ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
THUFRISATSUNMONTUEWED

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 180  倍音の月(15)16:50:07 (2007年11月29日)
タイトル ドラマ 恋ノチカラ
内容 5年前に、電通をやめた頃に流れていたドラマが、昼に再放送されていた。

電通を想定させる、ユニヴァーサル広告という会社を辞めたクリエーターのドラマ。

出演者は、
深津絵里 、堤真一 、矢田亜希子 、坂口憲二 、西村雅彦 、久我陽子

さまざまな思いが交錯し、感情移入しながら
5年前には、観ていたように思う。


検索すると、いろいろなサイトで書き込まれていて、このドラマを好きな人の感情が面白い。

主題歌は、小田和正

走れメロス というアニメ映画を作ったときの音楽担当。

深津さんは、プロデュース協力したフジテレビの「大丈夫です、友よ」の出演者で、ハウステンボスのロケで、赤ワインをご一緒した・・・

だから、そんな知り合いが多いワケではないし、
このドラマの映像や音楽が流れると、
深く胸に何かがこみ上げてくる理由は、
大手広告代理店をやめて、バックに何もない、
ひとりの人間の才能と情熱だけで、
社会の壁とぶつかってゆく、その設定。

そして、それが、1月17日からの放送だから、5年前に柳瀬が退職した、2月29日前後に、
やめる前、やめた後に、放送されていて
観たからに違いない。


深い紅葉の赤色のように、
心の深いところに、
郷愁のように、流れているものを、

もう、しまいこんで、
普段は感じないものだったのに、

ほんの10分ほど、途中から見ただけなのに
その何かを呼び起こし、
その鮮やかな彩と、
激しい熱情の流れが、
まだ、心のどこかに
まだ、生きていることを
思い出させてくれた。



怒涛のように、
満月祭りを満月ごとに、行い。
新月ごとに、能舞台で、
日本文化のトップの人と対談を行い・・

それでも、
環境意識コミュニケーション研究所としては、
1、満月祭り
2、日本文化の会 新月の会
は、9つの活動部門の2つであり、
残り、7つ、ひとつは、コズミック・ダイアリー
の活動だったのですが・・・

その7つの活動を含めて、連続17回の満月祭りも、まだまだ、これからと思っていた、
あのときのエネルギーを、
身体を燃えつくしていた魂の熱を思い出させる

そんな触媒に、

このドラマはなるかもしれない。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase