ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
SATSUNMONTUEWEDTHUFRI

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 167  律動の月(19)20:08:05 (2014年12月31日)
タイトル 神も「乗れる」祈りということは、神の「祈り」に人間の意識が同
内容
日本最古の梵鐘、菅原道真が左遷された太宰府で
「都府楼(太宰府政庁)わずかに瓦の色をみる 観音寺はただ鐘の音をきく」と詠んだ観音寺の梵鐘
今日、除夜だけ、鳴らされると聞いた。

---------
観音寺
最古の鐘を
聴く旅は
夢か、仏か
除夜にやさしき
    HIROHIDE YANASE



除夜詣の精神は、

   六月と十二月の晦日の、罪や穢れを祓う大祓

元旦詣の精神は、

   歳神の来臨を願いこれを祀り、五穀豊穣、生活の安泰を祈る

ーーーーーーーーーーーーーー
百八の煩悩を祓う、除夜の鐘。

大晦日のことを、古い年を取り除くという意味で「除日」と言います。大晦日の夜は、したがって、除日の夜なので、「除夜」。梵鐘の音は仏の清らかな声、仏の教え。
その鐘の音を聞くことによって、この一年の罪を懺悔し、煩悩を除き、清らかな心になって新しい年を迎える。除夜の鐘は、そんな行事です。
除夜の鐘の起源は中国・宋の時代、日本へは鎌倉時代に伝来しました。


ーーーーーーーーーーーーーー
「年越しそば」は江戸時代中期

「細く長く達者に暮らせることを願う」。あるいは、金銀細工師が金粉を集める為にそば粉の団子を使用した事から蕎麦は「金を集める」縁起物。
全国各地で、みそか蕎麦、大年そば、つごもり蕎麦、大晦日蕎麦、年取り蕎麦、年切り蕎麦、縁切り蕎麦、寿命蕎麦、運蕎麦、福蕎麦、思案蕎麦・・その一つ一つの名前に、日本人の大晦日への思いを読み取ることが出来ます。

ーーーーーーーーーーーーーー

確認しておきたいのは、初詣で、「家内安全」、「商売繁盛」、とご利益を願うのが、   
日本の伝統的なしきたりだったわけではない、ということです。


「祈り」と「願い」は、本来同じものだったのが、「祈り」は、「意」+「乗り」。
 多くの人が、賛同できる「意」、神も、乗れる、「祈り」。

それが、
他の生物は、のれない、賛同できない、人だけに利益をもたらす、開発のための「願い」になり、
さらに、他の人も乗れない、自分たちだけのための、自分のための「願い」になっていった結果ではないでしょうか?
それは、庶民感覚という言い方ですまされる変化ではないと思います。
もっと、構造的な、システマティックなものです。
そして、自分のための「願い」をするのは、日本の伝統的な行事ではない、ということは明確にしておきたいと思います。

「願いを、祈りに」は、新年を向かえ、日本人を本質に向かわせるものです。



警察庁の発表によれば、2009年正月三が日の参拝者数は全国9939万人、
神社が、お寺が、ご祈願として用意しているのは、多くが決められたように、「家内安全」「商売繁盛」。
九千万人の日本人の多くが、自分のために「願い」ます。
それは、自分のためだけの、願いへの誘導。

ご利益を願わせることが、仏陀の教えなのでしょうか?
ご利益を願わせることが、神道の教えなのでしょうか?
それを、今、ここから、変えませんか?

正月に、聖なる空間である神社に、お寺に一つの神社、異次元への通路に、一日に何十万人もの人々が集まり、願いごとをします。
 1位 東京・明治神宮 319万人       
 2位 千葉・成田山新勝寺 298万人     
 3位 神奈川・川餌膸嬖心峪 296万人       
 4位 京都・伏見稲荷神社 277万人      
 5位 神奈川・鶴岡八幡宮 251万人      
 6位 東京・浅草寺 239万人       
 7位 大阪・住吉大社 235万人       
 8位 愛知・熱田神宮 235万人      
 9位 埼玉・大宮氷川神社 205万人      
 10位 福岡・大宰府天満宮 204万人  (2009年正月三が日の参拝者数)


人のためであり、地球のためであり、宇宙の摂理に協力する、そんな「祈り」を、多くの日本人が、神社で行うように促すことが、今、重要なのだと思います。


最後に、九千万人の初詣する人々、その潜在的な力というものを「観じ」ることができたなら、
「願いごと」が、自分のための願いごとから、地球のための、宇宙のための「祈り」に変えてみたくならないでしょうか。
九千万の「祈り」は、すごいエネルギーをもつことになります。

   祈りは、表明であり、顕われです。


一年の区切りを、単なる数字の区切りではない、自然時間の感覚で捉えた時に、
一年とは、地球が太陽の周りをまわる周期。宇宙の周期なのです。
その宇宙の周期として一年を感じるのは、必然的に自分だけではなく、70億人の人類。そして、地球上のすべての生命も同じです。
その宇宙の周期によるダイナミックな変化の中で四季を過ごし、生命を育んでいるのですから・・・・


宇宙の有機的な秩序に、感謝する。
そんな「祈り」が、自然と生み出される時と場所。

新しい年は、ひとつの上昇。新しい次元へ誘うものとしての歳神。
今、ここから、時間の区切りを、宇宙の周期の区切りへ。初詣は、そういうものを用意してくれています。



そして、初詣の 願いを 祈りに 変えることは、祀りごとを、
新たに、初詣に行く九千万人の「祈り」によって蘇らせることになるでしょう。
神も「乗れる」祈りということは、神の「祈り」に人間の意識が同調するということと同じです。
神の「祈り」に共振して、三次元の世界に、地球に、日本に、それを顕していくための「祀り」を生み出していくのだと思います。



           『初詣の 願いを 祈りに』 より






初詣とは

日本古来の正月は「元日は家族そろって家にこもり、年神(歳徳神)がやって来るのを静かに待つのが習わしだった」


中世の宮廷において、正月元旦に、特別の意味を込めて、
「この日、天皇は、   
 清涼殿東庭で、年災消滅・五穀豊穣・宝祚長久を祈り、        
 北斗七星・天地・東西南北・山稜を拝する」         

   四方拝と呼ばれるものを行ないました。



正月は、歳神の来臨

日本古来の正月は「元日は家族そろって家にこもり、年神(歳徳神)がやって来るのを静かに待つのが習わしだった」

正月は五穀豊穣を祈り、神の訪れを待つ行事だったものが、
家長が氏神の社で「年籠り」をするようになります。 氏神とは、本来それに奉仕している人々の祖先の霊魂を神として祀ったものであり、初代の祖先の霊のみでなく、代々の祖先の霊をも包含した祖霊の融合体。
氏神が祖先の霊と融合し、村によって氏神を共同で祀るようになって、家長が祈願のために大晦日の夜から元日の朝にかけて氏神の社に蘢る「年蘢り」が行われるようになったようです。 
氏神を中心とした村落が成立したのは、15―16世紀。その頃に、あるいは、そののちに、「年籠り」が始まったのでしょう。 




同じ村の中ですが、精神的には、日常とは違う空間の氏神の社にこもる、というのは、同じ村のなかであっても、非日常の空間への旅であるでしょう。
そして、そこで祈り、祀りを行なうのは、非日常の時間を過ごすことです。

そして、新たな年を迎えることと、 
歳神(トシガミ)を迎える という意味が魂のなかで、呼応します。


新しい年は、ひとつの上昇。新しい次元へ誘うものとしての歳神。宇宙の周期の区切りへ。


            『初詣の 願いを 祈りに』より





いい年をお迎えください。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase