ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
FRISATSUNMONTUEWEDTHU

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 207  月の月(16)21:00:42 (2013年9月7日)
タイトル 9.11 を前に、平和への祈りを 多次元的に、認識し、高次元
内容
9.11を前に、平和への思いをもち、平和への祈りをもとう。
多次元的に、認識し、高次元からの、叡智を身につける機会とし、
表面的な言説に意識をあわせる事を拒否してほしい。


多次元的に観て、
アメリカの政府ではない、経済を動かしている力が、10年ごとに大きな戦争を起こしたいのを、
視野に入れてほしい。

• 1941年12月-1945年8月、太平洋戦争(第二次世界大戦の米日戦争)。
• 1950年6月-1953年7月、朝鮮戦争。
• 1961年11月-1973年3月、ベトナム戦争。
• 1970年4月-1970年6月、カンボジア侵攻。アメリカ軍(ニクソン大統領・共和党)は、南ベトナム民族解放戦線、北ベトナム軍の補給路を遮断するためカンボジアに侵攻した。
• 1971年2月-1971年6月、ラオス侵攻。アメリカ軍(ニクソン大統領・共和党)は、南ベトナム民族解放戦線、北ベトナム軍の補給路を遮断するためラオスに侵攻した。
• 1982年8月-1984年2月、1982年-1984年のレバノン派兵。
• 1991年1月-1991年3月、湾岸戦争。
• 2001年2月、イラク空爆。アメリカ軍(ブッシュ大統領・共和党)は、湾岸戦争の停戦条件で規定されたイラクの大量破壊兵器廃棄義務に対する違反行為の疑いを理由として空爆を行った。

2001年9月11日 9.11

• 2001年10月 -(2007年6月現在継続中)、アフガニスタン戦争。タリバーン政権を打倒した。
• 2003年3月 -(2007年6月現在継続中)、イラク戦争。フセイン政権を打倒した。

そして、2013年。



平和は、心の中の問題

平和は、心の中の問題であるといういうこと。
いくら安全のため、護身のためといっても、
刀を身に着け、銃を持っていれば、戦いの危険性は高まります。
銃を持つということが、心の中で、平和の準備ではなく、
戦いの準備を始める事になるのだから。

武力を持つものは戦いを求め、
兵器を仕事として作るものは、戦争が起こることをシュミレーションし始めます。
10年ごとに戦争を起すような構造を作り上げることになってしまいます。
あなたが、アメリカの陸軍や空軍に勤め、
あるいはアメリカで兵器を作る仕事に従事したら、
最高の兵器を作ろうとしないでしょうか? 
最高の兵器とは?  最高の軍隊とは?

兵器を持つという事は、
心の中に、
戦争を生み出すためのマトリックスを作り上げざるを得ないのです。



『9・11 
   人類が、正義という呪縛から
   解き放たれるために』  柳瀬宏秀 著



「シリア情勢をめぐる報道についての要望書」
を読みました。
http://kaze.fm/wordpress/?p=489

9月3日、シリア情勢をめぐる報道について、「平和への結集」をめざす市民の風として朝日新聞と毎日新聞に要望に伺いました。以下は毎日新聞あての要望書です。

毎日新聞外信部御中

2013年9月3日
 シリア情勢をめぐる報道について面会で要望をさせていただきたいので、ご検討をよろしくお願いします。

 米国によるシリア軍事介入の「開戦日時」(2日付毎日一面トップ「シリア攻撃 9日以降」)を何の躊躇・批判もなくメディアが「報道」する神経はいかがなものでしょうか。米国議会が9日以降に米大統領の提案を審議すると報じれば済むはずです。米国の軍事介入を当然と認識しているのではありませんか。

 朝日新聞と毎日新聞は奇しくも米国によるシリア攻撃に関して「その時日本は」という文句を含む見出しの記事を書いています。米国の軍事介入を当然の前提として、単に米政府の開戦プロセスをひたすら解説し、「その時」の日本の対応を日本政府になり代わって解説するというもので、攻撃を受けるシリア国民がまったく不在です。「その前に日本」が何をなすべきかについて読者に判断の材料を与える内容になっていません。

         ■

 シリアにおける8月21日の「化学兵器攻撃」疑惑について、AP通信などに記事を書いてきたベテラン中東記者のデイル・ガヴラク氏が、ダマスカス郊外ゴウタ地区の住民や、反政府軍兵士とその家族などに数多くインタビューしたところ、反政府軍兵士が化学兵器と知らずに誤爆させたとの証言を引き出しています。

「シリア化学兵器攻撃」は反政府軍による誤爆で、化学兵器はサウジが提供――中東専門記者が現地住民にインタビュー
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/373646407.html

 CNNは2012年12月9日付の記事「米国が貯蔵化学兵器の確保でシリア反乱軍の訓練を支援」で、米国と欧州の同盟国がヨルダンとトルコで軍事請負会社を使って、シリアにおける貯蔵化学兵器の確保方法について、シリア反乱軍を訓練していると伝えています。

Sources: U.S. helping underwrite Syrian rebel training on securing chemical weapons – CNN Security Clearance - CNN.com Blogs
http://security.blogs.cnn.com/2012/12/09/sources-defense-contractors-training-syrian-rebels-in-chemical-weapons/

 アサド政権だけが化学兵器攻撃の責任を持つわけでないことを示す報道があるにもかかわらず、日本のメディアは一切伝えません。メディアは少なくとも、米国による軍事介入の前に、ガヴラク氏が引き出した証言が真実であるのかどうか、検証する責務が生じたといえます。(国連調査団の目的が化学兵器攻撃の実行者を特定することでないことはご存知でしょう。)


         ■

日本のメディアがよく引用するニューヨーク・タイムズほかが数多くこの種の記事を書いていますが、日本のメディアは引用しないのです。海外での調査体制に問題があるとしても、海外メディアを引用することはできるはずです。

「CIAの支援によりシリア反政府軍への武器空輸が拡大」
Arms Airlift to Syrian Rebels Expands, With C.I.A. Aid - NYTimes.com
http://www.nytimes.com/2013/03/25/world/middleeast/arms-airlift-to-syrian-rebels-expands-with-cia-aid.html?pagewanted=all&_r=1&

「米国および欧州がザグレブ経由でのシリア反乱軍に対する武器の大規模空輸に関与」
US and Europe in ‘major airlift of arms to Syrian rebels through Zagreb’ - Telegraph
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/middleeast/syria/9918785/US-and-Europe-in-major-airlift-of-arms-to-Syrian-rebels-through-Zagreb.html

 英国が過去2年間にわたってシリアに化学兵器の原料となるフッ化ナトリウムを輸出してきたことも問題にされなければなりません。(英国議会報告書、2013年7月18日付フィガロ)

Londres vend des armes à la Syrie
http://www.lefigaro.fr/international/2013/07/18/01003-20130718ARTFIG00482-londres-vend-des-armes-a-la-syrie.php

 また、シリアの首都ダマスカス近郊ジョバルでサリンが使用されたとフランスが公式に認めた6月4日の前に、なぜフランスが抗サリン薬を自由シリア軍が支配する対トルコ国境のバブアルハワに輸送したのかも、追求されてしかるべきでしょう。(2013年6月24日付フィガロ)

Un camion de médicaments français contre le gaz sarin
http://www.lefigaro.fr/international/2013/06/24/01003-20130624ARTFIG00573-un-camion-de-medicaments-francais-contre-le-gaz-sarin.php

 さらに、8月28日付フィガロ・ブログが、西側外交筋の話として、米国当局者が国連に対して化学兵器調査団の活動を延長しない方がよい、と伝えたと書いています。この問題もメディアは追求すべきです。

Syrie: les Américains ont demandé à l’ONU de ne pas poursuivre sa mission − De Bagdad à Jérusalem : L’Orient indiscret
http://blog.lefigaro.fr/malbrunot/2013/08/syrie-les-americains-ont-deman.html

 8月29日付ガーディアンは、予定よりも早い国連武器調査団の出国は、米国のサダム・フセイン体制に対する空爆が差し迫っているという西側諜報当局の情報を受けて、10年以上前にイラクから同様に急いで出国したことを想起させる、と書いています。まさにその通りです。

UN orders its inspectors out of Syria in anticipation of strikes | World news | The Guardian
http://www.theguardian.com/world/2013/aug/29/un-inspectors-syria-strikes

 8月27日付ガーディアン記事「シリアに対する攻撃は戦争と殺戮を拡大するだけだろう」で、Seumas Milne氏は明確に軍事介入に反対しています。このような論調が29日の英国議会による軍事介入否決につながったと考えます。日本のメディアに求められるのもまさにこれです。

An attack on Syria will only spread the war and killing | Seumas Milne | Comment is free | The Guardian
http://www.theguardian.com/commentisfree/2013/aug/27/attack-syria-chemical-weapon-escalate-backlash

        ■
シリア情勢をめぐる報道では、海外のメディアと日本のメディアで明らかに落差があり、日本のメディアは本来の使命を果たしているとは思えません。日本政府をして軍事介入への「支持表明」に向かわせる世論作りに貢献しているように見えてしまいます。

=======================

柳瀬は、

メディアと、外交官、軍事関係者が、もっと、プロである事を望みます。

そして、
国民は、平和を望み、戦争が起きないように、祈り、行動する事を望みます。




「人類が、正義という呪縛から、いっせいに解き放たれるために」
                       2001年秋     

9.11の犠牲者とそのまわりの人の悲しみ、
苦しみ、
焦燥感、
生命としての危機感、
それを深く感じるところから、改めて哀悼の意を表したいと思います。

それと、同時に、仕組まれたシステムの中で、
このままではその何倍もの、
何十倍もの、犠牲者の出現を、感じることから、・・・
戦争をとめたいという「思い」と「意志」をもち始めました。

平和のために、テロを撲滅する。ということと、
報復する。ということの間に、
行動としては同じ方向に見えても、
心の動きとしては、大きな隔たりがあることを感じます。

平和への、生命のための、「思い」と、
生命を破壊するための思いと、
その違いを感じること。

それは、報復の感情が、
平和のためのテロの撲滅という目的から、
はるかに超えてしまっていくこと。
報復は正義の名のもとに、
殺戮となっていくことを見据えたいと思います。

兵器を作り、軍備を配備し、
戦いのシュミレーションを準備している「心」は、
こういう機会に、
一気に、「報復」ということばと、「正義」とを結びつけ、
自動的に、憎しみと殺戮を準備し始める。

その心が、戦争を生み出す。

どうして、報復、仕返し、という感情を、正当なこととして、
正義として人類が培ってきたのか?

この心の傾向を、二十一世紀、新たな形で、直視し、
乗り越える、必要があると考えます。

自爆テロは、まさに、正義だからできることです。
正義と正義の闘い。

そのために、何をしてもいいという正義という呪縛からの解放を、
いっせいに、目指したいと思います。

戦争が起こる、それをとめることは、難しいとわかっていても、
間に合う、間に合わないということを越えて、
今、思いをもつこと。
思いをもって動くことから、
人類が培ってきた、戦争の、報復の、
システムから、解き放たれる可能性に向けて、
そして、この戦争が、奇跡によって、
報復ではなく平和を目的として
収束することに向けて、
何ができるかを考え、さらなる平和への
共振の波を生み出すことが、重要な目的です。

そこに、二十一世紀の人類の課題を見い出します。
どう乗り越えていくのか。
それは、理屈ではなく、もっと、生命の本質にたち帰る。
人類が、進化する可能性が、試されているのだと思います。



アメリカ合衆国大統領
バラク・フセイン・オバマ は、
戦争を起こすことによって利益を得る人々の力に屈する事なく、
プラハにおける演説 を思い出して欲しい!!


人類の運命は、私たちが作りあげるものです。


ここ、プラハで、
よりよき未来に到達することによって、
われわれの過去を名誉あるものとしましょう。
われわれの分断に橋を架けましょう、
われわれの希望を築きましょう、

そしていま我々が見るよりもより繁栄し、
より平和な世界に、旅立つ責任を受け入れましょう。


『9・11 
   人類が、正義という呪縛から
   解き放たれるために』  柳瀬宏秀 著 より、




On 2013/08/15, at 10:31, HIROHIDE YANASE wrote:


    
   人類が、正義という呪縛から
   解き放たれるために




正義のために、何をしても正しいと思っていませんか ?

どうして、報復、仕返し、という感情を、正当なこととして、
正義として人類が培ってきたのか?

この心の傾向を、二十一世紀、新たな形で、直視し、
乗り越える、必要があると考えます。

戦争におけるすべての殺人行為は、まさに、正義のためだと言う思い込みがあるからできることです。
正義と正義の闘いが、戦争を生み出す。

そのために、何をしてもいいという正義という呪縛からの解放を、
いっせいに、目指したいと思います。


           柳瀬 宏秀






8月15日、終戦記念日。






日本の英霊の鎮魂を祈るとともに、
中国でなくなられた多くの中国人、
アジアの各国の人々の魂の鎮魂のために
祈りたいと思います。

さらに、時を同じく犠牲になったロシアの、
ポーランドの、ヨーロッパの人々の魂の鎮魂を
祈りたいと思う。



戦争を体験していない世代にとっては、
大量の犠牲者の持つ意味が感じられないかもしれない。

1995年の阪神淡路大震災で、6000人以上の方が亡くなった。
2011年3月1日 東日本大震災による死者・行方不明者は18,550人 。

身近な人の死や、一瞬に変わった様相、三次元上の悲劇だけでなく、
大量の死というものがもたらす、さまざまな現象を四次元以上のレベルでも、
認知した方はいるかもしれない。



日本人は、第二次世界大戦で、
軍人250万人と民間人60万人、310万人の命が
失われたと伝えられています。

8月15日は、その鎮魂の日としてあるのだと思います。



6日の広島、
9日の長崎、
そして8月15日。

さまざまな思いの中で亡くなられた人をしのび、
その犠牲の上に今の日本の繁栄があるのを感じることを
しっかりと心に刻む日だと思います。






第二次世界大戦で、中国人が、何人犠牲になったか知っていますか?






日本人だけが死んだのではないことは自明の事です。

われわれ日本人に、命を奪われた人々の思いや悲しみも感じ、
その人々の魂を、戦死した日本人の魂以上に、
われわれが鎮魂しなければならないのだと思います。



=======================
靖国神社への日本の首相の祈りに欠けているのは、
この思い、この祈りです。
=======================


祈りは、「意」「乗り」。

多くの人が、神が、その思い、願い、祈りに同調できるから、
祈りなのです。

日本の首相の、あるいは、歴代の首相の「祈り」が
「祈り」にならないのは、
中国の人が、アジアの人が、世界中の人が、同じ思いになれないからです。

日本人が、戦争で犠牲になった中国の多くの方々の鎮魂を祈ること。
アジアの多くの方々の鎮魂を祈ること。
それが、今までの日本の首相の終戦記念日の祈りに欠けていたものです。




今、ここから、

日本のために戦った英霊の鎮魂とともに、その英霊の犠牲となった多くの人々、
中国人、朝鮮人、アジアの各国の人々、・・・・アメリカ人、
人種を超えて、人類の過ちによって、一気に命を失った人々の魂に、
わずかな安らぎを与えることができるように、
鎮魂の祈りをともに、捧げたいと思います。



中国は資料がなく正確な犠牲者数は判然としないが
千五百万人とも、二千万人との報告もある
日本との戦争で広い中国が戦場となったためである。





310万人の日本人の魂に思いを馳せる事も大変です。

おそらく1500万人の中国人の命が失われた事を知り、
そのひとつひとつを贖うことなど不可能に近いことながら、
1500万もの魂が失われた大地に、今も生きる人々が、
その時に感じたことを感じることはできるはずです。
三次元的な現象だけでなく、心に及ぼした影響に、
少し、思いを馳せたいと思います。




敏感な人は、阪神大震災からも、多くのことを感じたでしょう。
いまだに、精神的な障害に苦しんでいる方もいます。




あの1000倍以上の
なんらかのエネルギーの変化があったことを、
そして、その多くが日本人によって
引き起こされたということも感じるべきだと思います。


1500万人の血が流された大地に、
今、生きているわけですから、
流された大地から、血が浮き上がってくるような、
そんな思いを、
中国の人が感じるような、ことをどうしてするのでしょうか?





============================
日本の首相が、日本人の英霊のために祈るのも重要です。
しかし、今、中国人の犠牲者のために、
祈ることを忘れているように見受けられます。

そして、世界の犠牲者に対して、鎮魂の思いをもつこと。
日本の首相は、それを表現し、伝える事が重要なのだと思います。
============================

日本人の英霊、あるいは犠牲者のために祈る
元首相を非難する気はありません。
同時に、中国人の犠牲者のために、
さらに、ポーランドの、ロシアの犠牲者のために、
こころを尽くして祈る姿を見せて欲しい。
そう願うだけです。

すべての日本の首相に。
そして、すべての人に。






===================
「平和に生きる」とは一つの選択です。
===================

平和になるため必要なのは本当のマインドの本質を自覚することです。



平和のエッセンスは私たちの心にあります。
心の根本的な本質はエゴがないということです。
本当の平和とはエゴがないことです。
木はエゴを持っていませんし、星もまたそうです。
空間もエゴを持っていません。
つまり、宇宙に内在する本質とは平和です。
このことはまた、コズミック(宇宙的)な意識とはエゴがないことであり、
平和は高次元におけるダイナミックな状態を意味しています。
なぜ、我々はこのことを知らないのでしょう。
何故、我々は平和でないのでしょうか?
理由は簡単です。エゴのせいです。

                  ホゼ・アグエイアス















最終章

正義への思い込み を溶かす


正義の認識

正義が対立する。
つまり、
どちらの正義も、正しいのではなく、
集合的なエゴの生み出したもの。

人側の正義は、エゴでしかない。




「所有」という概念。
自分のものを守るのは、正義だ。

歴史の中で、人類は、正義のために、人を殺し、
正義のために戦争を起こしてきた。

まず、正義への思い込みを溶かして欲しい。






すべての人、いや、人を超えて、宇宙にとっての正義とは?道徳とは?

そういうものが、存在するのだろうか?

究極の非道徳は、自然リズムからはずれた生き方をすること。
なぜなら、自然そのものを、
地球を、宇宙を、破壊していく可能性があるから。

原爆に始まる、核兵器。
地球を破壊するもの。

環境破壊。

そこに至る道は、究極の非道徳。





======================
どうして、我々は平和でないのでしょうか?
理由は簡単です。エゴのせいです。

正義のためだから、表現の論理的な崩壊や矛盾に気がつかない。
もっと、悪くなると、その矛盾すら、気にしなくなる。
======================


では、その逆の道は?

自然のリズムにあった生き方

兵器を準備しないこと。
軍備をもたない。

平和への思いを共有する
鎮魂





「木」と同じリズムで生きる
木の「こころ」がわかる、
木の痛みを感じる

宇宙のリズムに即して生きていくことによって、
そのリズムが身につく。
植物の語りかけることがわかってくる。

「私たちが大地の一部なのだ。」

宇宙の叡智を感じる
生命を尊ぶ感覚
宇宙の摂理を感じる

こころが平和である






人間が本来もっている「感じる力」を、
そして、「思い」を実現する力を、自然の能力として取り戻す。

平和の原型、そして、普遍性
自然のリズムを取り戻す。
自然のリズムが宇宙の理。

人類の運命は、私たちが作りあげるものです。

平和は、三次元の世界にあるのではなく、
こころや精神の領域が平和であることなしに、
真の平和は、三次元の地球にもたらされない。

平和とは、心の世界での、平和を求める心、精神が前提である。

精神の世界のリアリティを、確信している

エゴの願いごとから、惑星意識からの祈りに。
さらに、宇宙意識からの祈りに。
そのエネルギーは、必ず、日本を変え、地球を変える。


本気で平和を望むのであれば、
宇宙のすべての存在が平等であり、
有機的な秩序でつながっていることを、
日々感じていく必要がある

人種を超えて、人類の過ちによって、一気に命を失った人々の魂に、
わずかな安らぎを与えることができるように、
鎮魂の祈りをともに行う。






平和は三次元の事ではないぞ。
もっと高いレベルで、心や精神から、平和は生まれ、そのために

「日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ」

誓うとは、三次元の約束を超えた、
心や精神の世界で、深く思い、願い、祈ること。





以上が、
正義という呪縛から、解き放たれる
ために、
この本の中で、語ってきたことです。






そして、さらに、繰り返したいと思います。



生命のための、平和のための「祈り」
多くの人が賛成する願い、思い、考え。
神様も乗れる、願いを、「祈り」を行いましょう。

祈りを口にすることは、表明です。

宇宙の摂理にあった目的をもって、
この地球での思いを、祈りとして表明すれば、それは顕現します。

平和への祈りのリズムをつくりだしましょう。






地球上の様々な場所で、
同じ瞬間に、
宇宙と生体のリズムに合った「祈り」が行われたなら、
その「祈り」は同調して、宇宙にまで影響を及ぼすでしょう。




今、人類が、正義という呪縛から、解き放たれるときがきたのです。



       http://store.cosmic-diary.jp/

       <表紙帯あり.jpg>







心の中で、精神の中で、
  人類の歴史を、軽く、凌駕していく
   永遠に、普遍的な叡智を、いま、取り戻すときが来た。



                         柳瀬 宏秀






          Universal love and in lak'ech!


柳瀬 宏秀

【KIN12 黄色い水晶の人】
            協力 捧げる 普遍化する   
            自由意志 感化する 叡智
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase