ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
SATSUNMONTUEWEDTHUFRI

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 107  宇宙の月(23)19:09:29 (2015年7月19日)
タイトル 追悼 石井貴子 さん
内容 追悼 石井貴子 さん

貴幼児教室から巣立った子供達と、お母さん方の感謝の集いのような
愛のエネルギーに満ちた 葬儀だった。
喪主のお嬢さんが、石井さんのお母さんと相談して、
今日のテーマは「愛」にしようと決めた事を語られていました。

白鳥監督。
七田真さんのドキュメンタリーを撮っている時、
七田さんが、魂の教育をしているのは、貴幼児教室だと語られたことを披露されていました。
その映画のタイトルは「魂の教育」

柳瀬と石井さんは、16ー17年の付き合いになります。
コズミック・ダイアリーに惚れ込んでいただき、何度か、貴幼児教室で講座を開かせていただいただけでなく、
講演会には、いつも、仲間を連れて来てくださいました。

「マヤの叡智と日本人の魂の融合」を読んだ後、電話をかけて来てくれ、
「すごい、すごい!!」と熱いメッセージを1時間以上届けてくれました。

そして、2004年、会わせたい映画監督がいるので、会って欲しいと
柳瀬の家の近くまで、車で来てくれた。その監督が、白鳥監督です。
その日に4時間以上、語り合ったのを覚えています。横で、微笑みながら石井さんはいらっしゃいました。

その後、柳瀬と村上教授との対談を白鳥監督が撮影に。
さらに、「祈り」の映画のインタビュー、「初詣の 願いを 祈りに」の講演。
その仲間の、小林芙蓉さんの映画「祈り」への協賛と、題字の書。
すべて、この日、石井貴子さんが、白鳥監督を連れて来てくれなければ、生まれなかった。

今日、白鳥監督と話し、
この葬儀の最中に、シンクロのように、小林芙蓉さんから着信が入っていました。

石井貴子さんと、もう一度、一緒に食事がしたい。
あの笑顔が見たい。

                柳瀬 宏秀







眠る時
2015-01-16 13:19:46

テーマ:感謝

こんにちは!
TAKAKOです!

小さな頃、枕元へお楽しみグッズをひとつ置いて夜の眠りについていました。

昨夜は…

天使さん!

さらに!
パジャマのポケットには…
三点セットを!

久しぶりにぐっすり…
眠れました。

身体の痛みもなく、不安もなく、安心して眠れるということは本当に本当に幸せなことです。
そのことに心の視点を当てると感謝で胸が熱くなります。


『悪夢で眠るのがこわいの』
そんな相談を子どもたちから受けたことが何度もあります。
中には泣きながら訴えた子どももいました。

『夜眠れないって…辛いよね。』
『大丈夫なんかじゃあないよね…。』

同じ怖さを一緒に感じてあげることは出来ないけれど
子どもたちの、嫌だったんだ!怖かったんだ!という辛い心を理解しようと心寄り添える人になりたいと思います。

『この水晶を枕の下に置いて寝てごらん。悪い夢を光に代えてくれるよ!』
…小さなお手々だったあの子
今日も元気かな?

あなたにとってみ恵み多き今日でありますようお祈りいたします

∞貴TAKA幼児教室
石井 貴子



これが、彼女の最後のブログです。
眠る時
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase