
    http://cosmic-diary-internet.com/event/
マヤの叡智と、
銀河の同期についてのレクチャー、
簡単なグループセッションを、臨機応変にしようと思っています。

参考資料、「コズミック・ダイアリー2014」1章2章。「マヤの叡智の常識」
「暑気払い」に。
   【お申込は、今日12時までです。あと1−2名、可】



黄色い銀河の種の年
磁気の月 8日 です。



3つのキーワードを昨日説明した磁気の「目的」と同じように、
多次元的に観じます。

今日の銀河の音「月」

挑戦  極性を与える  安定させる
challenge  polarize  stabilize

「銀河の音」のキーワードを多次元的に観じる。
「月」のキーワードは、2元論、陰陽を表わしていることがわかると思います。

マヤの数字の2は、「・・」 二つの点で表わします。
「挑戦」には、相手がいります。二元論。
北極と南極に、2つの極性を与えます。
プラスとマイナス。

「陰陽」の関係がわかると、最後のキーワードもわかります。
対立するように見えるエネルギーが、銀河から見ると、地球の上で、
「陰陽」のように働いて、安定させることになる宇宙論。

目的を方向づける月は、生命の二元性をあらわす。
太陽の光を反射している月。
空に一筋の川の流れ、星々が形づくる川の流れ、
地球からみると、太陽と月は、ほぼ同じ大きさ。

月は太陽の光を受けて夜に輝き、
人に「陰陽」という二元性の関係を感じさせてくれる。
「陰陽」は対立ではなく、二つが組み合わされてひとつになっている。

月の働きは、二つに分ける(「極性を与える」)ことによってエネルギーを生み出す。

北極と南極という対の極を生み出す。
でも、宇宙から見ると、それは対立としてではなく北極から南極へ、
また、南極から北極へと、磁力の循環する安定したエネルギーの働きとして、とらえることができる。

月の日は、目に見えないエネルギーが醸成されていることを、
宇宙から感じてみよう。
「チャレンジ」という相手が会って生まれる力、
「新しいものに向かう心の力」は、新しい価値観、
新しい時代に向かうエネルギーを強める。
同じ地球から、ひとつの月を見ていることにかわりはない。
何億年の歴史の中での、生命としての大きな目的を感じてみたい。
What is my challenge?

13の「銀河の音」は、フラクタルで、多次元的な「時間の宇宙論」そのものを表しています。
13日周期であり、
13の月の周期であり、
13年の周期であり、
130年の周期であり、
13バクトゥン(5125年)の周期であり、
1万3000年の周期であり、
2万6000年の周期であり、
10万4000年の周期であり、
宇宙創造の構造・・・・というように
13の「銀河の音」を多次元的に感じられるようになると、
13の「銀河の音」から、時空間の構造を「観じ」始めます。

多次元的に、銀河の音を感じていくと、
宇宙まで行っても実は三次元なのですが、
次第に「銀河の音」の本質を感じ始めます。

つまり、三次元を超えた、
高次元の
「銀河の音の本質」を観じることができるようになります。

そうして、自然に、高次元の観点からものを「観る」ことができる、
高次元の本質からすべてを「観る」ことができる、
そんな新しい人間に進化していきます。

コンピューターにキーワードを打ち込むと、画面が出てくるように、
銀河の音を毎日辿ることによって、具体的に、毎日、
高次元の時間にチャネルを合わせることになります。

同時に、磁気から宇宙までの13の「銀河の音」を毎日辿っていきます。
コズミック・ダイアリーの各月の説明を通して読んでください。
そして、13の「銀河の音」の流れを、宇宙論として、
一度、とらえてみてください。



今日の太陽の紋章は「青い猿」

魔術  遊ぶ 幻想
magicplaysillusion
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase