ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
WEDTHUFRISATSUNMONTUE

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 27  宇宙の月(3)23:09:48 (2007年6月29日)
タイトル シンクロとつながりの連鎖
内容
前の日に、会社に電話したら、明日の朝、スケジュールを考えて連絡していいですか?
と涼しい声で返ってきた春田さんから、いきなり、携帯メールが・・・

しばらく、どう調べたのか思案していましたが、ソフトバンク同士だったんですね。
そして、鹿児島空港に迎えに来るとのこと。

元アナウンサーで、「マヤの叡智と日本人の魂の融合」でも取り上げた鹿児島の池口恵観さんの
100万人の平和の集いで司会をされていて、知り合った仲です。

今は、JAL系列の人材派遣会社の社長もされていて、
経営に、ビジネスマナー、社員研修に、アナウンサー業と
きっと忙しいので3時着だったので、鹿児島空港から、鹿児島までの間に
お互いのしていること、後半は、コズミック・ダイアリー・セミナーでしたが、
ご友人にも、近い感覚の人がいると話したそうでした。

城山公園の高台にのぼり、毎日、朝、散歩をして、朝日を毎朝見ている。
そして、体操をしていると・・・・・いう話が早いか・・・
ラジオ体操の歌を、彼女が歌い始めました。

新しい朝が来た 
希望の朝だ
喜びに胸を開け 
大空あおげ
ラジオの声に 
健(すこ)やかな胸を
この香る風に 開けよ

はじめて聞きました。
内容はコズミック・ダイアリーの世界

毎朝、多くの老人と一緒に歌い、体操されているようです。

そして、桜島を望み、下に、照国神社という神社がある話を聞きました。




鹿児島セミナーの主催者で、講師のNaomiさんと打ち合わせしていると、
「京えりこさんて知ってます?」今、鹿児島で、日本語、カタカムナの講師として
時々いらっしゃっていて、今日も来ていて、夜、合流したいとのこと。

作詞家で、旦那が電通の営業で、電通の頃からの柳瀬の活動に賛同して
くれていて、自由が丘の近く、駒場あたりが家で、料理がうまく、家族ぐるみのお付き合いをしていた仲です。
どうしてここで・・・・


さて、打ち合わせ中に、神社にご挨拶を・・・と思い立ち、Naomiさんに、照国神社というのが
あると聞いたけど、他にいい神社がある? と聞きながら、打ち合わせを終えて、照国神社に向かう。

今回の各地での講演、セミナー、交流は、日本の場のエネルギーの調整ということが
本当のテーマで、各地で、さまざまな交感を行っています。

惑星の月のブログに書きましたが、最初の新潟では

新潟に着き、すぐに行った白山神社は、祭りの日で、その日
アルビレックス新潟は、ガンバ大阪に勝ったそうだ。
あの風、祭りによって開かれていたのか、・・・・・・・
実は、セミナー会場も、ブッキングミスで、
そのサーカー場のビッグスワンの会議室に変更になっていた。

それを感じるのは、翌日セミナー前、途中、競技場に、
足を踏み入れ、前夜の3万3000人のエネルギーの余韻を感じてからだった。



照国神社の駐車場にNaomiさんの車を入れると、大雨になり、
みそぎの雨、浄化の雨・・・・
5分待つと、雨が上がり、お参りに。

とても、開かれた感じがして、気持ちよくお参りをした
丸十字の紋章も、宇宙の中心のエネルギーをさし

そうこうしていると、忙しいはずの春田さんが、友人に話したら、
柳瀬の本も読んでいて、どうしても会いたいというシャンソン歌手の方が
こちらに向かっているという・・・・

神社を下っていくと、春田さんが自転車で、シャンソン歌手の方が歩きで
照国神社境内で集まり・・・・・
さらに、講師のNaomiさんは、春田さんのビジネス講習を半年受けていたと
いう知り合いだらけなのに気づく。


夜、打ち上げで、一番最後に、いらっしゃったコルテーヌという会社の社長の
黒木さんが、開口一番、今日は今まで
「照国神社の150周年の企画」の打ち合わせで・・
というのに、全員が、笑ってしまいました。

照国神社150周年、その企画を氏子たちが考えていて、
そこに人が集い、開かれた感じが、その周辺に漂っていた。

この夜の宴、満月前の宴からも、何かは生まれていくのでしょう。


宇宙一おいしいというラーメンをいただきながら、
仕事があるので、明日のセミナーはいけないといっていた
シャンソン歌手の博多さんも、ご友人も、明日のセミナーに参加することに。

鹿児島では、講師のNaomiさんの今まで、9回行ったセミナーの
広がりが、今回、柳瀬が行くことで、柳瀬のつながりと微妙にリンクしていたのが、
はっきりと見える形で、つながっているのがわかり、
現実に、つながり始めた。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase