ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
WEDTHUFRISATSUNMONTUE

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 20  水晶の月(24)10:39:31 (2007年6月22日)
タイトル 水晶の月の9日 ハワイを発ち飛行機の中で
内容
水晶の月の9日 ハワイを発ち飛行機の中で6月6日から7日に

今回のハワイでの旅で、セミナーのなかでなく
旅人として、人と会い、
マヤの暦のセミナーで、ビッグアイランドでセミナーをして・・
という話をすると
ドルフィンの野崎ゆりかさん、が最初に
「2012年て、どう考えるの?」
から始まって、ゆりかさんのドリームランドに一泊したのだが、
そこで、ここに3ヶ月ほど滞在して、自分を高次元に高めているシカゴ出身の
ヨーガや瞑想の熟練者であるジェシカ? からも、
真剣に、「2012年について教えてほしい」と聞かれた。

2012年は、マヤの長期周期が閉じ、
5125年の今回の歴史の周期が終わり、新しいサイクルが始まること。
マヤの預言の意味。

20世紀後半の環境を中心とした科学者たちの報告、
三次元の科学白書、
ゴアの映画で2006年の地球の状態の確認。
それにもかかわらず、トラックが壁にぶつかろうとしているのに、
誰も、真剣にブレーキを踏もうとしていないこと。

預言の意味。
すべてのネイティブの預言は、テクノロジーの道を進むのか、精神の道を進むのか?
マヤの預言では、1952年、パレンケの発見から、消え去っていたマヤの叡智が、
第10バクトーン435年から830年までのマヤの叡智が蘇ってきたこと。
つまり、高度成長に入り、環境破壊が続くなかで
自然時間を取り戻すこと、自然時間を取り戻し、
本来の時間、平面や三次元に閉じ込められた時間を解き放ち、
時間を通して、高次元に意識を解き放ち、
2012年に向けて、人間がどこまで進化できるか、

それによって、三次元的な様相は、根本的に変わること。
そのために、今、あなたが何をなすかに、かかっていることを伝えた。

ホノルルでも、歌舞伎や相撲の絵を30年以上にわたって、描き続けている画家
ニューヨーク在住のリンさんにも「2012年はどうなるの? 」
他のマイアミ出身の若い人にも「メル・ギブソンのマヤの映画を観た。すごくよかった。それで2012年のことを知ったが、2012年にはどうなるのか?」

会う人ごとに、
柳瀬がマヤについてのセミナーを行いにハワイに来たと伝えると
全員が、2012年はどうなるのか?
と聞いてきたことになる。

あらためて、2012年について、マヤの叡智として
伝えることの大切さを感じた。

今、地球全体で、2012年について、関心が広まっている。
しかし、日本と同じで、その意味について、
つまり、地球の今の状態について、
人が進化する必要性について、
地球上で、ホゼがいたアメリカでさえ、
2012年に対する関心の高さと同時に、その意味について
それぞれ自分にとっての意味を知らないという事実を
はっきりとつきつけられた。

なんのためにハワイに来たのか
一番重要なメッセージがここにあったのかもしれない。

今、ここから、・・・・・
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase