ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
FRISATSUNMONTUEWEDTHU

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 198  月の月(7)08:40:20 (2013年8月29日)
タイトル 今日から、講師養成講座
内容 講師養成講座は、柳瀬が住んでいる函南町にある、
函南スプリングスカントリークラブ という
ゴルフ場にあるホテルで行います。http://www.kannamisprings-cc.jp/facility.html

2008年のホゼ・アグエイアス博士のヌースフィアのセミナーも、ここで行ないました。
「マヤの叡智の常識」を読まれた方は、
第12章  最高の結晶状態
「ホゼ・アグエイアス博士 ヌースフィア レクチャー 」3日間
を行ない、0.0.フナブ・ク セレモニー を行なった場所です。






先日の満月の日、朝の柳瀬先生からのメールに
「今日は月だけでなく、太陽や惑星も観じてみましょう」と
あったことを、夕方実家へ子どもを迎えに行く途中
一本道の向こうの山に、傾きかける太陽を見て
思い出しました。

太陽は地平線や水平線ではなく、まだ山の上でしたので
東側の月は、まだ現れてきていないな〜と思いつつ
この日地球で感じる、最後の太陽の光を浴びながら
歩きました。
真正面から銀色の剣のような、強いまばゆい光が
降り注いでいます。
太陽光に包まれて、至福感を感じる人は多いと思いますが、
それは例え今、どんなに辛い状態だったとしても、
悲しみにくれていたとしても、私たちの細胞のどこかで
この光だけは見捨てることなく、平等に降り注ぎ
包んでくれることを知っているからだと思います。
喜びの中では、なおさらの祝福を感じることもできます。

私たちは、太陽の光のおかげで生かされています。
月や、他の無数の星たちが光輝いて見えるのも
太陽のおかげです。
太陽のおかげで、月の満ち欠けがわかり、
そのおかげで、植物がいつ芽をだすのか、出産が
いつ起きるのかなど、何がいつ頃おこり
どうなるのかが、占いとして予測するのではなく
あたり前のこととして、誰もが知っていた時代…
楽しみながら、生きていく中に取り入れられていた時代…
すべての惑星がそれぞれの役割りを果たし、協力していることに
気づいていた時代…

今、街中でほんのわずかな隙間から見える、空に
浮かぶ太陽や月を見ていても観じることが
できるのだから、太古の時代、高層ビルや
真夜中でも消えない電光などののまったくない
だだっ広い大地で、太陽や月や星々の存在を
もっともっと身近に強くはっきりと、観じることができた
人々は、無条件の愛に生かされていることを知り、
おかげさまに感謝し、無理のない自然な流れで
生きていたのだと思います。

「マヤの叡智」の講座を受けると、太陽の光を
浴びながら数分歩くだけで、こんなことを観じるようになるのです。
以前なら、「あ〜気持ちいいなぁ」
下手すると、「暑いなぁ〜また日焼けしちゃう」なんて
思うだけだったかも知れません。
周りにあるもの、目にするものは、偶然ではなく、何かしら
私たちに知ってもらおうと、気づいてもらおうとせいいっぱい
伝えてきているような気がします。

私たちは絵画や音楽や、本を読んで何かを感じることができるように
宇宙が描き創造した、地球という創造物をも感じる事ができるはず。
丁寧にそれらを観じることができるようになると(思い出すと?)
私たち一人一人が、あの太陽と同じような強い光の存在で
あることができるような…
強いというより「深い」という感じでしょうか。
愛が深く、穏やかで、謙虚だけれども意志が強く
満ち溢れた感じ…
そうなった時に、一人一人が太陽のような役割りを
することになるのでは。
自然とそこには、平安が…

「マヤの叡智」で学んだことが、コズミックダイアリーを
使うことで、体感でき、すとんと自分の中に納得いく形で
おりてくるように思います。
知ったからには、この感覚を、まだ体感していない人に
お伝えしていかなければいけないなと感じます。
古代マヤのスピリットが、太陽の光を通して、今こそ私たちに
切望している気がするのです。

KIN61 赤い太陽の竜



世界から時計が消えたなら、私達の生活は、どう変わるのだろう。

例えば、日が昇ったから、朝が来たと思い、
日が沈んだから、仕事を止め…、

現代社会の様に、
目覚ましが6時になったから、目を覚ますのではなく、時計の針が正午を指すから、昼御飯を食べるのではなく、日付が変わったから、布団に入るのではなくなるのかなと思った。

時を測る人工的な機械が消えただけで、
時間は消えない。

ウィキペディアに
人類にとって、もともとは太陽や月の動きが時間そのものであった。とあった。

変化を認識する物差し・概念が
機械仕掛けの時計なのか
太陽や地球のバイオリズム・オーガニックオーダー・時間なのか、
の違いは大きい。


「何に合わせて、私達は生活をしているのか」

人類はテクノロジーを使い、全てを人工化・機械化したかったのだろうか。
人工機械人間になっていないだろうか。人工機械地球なんて面白いのだろうか。
「世界から時計が消えたなら」の次は
「世界から機械仕掛けの時間が消えたなら」
を想像してみたい。

KIN33赤い共振の空歩く者



柳瀬先生、みなさまへ、
               KIN196黄色い磁気の戦士 


本から学んで、理解したつもりでいても
いざ、自分の言葉で、整理して語るのは、なかなか難しいものと
実感しています。
また、うわべの話をしても、
話面白みに欠けるし
人には、本質が伝わらないと、思います。
自分が、五感やそれ以上のもので
感動したことを、リアルに語る必要性を実感しています。

コズミックダイアリーに、大きく魅せられ
ここには、何かがあると直感しています。
地球環境問題に、自らアクションを起こす時に
おおいに役立ちそうに思えました。
”時間はオーガニックオーダー”という魅惑的なキャッチフレーズを
いかに、人に、うまく伝えるか。
その方法を知りたくて、今回のセミナーの受講を決めました。
根が真面目?な私は、頭を抱え、悪戦苦闘でした。
しかし、毎日、こうして、時間がオーガニックオーダーであることを
意識していると、少しずつ分かってきます。

朝日を浴びることにより、身体も心も、あたらしく甦る感覚が起こります。
美しい光を楽しむこと
朝の澄み切った空気を思いっきり吸うこと
これは、早起きのご褒美です。
鳥たちの囀りが、生命の歓びにあふれ
木々の緑も、みずみずしく息づいています。
太陽の脈動を、たしかに感じます。
命の根源が、太陽にあることを感じます。
身体の中では、セロトニンというホルモンが分泌されます。
これは、鬱病の特効薬です。
人の生理的なメカニズムも、オーガニックオーダーです。

70億の地球人を乗せて大航海する地球船。
その地球船の安全航海があるからこそ
私たちは、平和で幸せな毎日を過ごせます。
太陽と地球の、奇跡的な位置関係により
私たちは太陽から、光や熱というエネルギーの
恵みを受けることができます。

太陽は、いのちの根源。
太古の人びとは、それを本能的に知っていて
それが太陽礼拝、太陽信仰になりました。

現代人は、人工的に太陽の代わりをする
機械を発明することにより(果ては原発)
自分達の能力を過信して、盲目になってしまいました。
太陽に対する畏怖の念、感謝が薄れてしまいました。

私も頭でっかちの人類の一人でした。
コズミックダイアリーをつけることにより
宇宙のダイナミズムを知る人になりたいと思っています。


みなさん、はじめまして。

KIN51 青い水晶の猿

昨年、鹿児島に行き、ホテルの露天風呂から朝日を見ようとしました。
私は名古屋に住んでいますが、
名古屋の日の出時刻に合わせて露天風呂で待っていたところ、
待てど暮らせど朝日が現れません。

その時にようやく気が付きました。
名古屋と鹿児島では、日の出や日の入りに時間差があるということに。

地球は、自転しながら、 太陽の周りを回って(公転して)います。
太陽の反対側にあるときは夜で、太陽と正対しているときが昼です。
太陽の反対側から自転して、太陽の方へ向かうと、日の出を迎えます。

日本の中でも東から西に順に日の出を迎えます。
北海道の東端から少しずつ日本全体が姿を現す光景が目に浮かびます。

露天風呂の中でふやけながらも、オーガニック・オーダーを観じることができました。



柳瀬先生
みなさま

おはようございます!

先日の懇親会で、コズミック・リーディングを受講後、しっかりと宇宙と同期して『無』からの創造をされている方のお話を伺うことができ、確実に進化したい!と強く思いました。

キラキラ輝いた瞳の・・さんの笑顔が素敵でした。
講師養成講座を受講する前に、輝きを放つ・・さんとお逢いできた事は、とても大きな刺激になりました。

素敵な時間を過ごさせていただき、本当にありがとうございました!!

KIN194白い水晶の魔法使い
【協力・捧げる・普遍化する 永遠・魅惑する・受容性】
今日の気づき

今年の4月末に柳瀬先生の個人セッションを受けました。
その後13日以内に意識の変化が起こり、同時に螺旋状に目の前の現実に変化が起こり初めました。

セッションの数時間後に、
今の環境を変える為、KIN121水晶の月の15日にあたる6月13日に引っ越す!と表明しました。
そして先生にアドバイスいただいた日に不動産屋に行って、希望通りの部屋が驚くほどすぐに見つかりました。

以前住んでいた家の周りはマンションに囲まれ、部屋のベランダから日の出は観る事ができませんでした。
なので新居の希望は、日の出が部屋から観ることができる事、氏神様に近い事でした。

今、この部屋の窓のカーテンを開けると、東の方向の数メートル先に実家をみる事ができ、そのすぐ横から日の出をみる事ができます。
空の色と一緒、赤から黄色に色がだんだん変化するお天道様に『生かしていただいてありがとうございます』と数回お祈りした後は、実家に向かいご先祖様や両親に感謝し、今日という新しい一日を迎えられる今この瞬間を心穏やかに迎えられる事に感謝しています。

沈む夕日にも、感謝の気持ちが自然に湧き上がってきます。

たまに太陽の波動がとても暖かく、訳もなく涙が溢れる時があります。
それが、叡智、宇宙の愛に触れている瞬間ではないかと最近感じています。


『一輪の花を観て宇宙を感じる』

全てが関連して宇宙の有機的な秩序のリズムの中で生かされていて、
意識は永遠であり、
観るものすべてが宇宙からのメッセージであり、
一粒の砂も、一輪の花も、みんな同じで宇宙の一要素に過ぎない事に気がつきました。

KIN198 白い電気の鏡




こんにちは。
KIN19 青い律動の嵐
 自己発生 触発する エネルギー
 平等 組織する つり合わせる

7つの習慣の中の「虹の橋の瞑想」が、最近、気持ちよくて仕方がないです^^

この瞑想のことを知ったときは、「自分以外のネガティヴなものを吸い込むなんて
恐ろしいこと(受けやすい体質です)したくない〜」と思いました。

でも、すべてがつながっていて、わたしたちはひとつだととらえると・・・

「植物が二酸化炭素を取り込んで、酸素に変えて放出するのと同じ」と柳瀬先生が
おっしゃる通り、私も、地球やみんなへの恩返しとして、まわりや自分の中に生じた
ネガティヴなものを、光に変えて出したらいいんだ! と、今は思います。

今年になって柳瀬先生と出逢い、コズミックダイアリーや7つの習慣について再度学び、

「宇宙の目的⇒自分の目的は」を観じ、考え、

自分という「個」が持っている(と思い込んでいる)「我(エゴ)」の枠を取り払うべく
いろいろな場を通して学ばせていただき、

ネガティヴなエネルギーを怖がるのではなく、大いなる存在の一部であるわたしとして、
虹の橋の瞑想を、喜んでできるようになれました。




=========================================
東京で、講座「マヤの叡智」開講    この進化の時に、再受講も、お薦めします。
 9月2日  きゅりあん 大井町
        http://cosmic-diary-internet.com/event_detail/604/
   内容詳細 http://cosmic-diary.jp/cn13/invisibleuniversity.html

=========================================
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase