ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
THUFRISATSUNMONTUEWED

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 187  倍音の月(22)05:22:39 (2007年12月6日)
タイトル 老舗の誇り
内容 老舗には、誇りがあった。
プライドがあった。
素材から、技術、そして、もてなす精神。
伝統という名の下に、
培われた、空気の張りと誇り。

これは、小さなヌースフィア。

これこそが、今、大切だと、語っているヌースフィアと
同質のもの。
精神圏を老舗は持っていた。

それが、お金のために、賞味期限を差し替えたり、作り直したり、
どこから、そんな老舗の誇りとかけ離れたものが生まれたのか?

誇りや精神と関係のない、お金さえあればいいという三次元的な世界にのみ、
価値観を置いたからだ。

そして、次から次へと、老舗が・・・・・同じことを・・・

つまり、日本全体がどっぷりと、老舗の誇り、日本文化とは程遠い、
お金があれば・・・・という三次元の世界にどっぷりつかっている連中ばかりになっ
た。


本質がわかるようになれば、何が、間違っているか、簡単にわかるようになる
ということを第10回の講師養成講座で、講師研修合宿で伝授したばかりです。



そして、ちゃんとした謝罪が出来るようになれば、
いつでも、ゼロからでも、信頼を取り戻し、何かを生み出していけること。

コミュニケーションは、創造

石原プロが、撮影でレースのシーンで事故を起こし、
観客にけが人が出たとき、渡社長の謝罪会見。
その前に、被害者への謝罪とお見舞い、
撮影の中止、おそらく、テレビ局も含めると数億円・・・・その中止、
そして、無にしての謝罪。
運転していた者の責任で、社長の自分は・・・なんていわない。
自分の会社の起こした事故の責任が、社長にあるのはあたりまえだからです。

その謝罪会見によって、渡は信用できる・・・男だ・・・石原プロにまた、仕事をさ
せたい・・・・・つまり、謝罪の目的である、社会的な信用をとりもどす謝罪会見を
行ったことが、それが、あたりまえの姿であることがわかる。

謝罪を通して、信頼を取り戻す。今回事故を起こしたが、もう、大丈夫だと思わせ
る。
こいつらは、すてきなやつらだ・・・俺は、ファンになった。といわせる。
そういう何かを、精神的な何かを大切にしてください。

例えば、1000人の講演をすれば、柳瀬が電通にいた、ということだけで
反感を持つ人間が、何人もいるのは想定できます。
コズミック・ダイアリー・セミナーにも、そういう人間が来る可能性があるわけです。

でも、セミナーの場に来た瞬間から、
そんなちっぽけな考えを吹き飛ばすような、エネルギーを講師は持ちはじめたはずで
す。

コミュニケーションは創造だと、知っているわけですから。
セミナーの目的を明確にして、創造。
そのための工夫として、創造的なコミュニケーション。
共振。力を与える。

今、ここから
ゼロから、ゼロになる、のが謝罪の基本です。
そして、今、ここから
何かを生み出していく。
すばらしいものを生み出していく。
そういう表明が、最上級に重要なのです。




同じような問題です。
メルマガに書きますが、
赤福も、吉兆も、謝罪になっていないのが、わかりますか?

謝罪とは、無にならないと、本当の謝罪になりません。
問題の認識が正確であることも、必要です。
そして、人に、それでも、自分は大切だと、信頼できる奴だと思ってもらうために行
うわけです。
それが謝罪の目的です。

コミュニケーションは、創造です。

つまり、
コミュニケーションには、目的と、ターゲットがあります。
共振してもらわないと伝わりません。

赤福も、吉兆も、その経営者は、以上のことが何もわからずに、
従業員のせいにし、自分は知らなかったと謝罪したつもりになっています。
人を貶めて、自分は、悪くはなかったと自己弁護して、
経営者が、自分の会社で起こったことに、知らなかったから、責任がないような言い
方をしています。
それで、信頼を回復できますか?


深く、感じ、考えてください。

コミュニケーションは、創造です。
何を創造しているのか?

Universal love and in lak'ech!


  10回行った講師養成講座
そのなかのひとつのMLから、転載。

だいぶ前に、書いたものですが・・・
その後、メディアで、謝罪がテーマに
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase