ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
THUFRISATSUNMONTUEWED

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 164  自己存在の月(27)03:54:44 (2007年11月13日)
タイトル 有楽町阪急でのマイロハス展最終日
内容 有楽町阪急でのマイロハス展。

今日、最終日です。

新しい出会いが、意味のある出会いが、また、

皆さんに重なることを祈ります。





一昨日、11日で、一番驚いた出会いは、

「柳瀬さんどうしてここに・・・・?????」

「矢野・・・・ですが、覚えていらっしゃるでしょうか?」

と女性が声をかけてきた。



彼女は、パレンケに一緒に行った一人です。が、

栃木県で有機農業をやっていて、メールも使わず、

FAXも、不調。だから、4年間、2度ほど電話で話したきり、

最後は、3年ほど前の電話、それ以来の方です。



だから、マイロハス展のことを知っているわけでも・・・ないし、

また、東京に来ても、この阪急に来たことなどないそうです。

それが、こんなところで会うとは・・・





これから、アセンションの集いに行くとか・・・・

200人ぐらい集まっているから、とチラシを100枚以上持って

カレンダーと「マヤの叡智・・・」と「白い・・手帳」を2冊持って、

あまりに不思議な出会いに、感動しながらアセンションの集いに出かけていきました。



前回、売り場にいたときの、一番は、

「えーーー、柳瀬さん、ここで何してんの?」と、

仕事に油が乗り切っていそうな紳士が・・・

誰だろうと思いながら・・・「コズミック・ダイアリー」の説明をしているんです・・と



「今、大阪で、たまたま本社で会議があるから、東京に来た・・・」と

名刺を交換すると、・・テレビ局の関西支社長とある。

ともかく、「マヤの叡智と日本人の魂の融合」を薦めて買ってもらう。



柳瀬の方は、顔に記憶はあるが、マスコミの知り合いは当時の年賀状は1万枚近く

まだ、どこで会ったか、思い出せないで

レジまで、歩きながら、映画でお世話になったのでしたっけ? と聞くと

映画もありますが、マスコミ・・・会で、

と聞いて、

15年ぐらい前から電通をやめるまで、

(いや、今も、何か役職を命じられているはずだった・・)



そのマスコミ・・・会を立て直すために、当時、相談を受け、

仕事同様、かなり自由に、獅子奮迅の動きをしていた自分の姿がちらりちらりと浮かび・・

月例の勉強会・・・今も続いているのを集英社のプレイボーイなど数誌の編集長兼

局長に依頼して・・・指名して、作ったり、



震災の後、サントリーホールで、震災のチャリティーコンサートを歌舞伎の団十郎、橋之助、

クラッシックの海野さんや神埼愛、井上圭子などと、行ったり、



総会で、講演を。今は国会議員になった蓮舫さんと、

今、アンチエイジングで活躍している朝倉尚子さんという美女二人を両脇において、

三人で、環境と、出したばかりのコズミック・ダイアリーの講演会 ・・・・

今、思えば、綺羅星のように回想場面が輝き、頭の中を通り過ぎ、

それを見ているこの紳士の視点をとらえ、かなり正確に思い出した。



2012年に向けて、柳瀬だけでも、連絡を取っていない人は無尽蔵に多い。

矢野さんのようにコズミック・ダイアリーで知り合い、パレンケまで行ったのに、

その後、もちろん意識的に生きているのに、連絡を取っていない人。

テレビ局の関西支社長のように、現実の社会で、マスコミ界で活躍している人、

で、会っても、こちらがわからなくても、よく知ってくれている人。

そういう人たちが、一堂に会して、

溶鉱炉のなかのように、ひとつに解け合うための場を作れれば・・・・・と



このふたつの出会いから、示唆されているのは、

いや、有楽町のマイロハス展では、

隣のブースが、穴口恵子さんのダイナビジョンで、そのとなりが、二宮さんのKC・ジョーンズ。

La Castaのことをマイロハスのブログに、古い友人の桐島ノエルさんがブログを書いていたり、

・・・



そして、今、このマイロハス展の出展をといってくれた、インフォバーンや

その編集長との出会いを作ってくれた方や、その出会いのプレスの場を

作ってくれた方、その方々も含めて、このマイロハス展でのコズミック・ダイアリーの

説明に、来てくれた、また、今日も来てくれる方々。



今、ここ から、過去も未来も らせん状に展開しているなら、

今、ここから、コズミック・ダイアリーを、オーガニック・オーダーを、

惑星意識を、宇宙意識を、人に伝えたいという情熱を持っている方の、

ひとりひとりの人生の、過去と未来の人生を一緒に開けば、

今、ここから、このシンクロの渦が、時空間を越えて、螺旋を描く・・・・




そんなことを考え、感じ、今日、最後のマイロハス展に行きます。






Universal love and in lak'ech!


 柳瀬 宏秀∈KIN12 黄色い水晶の人∋ 
                 協力 捧げる 普遍化する   
                 自由意志 感化する 智恵
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase