ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
THUFRISATSUNMONTUEWED

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 133  電気の月(24)02:39:18 (2007年10月13日)
タイトル 黄金比 と インラケチ
内容 一昨日、

朝一番に、和良久のMLを見ると、
イタリアでのダヴィンチの模型との遭遇と
黄金比のが、書かれているのを読んで書き記したくなり、前田さんにメールしました。

コズミック・ダイアリー・セミナーでは、マヤの預言の話をするときに、
テレクトノン(という惑星軌道がマヤ暦と合体しているボード)を紹介しながら、
惑星軌道が、人間の意識に影響を与える。という話をします。
そのなかで、金星の公転周期と地球の公転周期が、ほぼ黄金比になっていることを話します。

生物界、自然界にある、二次元、三次元の人間が美しいと感じる比率は、
実は、宇宙の惑星周期、惑星軌道が、人間の意識に影響を与える。

時間は、縦、横、高さの三次元ではないので、
金星の公転周期と地球の公転周期の比、宇宙のリズム、周期、
つまり、自然時間の本質が、
人間の意識に影響を与える・・・という話をしながら・・

惑星軌道が黄金比である・・・そして、人は金星をヴィーナスと呼んできた。
ということは、もっと広大な宇宙の法則、
あるいは、時間という4次元、高次元の法則が、黄金比としてあるから・・

オーム貝など自然界にさまざまに現れる黄金比だけでなく、
惑星周期、時間の黄金比を伝え、
自然時間を取り戻す叡智を目覚めてもらうように、ナビゲーションしています。




>>>>>>>>>>>和良久のMLから>>>

明らかに法則がはたらいている。

え〜っと、そう、これは確かダヴィンチの言う「黄金比」だ。

黄金比は、自然界や建造物などが最も美しくバランスのとれているのは、そこに一定の比率、つまり法則がはたらいているということをダヴィンチが数学的に示したものである。

特に五角形の中や、歴史的建造物、美術品、結晶の中、または植物の葉の並び方や巻き貝の中にも見つけることができ、優れた絵画や建築作品には多くの黄金比が見られる。

黄金分割された黄金四角形の辺上で、正方形の角となる点を滑らかにつないでいくと美しい螺旋が現れるのだ。
>>>>>>>>>>>>>

コズミック・ダイアリー・セミナーでは、
この三次元の法則を支える、高次元の「時間の法則」について話しています。

また、インラケチ というマヤの挨拶を最初に覚えてもらいます。
「私は、もうひとりのあなたです」という意味です。
インラケチの精神で、人の話を聞く、ということを身につけてもらいます。

そして、銀河の音の「共振」ということの深い意味を伝えています。

以下、そのメッセージを具現化したような話だったので・・・・

病気の息子さんをもったお母さんに・・

>呼吸のリズムをぴたりと合わせるのです。
>そして、こう語りかけてあげてください。

>『あなたの吐く息は私の吐く息です。あなたの吸う息は私の吸う息です。私はいつも>あなたと一緒に呼吸をしています』

>『あなたの手のぬくもりは私の手のぬくもりです。あなたの手はいつも私の手とつな>がっています』

>『あなたが眠るときも私はあなたの息に合わせて息をしています』

>『何も心配しないで、わたしはいつもあなたと一緒にいます。
>あなたが起きているときも眠っているときも、わたしはいつもあなたと一緒にいてあ>なたとともに息をし、あなたの手のぬくもりを感じています。だから安心してくださ>い』

>そこまで言ったとき、私は言葉がつまってしまった。
>あろうことか私はとうとう泣いてしまった。

>旅立つ少女の気持ちと見送るご両親の気持ちが臨場感とともに同時に重なり、感極>まってしまった。


共振の思いが、筆を取らせました。


Universal love and in lak'ech!
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase