ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
MONTUEWEDTHUFRISATSUN

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 83  太陽の月(6)03:02:53 (2016年3月12日)
タイトル 2時46分を前に,祈りの空間を
内容 2時46分を前に、車の中で、
家族と祝詞をあげ、
祈りの空間を作り、
2時46分を過ぎて、
曽我浅間神社に、祝詞をあげに行き、
海を眺める時間を持ち、
山の上にある仏舎利、
マハートマ・ガンジーと会見し日本仏法を伝授した、
藤井日達聖人が開いた
日本山妙法寺を訪れ、お経を供げました。


    □

    神

    仏

    空

    □





【 参考 】
差出人: HIROHIDE YANASE <cosmic-human12@syd.odn.ne.jp>
件名: 波
日付: 2011年3月11日 19:22:04 JST


皆さん、お元気ですか?

マグニチュード8.8 という想定外の地震のエネルギー。
朝、思い立って、
気になって、午前中に、
曽我浅間神社に、久しぶりに祝詞をあげに行き、
高台から海を眺める時間を持ちました。
曽我浅間神社は、
熱海のホテルのコンサルをしていたときに、
熱海桜を植えて、熱海市と一緒に育てていくときに、
コノハナサクヤヒメの話が出ました。

富士山を囲む、親しんでいたいくつもの浅間神社をまわり、その時、
一番エネルギーが強く、開かれていた
富士宮の浅間大社の宮司に、お話をして、
浅間大社から、正式に御分霊いただくことになりました。

浅間大社で、正式に、御分霊の儀式をして、
コノハナサクヤヒメを降ろしていただき、
熱海にお連れし、来宮神社の宮司に準備していただき、
合祀の儀式の瞬間、雷(神鳴り)が鳴り、
生み出した神社。


もう、ホテルのコンサルはしていないのですが、
何かの折に、年に一、二度、コノハナサクヤヒメにチャネルを合わせに、
ホテルの役員に電話して、曽我浅間神社に行きます。


娘を熱海駅に送る前に、電話して、祝詞をあげに行きました。

今日は、さらに、熱海に引っ越して9年、初めて、
思い立って、
山の上にある仏舎利を訪れ、海を観ました。
マハートマ・ガンジーと会見し日本仏法を伝授した、藤井日達聖人が開いた
日本山妙法寺に、初めて訪れ、お経を供げました。


朝から、親しい人間に、
昨日書いた気の流れのずれを伝える手紙を読み、
古い講師との電話で、気の流れの違いを感じ、
心が、波だつのを観じていました。


海を観て、
熱海の海は、大丈夫。と思いました。
ともかく、「無」になって祈る時間を、意味のある神社と仏舎利塔の前で持ちました。

ともかく、「無」になって祈る時間を、
意味のある神社と仏舎利塔の前で持ちました。
駅を出て、すぐに、地震があったようです。







感じること、考えること、そして、観じることが書けないぐらいあります。



>柳瀬さん、こんな時、私たちにな何ができるのでしょう?
>何を祈れば良いのでしょうか?

MLでは、祈りを 呼びかけています。

できれば、さらに、祈り たいと思います。
祈るとは、三次元的な思いを超えて「無」になることです。
そして、その高次元から、三次元での問題を観て、
解決への道を、意識にあげることです。
身近でできることがあれば、はたが楽になるために動く。
必要に応じて、はたらく 
まず、自分の周りの、気の乱れを鎮めるために、祈りましょう。



次に
すべての日本人の波立つ心を、鎮めるようなつもりで、
無になり、祈りましょう。



マグニチュード8.8 という想定外の地震であっても、想定外の被害にはならないように、
今は、
導かれていると思います。


人の「祈り」の力で、人災は、生み出さないようにできます。
満潮と津波が重なるところもあります。
自然を観じ、
人の「祈り」の力で、鎮めることができるものは鎮め、
人の「祈り」の力で、解決の道を意識にあげていきたいと思います。
今も、そして、今、ここから・・・・


Universal love and in lak'ech!

柳瀬 宏秀
【KIN12 黄色い水晶の人】 
                 協力 捧げる 普遍化する   
                 自由意志 感化する 智恵
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase