ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
FRISATSUNMONTUEWEDTHU

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 59  律動の月(16)08:56:52 (2013年12月28日)
タイトル 「無」になることは、 宇宙意識という本来の人間の意識の状態に
内容
人間の「願い」に、神も「乗れる」祈り。
神の「祈り」に、人間の意識が同調したということ。

どちらの表現が正しいかは、観る角度の違いで実は、同じ現象なのです。

つまり、神と同じ共振の場に精神があるときに、
自分のための「願い」はありえないのです。それは、「祈り」になるのです。

じゃあ、そういう状態になるには・・・・・・神と共振するためには、
シンプルに、エゴの考え、集合的なエゴの考えを捨てて「無」になることが
一番の方法だと理解できると思います。

意識が高い、低いではなく、人間がつくった道徳規範ではなく、
「無」になる、エゴがない状態、
その時に「願い」が自分のための「願い」に、転ぶことはないでしょう。
自分のための「願い」は存在しなくなるのです。
そこでは、「願い」は、「祈り」と同じなのです。

本来、「願い」と「祈り」は同じなのです。




人間の意識が、

宇宙意識でなくなり、
惑星意識でなくなり、
環境意識でなくなり、


とうとう「願い」が自分のためだけの「願い」になってきたのです。




今、「無」になって、その流れを逆流させるのです。



エゴの願いは、本来の「願い」の姿ではないのです。
本来の心の構え、ではないのです。

繰り返しますが、「働く」というのは、「はた」が「楽」になるために、
「人」が「動く」という意味です。
そして、循環して、何らかのものが収穫できたり、
逆に、周りの自然界が自分のために「はた」が「楽」になるように作用して、
循環しているのが宇宙であり、自然の基本的な姿です。

お金を得ることが、「働く」本来の目的ではないはずです。

仮に、お金を得たいと思ったとして、
それを何のために使うのか、が重要になります。

環境意識があり、惑星意識があり、宇宙意識があれば、
自分のためだけに使うことはありえないことになります。






「無」になることは、
宇宙意識という本来の人間の意識の状態に戻ることです。








「無」になって、神と同じ共振の場にあるとき、
思いは、考えは、願いは、「祈り」になります。
神も乗れる「願い」になります。
さらに、「無」になるということは、
今までの価値観、集合的なエゴの価値観を無にするということです。

科学の前提を、考えの前提さえ、「無」にするということです。

つまり、新しい前提に取り替えることが、簡単にできるということです。
天体の観測から、天動説はありえないなら、
地動説を認めるのに、
今までの前提を「無」にするのに、数百年かける必要があるでしょうか?

「無」になることが、個人の進化を進めるための
そして人類の進化のための絶対条件なのです。






そして、

「無」になることは、常に、本質に目覚めさせることになります。








今までの価値観、エゴ、しがらみ、立場、そういうものに
がんじ絡めになっていては、本質が見えなくなります。

「願い」を「祈り」に変えることは、実は、
三次元の社会の状態に、影響を与えることだけが目的ではないのです。

自分のための「願い」、エゴだけで動いている社会の変革は、
そこだけに焦点をあてても、対処療法でしかないのです。






「祈り」は、多くの人が、多くの生物が賛成する、乗れる「願い」です。
つまり、環境意識がもたらすものです。

そして、環境意識は、生物圏と呼ばれる地球全体の自然や、
地球上の人々を感じることを促します。つまり、惑星意識をもたらします。

さらに、太陽を感じ、太陽系からさらに、銀河や別の銀河を感じる宇宙意識をもたらします。

本来、占星術や四柱推命やジョーティッシュも、宇宙意識が生み出したものです。


でも、今、占いとして流通しているものは、
自分のための「願い」のレベルのアウトプットでしか、ありません。
それは、占い師と同時に皆さんの意識が、「祈り」と同じだった「願い」を、
自分のためだけの「願い」にしてしまったからです。


もし、占って欲しい気持ちが生まれたら、

人のために何が出来るのか (環境意識)、

この地球のために何が出来、地球にとってどういう存在なのか (惑星意識)、

この宇宙にどうしてうまれているのか、
宇宙に対してどういうことを行なう生き方をすればいいのか (宇宙意識)

ということを、占い師のために、聞いてみるようにしてみてください。

そして、本質をつかめば、
今まで相談していたことが、ありえない小さなレベルのことに見えてくるでしょう。




話を本題に戻します。

環境意識は、惑星意識をもたらします。
さらに、太陽を感じ、太陽系からさらに、銀河や別の銀河を感じる宇宙意識をもたらします。

さらに、三次元の広がりだけで、宇宙は認識できないので、自動的に、時空間。
今の時間の概念を越える、四次元以上の時間。
あるいは、リサ・ランドールという最先端の理論物理学者が
五次元時空間と呼んで伝えようとしている、パラレルワールドの存在が想定されます。

つまり、環境意識は、高次元の意識をもたらします。
宇宙意識と今まで言われていたものには、空間の宇宙の領域だけではなく、実は
そういう時空間の領域も含んでいたものなのです。


初詣の願いを「祈り」に変える、という呼びかけは、多くの日本人に、
この高次元の意識に向かわせる重要なきっかけを生み出します。

最初のコミュニケーションは、お金だけではない。
御利益だけを願うのは間違っている。という気づきから始まります。



自分は、いつも、祈りをしている。だから、こんな呼びかけは無意味のように
思う人も、いるかもしれませんが、そう思うことは、
環境意識を持って見るなら、それは、御利益だけを願っている人と同じぐらい問題です。

つまり、多くの人が、会社の目的は利益の追求であり、
先進国や途上国の世界の仕組みが経済を中心に動き、環境を破壊している時に、
まわりがご利益を「願って」いるなかで、
自分一人、あるいは、グループで、「祈り」をしているから、「それで、いい・・・・というのは」
惑星意識から見ると、何の意味もありません。

一人でも、多くのまわりの方に「祈り」を。と、呼びかけていなかったとしたら、
そういう自己満足は、つまり、
今の環境問題を目にして、自分は環境破壊をしていませんから・・・・関係ありません。
と言うことは、環境意識が、惑星意識が、脆弱なのではないでしょうか?




つまり、「初詣の願いを祈りに」というのは、三次元社会の表面的な呼びかけでありながら、
環境意識を、惑星意識をもたらします。そして、宇宙意識をもたらします。

さらに、神社とお寺という精神と魂にかかわる場所で、
一年の最初に、数千万人の日本人と一緒に、「願い」を「祈り」に変え、一緒に「祈る」。
「無」になり、本質に立ち戻るということは、
魂の世界、神の領域も含めた、建て直しになるということを
正確に、観じていただければ有り難く思います。





神社も、人々の願いに敏感に反応します。

神の祀りごとも、民衆の祭りに支えられています。
収穫祭を中心とする、祭り。
収穫できたのが、太陽の御蔭で、大地の御蔭で、
水の御蔭で、風や虫や村の人々の御蔭だと知っている環境意識から、
あるところでは、大地に向けて感謝祭をし、あるところでは、天に向けて祭りをします。
その祭り、感謝の思い、「祈り」から生まれた、音楽や、踊り。芸能、芸術。

それは、現象界と精神界の循環から生まれ、精神界と現象界の交流そのものです。
祭りを、「ま」をつり上げる。というのも、
高次元の世界と、三次元の世界の間の、「間」を音楽が、踊りが、
その隔てを溶かし、一体にさせるからでしょう。

そういう形で、民衆の、人々の祭りの魂が土台となって、
その土台の上に、神の祀りは、更なる高次元の祀りごととして機能します。

祭りは、余興でも、イベントでもないのです。

日常の時間の概念がなくなる「祭り」。
そこには、自分が「無」になる音楽や踊りがあります。


今、祭りの魂を取り戻すことも重要です。







そして、初詣の 願いを 祈りに 変えることは、
その祭りの魂によって、支えられた祀りごとを、
新たに、初詣に行く九千万人の民衆の「祈り」によって
蘇らせることになるでしょう。


人間の「願い」に、神も「乗れる」祈りということと、
神の「祈り」に、人間の意識が同調するということは、
実は、同じことなのです。


神の「祈り」に共振して、三次元の世界に、地球に、日本に、
それを顕わしていくための「祀り」を生み出していくのだと思います。





「無」になることによって、エゴの考えを解き放つこと。
進化というものが、連続的に、瞬間的に、可能になること。

「願い」を「祈り」に変えることによって、
環境意識を、惑星意識を、宇宙意識を、高次元の意識を取り戻すこと。
あるいは、本質的な根源にアクセスするために「無」になること。

つまり、すべての領域に渡っての根本的な見直しを生み出せることを
「観じ」て、
「無」になり、
時空間のすべてを建て直していく、それが多くの人の目的となって欲しいのです。





初詣の「願い」を 「祈り」に。

9000万人の人々が、初詣に出かけます。―(警察庁発表)
9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。
9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈り」に変わったなら・・・
         日本人の「心構え」が変わり、日本が変わり、宇宙が変わります。





「願いを 祈りに」呼びかけ人 会員募集 (第四期)
   http://inori-no-kuni.com/yobikake.html
主旨  http://inori-no-kuni.com/inorini.html
賛同メッセージ http://inori-no-kuni.com/message.html
これまでの活動  http://inori-no-kuni.com/report/report.html
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase