ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
MONTUEWEDTHUFRISATSUN

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 83  太陽の月(6)02:56:54 (2016年3月12日)
タイトル 2011年 3.11後、4月18日 震災チャリティ講演会 「
内容 2011年 3.11後、4月18日 震災チャリティ講演会 「祈りから 進化へ」直後のメールから


柳瀬の話は、復興会議での梅原氏の「文明災」という認識と、
当日の朝読んだ、朝日新聞の世論調査の結果に、
いつもと、大きくトーンがかわりました。

月も、自然も、あまり感じていないという事実から、
今、ここから、月を観じ、自然を感じることから、新しい人生が始まり、
社会も変われる。環境問題の解決が自然のリズムを取り戻すことから始まる。

時間が時計ではない。
さらに、時間は三次元ではなく、四次元以上のものであること。
その新しい時間を、コズミック・ダイアリーで身に付け、
シンクロに満ちた人生を送り始めることができる。

カレンダーがプログラミングであること。そのプログラムを、
ガタガタのものから、自然のリズムと高次元の周期のコズミック・ダイアリーに変えることで、人が進化し、社会を建て直すことができる。
そういったことを、いつも、

やさしく、感動とともに伝える講演を行なっていましたが、
今回は、少し、違い、受け取りづらい方が多かったように感じました。





「文明災とは」

文明災とは、
「天災」とも、
表面的な、分かりやすい人為的なミスによる
「人災」とも違い、
さらに、ご紹介した喜多郎さんのメールにあった、
洗脳された、という状態より、さらにもっと、複雑な状況です。
我々が協力して進め、生み出してきたのが
「文明」であり、その文明の間違いが、「文明災」というものを生み出した。

つまり、「文明災」という言葉には、今の文明が間違いだという認識があります。
我々が生み出してきたものそのものが、間違っている、という認識です。
それは、本当は聞きたくない話です。自動的に耳がふさがり、無視したくなりがちです。

マヤの叡智として、マヤの預言として伝えてきたのは、
まさしく、今の文明の間違いそのものなのです。
だから、叡智なのです。

イエスの時代、イエスの説いた愛や憐れみに満ちた人々ばかりだったら、
イエスの教えは何も優れていません。
そうではなかったから、愛が常識ではなったから、愛の欠けた社会だったから、イエスは優れていて、重要なのです。

時間の叡智を核に、今の社会の問題を解決するために、
この文明の間違いを祓い、パラダイムシフトを進めること。
つまり、人が進化し、社会が根底からかわること。
それが、マヤの預言の意味です。



したがって、一緒に、進化しましょうというやさしい呼びかけの講演会から、
今回は、少し、ニュアンスが違いました。
文明の間違いに正確に気づきましょう。
つまり、我々が協力して進め、生み出してきた「文明」の間違い。
ただ、それが、顕現しているという認識は、受け入れたくないものです。


自分は違う、というスタンスにたった時に、
むしろ糾弾することによって、事態を受け入れる能力が発揮されるのですが、それも間違いです。
エゴの顕現です。
個々の原発だけを問題にします。
でも、文明は我々全員で生み出しているのが現実です。
無になって、根源的な因果を見据える観点から、語るべきです。


復興会議の中での哲学者の梅原猛氏の発言。
今回の震災について「私は『文明災』だと思う。
原発が人間の生活を豊かにし、便利にする。その文明がいま裁かれている」

つまり、、、、、、、、、原子力発電所を4つのプレートがある日本に、55基もつくって稼動させてきた間違い。
それは、人間の生活を豊かにし、便利にする
という言葉の裏に、そういって作られた文明には、
祓わなければいけない、まがごとが、構造的にあって、
そのせいで、原子力発電所が損壊した。
それは、天災でも、人為的な単純ミスでもなく、文明そのものに間違いがあり、
その まがごと の上に、多くの災害が生まれ始めている。

原子力発電の損壊だけでなく、
環境破壊、
核兵器の脅威、
戦争、
温暖化、
自殺者の増加、
食料を輸入して半分を廃棄している国 とアフリカの餓死者の数
検察庁が、自分の仕事のために証拠を捏造するという犯罪
人の年金をわからないからと、自分のポケットに入れた自治体の職員
・・・
・・・

根本的な建て直しを、、。

それをできるだけ、共振の場の中で伝えたいと思っていましたが、




あの朝、朝日新聞を読んで、絶句しました。
原始力発電所を「増やす方がいい」5%
「現状程度にとどめる」51%
56% が、今までの原子力行政を、今でも支持する。というのでしょうか、、、、、、??

現状維持とは、日本が放射能による危機に瀕し、世界が危機に瀕し、これからも、その危険性が高いのに、なぜ、維持したいのか?

つまり、この文明を築いてきた意識、精神の領域の建て直しが必要なのです。
そして、その時期が来ていることが、表面的な三次元のレベルでも、
論理的にわかる状況が来た。それなのに、、、、、、、、、原子力発電を、自然エネルギーに変えるというレベルの変化や進化も、望まない。



このメールを読んでいただいて、伝えたい主旨を正確にしたいと思い、
書いています。


「マヤの叡智 と 日本人の魂の融合」

この文明の
月も、自然も感じていない、、、環境意識のなさが、環境破壊を平気で生み出し、環境問題を生み出した。、、、

円の12分割という平面幾何学の二次元の周波数で、高次元の時間を計ることによって、
時間を二次元の時計に閉じ込め、機械時計に追いまくられる現代人を生み出した。、、、

カレンダーが、社会の、個人のプログラミングであることを認識せずに、
31日、28日、31日、30日・・・・といった、宇宙にも、自然界にも、身体のリズムにもない、
ガタガタのカレンダーで、プログラミングして、自律神経を歪め、自然を感じない人と社会を生み出してきた、、、、、、、、



講座では、進化への7つのナビゲーションを行います。
「コズミック・ダイアリー2011」のp30−31 

読まれると、
「進化への7つのナビゲーション」の内容が叡智として入ってくれば、
それを日常的に行っていれば、進化しない方がおかしいと、感じられると思います。


(cosmic readingと読んでいる柳瀬式速読も、すぐマスターできます.
高次元の時間に馴染んでいれば、
1日のレクチャーで5割ぐらいの方が、
13日練習すれば、9割の方が、
1ヶ月でほぼ全員が
10分ぐらいで1冊の(日常言語の)本が読め、
その本について語れるようになります。
それで、充分に人生が変わりますが、
でも、それは、一番レベルの低いcosmic reading です。

空海や道元は、どんな読み方をしていたのでしょうか?
空海が唐にいたのはたった2年、道元が宋にいたのは5年。
外国語である、中国語(や梵語)で、中国の僧より偉くなる。

それは、仏陀の教えと同じ高次元に意識をあわせ読んだから、
必然的に、そうなったのです。
読むことを通して、高次元の世界が、多次元的にわかる。
そのために、読むことを通して高次元に意識をあわせる。
それが、 cosmic reading です。) 




「マヤの預言」と 文明災

自然を見て、因果を観じるようになっているので、
講座「マヤの叡智」で、種の中に、開花のエネルギーを感じ、観えるようになります。

自然の因果を観じ始めると、その場では見えていない原因を科学的に正確に
観じ始めるようになります。夏暑いのは、夏だから・・・という「無明」の状態ではなくなります。

そして、人間の活動の因果、社会の因果も、普通に観えます。

「マヤの預言」、つまり、「時間のリアクション」。
それを観じるようになると、
「文明災」という言葉の本質が、瞬時にわかります。



講演では話しませんでしたが、
「9.11人類が正義という呪縛から解き放たれるために」で、伝えたように、
正義は重要だとしても、
正義のためには何をしてもいい、と思ってしまうという間違った価値観、
あるいは呪縛で、人類は、すべての戦争を生み出してきました。


戦争も、
その文明が、正義のためには何をしてもいい、という精神の形、状態が生み出してきた「文明災」です。
もちろん、人災でもありますが、、、、もっと、深いところで、「文明災」なのです。
 
、、、、、
、、、、
、、、
、、

「願いから 祈りへ の呼びかけ」


そして、講演会後半では、文明災の直接の原因とも言える、
原発が人間の生活を豊かにし、便利にする。
という認識を生み出したもの、、、、、、


食料を輸入して半分を廃棄している国 とアフリカの餓死者の数
検察庁が、自分の仕事のために証拠を捏造するという犯罪
人の年金をわからなければ、自分のポケットに入れていた自治体の職員
、、、、、
、、、、、


自分のための願い、
自分のための利益の追求が、社会を動かす目的になっている精神状態。
それが、社会の構造の基礎になっているという事実。
それを、正確に観ることが重要です。




その現状に対して、願いから 祈りへ の呼びかけ。

初詣の9000万人が、家内安全、商売繁盛という自分のための願いを
神社や、お寺という高次元との通路で、声に出して表明しています。
9000万人が同じ瞬間に、表明することによって、
それが、顕現しているのが、今の社会。
精神のなかに、自分のために動くという社会の構造を作り出している。

それを、いのり、い=願い+乗り、、、、。
多くの人が乗れる願い、つまり、 い=願い+乗り、
神も乗れる い=願い+乗り。い のり。

それが、『祈り』。

自分だけのための願いと、峻別することが、
今、一番重要な祈りへのナビゲートです。



そして、無になることによって、宇宙意識につながることによって、
祈りは、神も乗れる い=願い+乗り から、神の意識に、乗ること。
宇宙意識そのものになって、この地球で、宇宙の意志を創造すること。
 
神(宇宙意識)も乗れる願い、いのり、
神(宇宙意識)の意識に乗る祈り、いのり、
それは、違うようで、実は同じ「祈り」になります。
三次元的には違っているように思っても、高次元で同じものになって行きます。
祈りの裏、表、のようなものです。

      (この辺は、拙著「初詣の 願いを 祈りに」を読んでください)

(宇宙意識)神からうまれる願い。

それが、祈り です。

「初詣の 願いを 祈り」  に変えて、2013年の初詣には、9000万人の祈りが
日本から、世界に、宇宙に向けて発信されることによって、
日本の社会の構造が変わり、世界の根本的な建て直しを。

そう、昨年、呼びかけました。





「ヌースフィア(精神圏) への移行」



Pray for Japan
今、地震によって、世界中に、祈りの層が、地球を取り巻いています。

それが、マヤの叡智でいう、ヌースフィア、心の層のようになっている。
でも、それは、地震からの復興の祈りであり、
この祈りは、復興が進むにつれて消えてしまうかもしれない。

復興のための祈り が、今回は、三次元の復興だけに終わってはいけない。
神戸でも、多くの人の心が変わったはずなのに、
復興が終われば、元の利益追求が目的の競争社会に戻る。
それは、進化にならない。

(ex.今、被災地での、あるいはボランティアで行っている医療関係者は、
「医は仁術」そのもの (の働き、はたが楽になるために動く)の 状態だと思います。
復興がなったら、「医は算術」に戻るのでしょうか? )


祈り のなかにある本質は、高次元のリアリティは、
三次元の復興だけが目的なのではなく、
祈りの心による、社会の根本的な建て直しのための促しです。


2012年は、バイオスフィア から ヌースフィア への移行です。
       生物圏     から  精神圏   への移行
   三次元の復興の祈りは、まだ、願いであり、
                   高次元の祈り への移行が必要です。


Pray for Japan
から、
今度は、日本から、祈りの くにづくり を始めることによって
祈りの心の層が、「ヌースフィア」として、地球を取り巻き続ける。


“艮の金神”の立て直し、「霊主体従」の神の世にするという意味、
あるいは、神の領域も含めた建替えを、
祈りの心から、生み出すことを、伝え合いたいと思います。








追伸

「究極の非道徳とは、
自然のリズムをはずれた生き方をするということです。 それが、地球自体を破壊する可能性があるからです」


ミロクの世は、もうすぐそこまで来ている。
という話がありました。
三次元の時間では、結果的に、そうなってくれると信じます。

でも、あの朝、新聞を見て、絶句しました。


ブログに書きました。
http://cosmic-diary-internet.com/member3/diary_detail/10708/



朝日新聞の4月16日、17日の調査で、

原始力発電所を「増やす方がいい」5%
「現状程度にとどめる」51%
この期に及んで、、、、
その安全神話の崩壊が、各地の原発への調査でここまで明らかになってきても、
原始力発電所を「増やす方がいい」5%
「現状程度にとどめる」51%
       「減らす方がいい」30%
「やめるべきだ」11%
日本語が間違っているのでしょうか?

どこまで、原子力発電による利便性だけに執着しているのでしょうか?
現状とは?どういう状態か、わかっているのでしょうか?

4つのプレートに上に、53基も、54基も、原子力発電所があり、

イタリアには、原発がひとつもないのはどうしてなのか?
地震が多いからです。

アメリカ製、イギリス製の原発を持ってくるときに、耐震性を加味しなければいけなかった・・・
つまり、海外では、地震のない場所にしか、建っていないからです。

いままで、伝えてきましたが、
今は、知らなかったのではなく、知った上で、
それでも、
日本人が、ここまで、因果を観じることができないのでしょうか?


今になって、ヒステリックに反原発を叫ぶのも、
自分のためのエゴの顕われの側面もあると思っていましたが、

それは、自動的に、代替エネルギーにシフトしていく、その流れがもう誰も止められない
と信じていたからでした。

あまりの世論の認識に、こんなレベルの文章を10年経って、
福島原発の事故による、大自然に対する、地球に対する危険性がまだ、
継続している中で、書くことになるとは・・・・・


絶句




いや、世論調査をあまり、評価しない方がいいのかもしれません。



原始力発電所を「増やす方がいい」5%
「現状程度にとどめる」51%
56% が、支持する。
原発推進派が選挙で勝つ、ということでしょうか?



Pray for Japan と祈ってくれている世界中の人に、

災害をもたらす可能性があるのに、
まだ、自分のため、自分たちのため、の利便が最重要課題なのでしょうか?



究極の非道徳とは、自然のリズムをはずれた生き方をするということです。

それが、地球自体を破壊する可能性があるからです。






「祈りの くにづくり」   を テーマに動き始めます。







Universal love and in lak'ech!


柳瀬 宏秀

【KIN12 黄色い水晶の人】 
                 協力 捧げる 普遍化する   
                 自由意志 感化する 智恵
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase