ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
FRISATSUNMONTUEWEDTHU

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 209  月の月(18)06:17:59 (2013年9月9日)
タイトル 多次元的に、2020年オリンピックに目的を!!
内容
2020年 東京 オリンピック 
経済の目的だけでなく、
真のオリンピック精神に日本人が戻る、世界が戻り、
そこから新たな人類の進化を目的にしたいと思います。



まず、表面的な経済について

http://blogos.com/article/69595/
アテネ五輪の費用は110億ユーロ(約1兆4300億円)。うち82億ユーロが空港、地下鉄、高速道路、最新の通信施設などインフラ整備にあてられた。
アテネ五輪が終わった後、使われることのない五輪用巨大施設の多くがそのまま放置され、負債は日本円で1兆3千〜4千億円(米CNBC)に達した。
1976年モントリオール五輪でも市はその後30年間も負債に苦しんだ。

http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/03/public_finance_n_3863316.html
日本政府の借金1000兆円は、1964年の東京オリンピック開催が発端だった?

という認識も、必要だろう。



安倍首相自ら「汚染水問題はコントロール下にある」
    頭をよぎるのは、終息宣言を出した野田前総理。
そう語る必要が、政治家として必要なのはわかるが、

---東京電力は先月、2011年3月の事故以来これまででもっとも深刻な状況として、敷地内にある貯蔵タンクから300トンの高濃度放射能汚染水が漏れたことを認めた。

復興予算を、被災地以外に2兆円使うことを容認した、官僚や、政治家は、
オリンピック会場を含めて、1兆5000万? で、街を変えることができるなら、
2兆円で、何ができたかを考えてほしい!!

地球に対して、最善の環境対策としてFUKUSHIMA を考えたら、
世界の叡智が結集させて、最高水準の対策を期すのは当然だと思う。
また、地球の環境を考え、原発の廃炉ができる最高水準の技術者、科学者を養成する必要がある。

あるいは、2兆円で、街の復興が出来る。

「汚染水問題はコントロール下にある」
国民が、それを真実と受けとめ、語れるような実情を生み出してほしい。



多次元的に観る。

オリンピック憲章 2
オリンピズムは、肉体と意志と知性の資質を高揚させ、均衡のとれた全人のなかにこれを結合させることを目ざす人生哲学である。

クーベルタンは、 1912年第5回ストックホルム大会の芸術競技で、自らは金メダルを獲得している。
この時彼はホーロット&エッシェンバッハという偽名を使い、文学部門に参加した。
出品作品は仏語で「Ode au Sport(日本語で『スポーツ賛歌』)」。これほどまでにクーベルタンは芸術競技に熱心であった。

オリンピックに、文学部門があったのだ。

1906年にクーベルタンは、芸術競技の導入を協議し、1912年のストックホルム大会から実施した。
身体と精神の調和をめざすことが、古代オリンピックの理想と考えたからである。
そこで採用された種目は、絵画、彫刻、建築、音楽と詩歌であり、これらを彼は「ミューズの五種競技」とよんだ。
http://japantopleague.jp/column/excellence/excellence_0038.html

つまり、オリンピックをスポーツビジネスとしか見ずに、賛成、反対、を語るのがいかに表面的なことか?
それを、オリンピックの歴史を観る事で、観じてほしい。


「肉体と意志と知性の資質を高揚させ、均衡のとれた全人のなかにこれを結合させることを目ざす」
というオリンピック憲章の文章を、深く、正確に、認識すれば、
今、地球のため、宇宙のため、高次元の時間にアクセスするという
すべての営みが、高揚されていい。

人として、進化するための、すべての分野を、この7年。
2020年に向けて、深め、伝え合う。
それが、重要な時期であることに変わりはない。





今日は、銀河の音が「磁気」です。
13の銀河の音の、1番目、最初の銀河の音です。

目的  ひとつにする 引きつける
purpose  unify  attract

クーベルタンの人生の目的は?

この7年、目的は?
  7年=7×52週
     7×4×13
     13×28週

それぞれの人生の目的を、2013年から20120年に向けて、考えてみる。





「磁気 目的 ひとつにする 引きつける」

そのときの「磁気」とは? 宇宙の「目的」とは?
自分の目的、今日の目的は考えたことがあるでしょうが、
宇宙の目的を、日常的に、あまり、考えないかもしれません。

磁気の日、今日の「目的」は?
「ひとつにする」もの?「引きつける」人は? だけでなく、 

今年(13か月)の「目的」は? 「ひとつにする」エネルギーや「引きつける」ものは?

あなたの人生(130年、あるいは52年)の「目的」は? 人生を「ひとつに」したもの? あなたの今回の人生を「引きつけ」た力、や出来事は?

今回の歴史(13バクトゥン(5125年))の「目的」は? 「ひとつにする」エネルギーは?
  今回の歴史が、「引きつけ」られたものは?

(意識を多次元的に合わせます。)

一日の周期から、宇宙創造の時まで、さまざまなステージに、意識を合わせます。

脳を柔らかくします。
磁気とは?

・「磁石」で、砂鉄を集めたことがあるかもしれません。
・「地球の磁力」。北極と南極があります。
・小さな素粒子レベルの「4つの力の作用の一つが、電磁力です」。
・MR、磁気共鳴医学における磁気。
・太陽の黒点による「磁気嵐」。

ある角度から見れば、青く見えるものが、他の角度からは緑に見えたりします。

多次元的に、「磁気の 目的 ひとつにする 引きつける」というエネルギーに、意識を合わせて感じてみます。

多次元的に、磁気という銀河の音を感じていくと、
宇宙まで行っても実は三次元なのですが、
次第に「磁気の」本質を感じ始めます。

つまり、三次元を超えた、
高次元の「磁気の 目的 ひとつにする 引きつける」
(という三次元のことばで指し示している)
「銀河の音の本質」を観じることができるようになります。

そうして、自然に、高次元の観点からものを「観る」ことができる、
高次元の本質からすべてを「観る」ことができる、
そんな新しい人間に進化していきます。

コンピューターにキーワードを打ち込むと、画面が出てくるように、
銀河の音を毎日辿ることによって、具体的に、毎日、
高次元の時間にチャネルを合わせることになります。

同時に、磁気から宇宙までの13の「銀河の音」を毎日辿っていきます。
コズミック・ダイアリーの各月の説明を通して読んでください。
そして、13の「銀河の音」の流れを、宇宙論として、
一度、とらえてみてください。

What is my purpose?

■太陽の紋章は、「赤い月」
普遍的な水清める流れ
universal waterpurifiesflow


写真は、時事通信http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/03/public_finance_n_3863316.html
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase