ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
THUFRISATSUNMONTUEWED

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 153  自己存在の月(16)17:24:20 (2007年11月2日)
タイトル 一昨日、阪急のマイロハス展で、コズミック・ダイアリーを
内容
高橋さん、渡辺さん、Akiさん、松尾さん、景山さん、
皆さんが、お客さんに、コズミック・ダイアリーのことを説明してくれているのを
見て、本当に心強く思いました。

写真は、渡辺さん、Akiさんが、説明しているところです。



興味のありそうの人にチラシを渡すこと。
そして、相手に、素直な感情で、伝えることの大切さをもう一度復習しました。

朝から立っていて、なれない柳瀬は、腰が痛くなりました。
何度か、休憩を取りました。
初めて、阪急の社員食堂にも行き、
雑然とした場所の社員の様子を見ながら、どんな職場で、どんな状態なのか、
さまざまなことを感じて、面白かったです。

売り場では、女の人の職場で、女の人がお客さんのほとんどで、
柳瀬は、前のアクセサリー売り場の鏡に映った自分の姿を見ながら
場違いな感覚を感じました。が・・・


開店前に、コズミック・ダイアリーを買いに来た、別の出展者や・・
いろいろな人が会いに来てくれ、使っている人も多くいて、
隣は、いろいろ協力関係にあり、彼女の結婚式で主賓のご挨拶をした穴口恵子さんの
ダイナビジョンだし、その隣は、二宮さんの代官山のKCジョーンズ。

主催のマイロハスの榎本さん以下、多くの方と会いました。
阪急の方との連携など・・・・・
セミナーに申し込んだけど、躊躇していた人も・・・今、参加証を送ってきました。

やはり、そこにオーガニック・オーダーがあることを深く感じながら、
人工的な組織の歯車として疲弊せずに、
いかに、そこで、多くの人に感謝し、
さらに、もっと、すべての関係者にとって、素敵な機会になるために
どうすればいいか、考えていました。

柳瀬が、売り場にいる日は

自己存在の月19日(11/5)11:00〜20:30
自己存在の月25日(11/11)11:00〜16:00
自己存在の月27日(11/13)13:00〜19:00

という感じです。

http://www.mylohas.net/special/hankyu2.php

女性講師の対談も載っています。

皆さん、遊びに来てください。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Comment(コメント)
yukari
KIN 163  青い共振の夜 自己存在の月(26)23:50:34 (2007年11月12日)
こんにちは。
先日はお世話になりました。
やっぱり小さなサイズの手帳を購入し大正解という感じです。とてもコンパクトでバッグの中で場所もとらないし、持ち運びし易く重宝しています。
あの日、帰りの電車に乗りながら胸がドキドキしていました。
時々感じる予知的なものをあの日も感じていました。
これからこの手帳を使い続けていくうちに起こるであろう出来事が頭の中で駆け巡りました。
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase