ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
THUFRISATSUNMONTUEWED

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 204  律動の月(11)02:32:44 (2007年12月23日)
タイトル 海の水を辞せざるは同時なり
内容
空海  奥の院    52段








海の水を辞せざるは同時なり

一昨日、いきさつがあって、修善寺に行きました。

空海が、1200年前にひらいた温泉。今年は、その1200年であり、
大同2年(807年)に弘法大師がこの地を訪れたとき、桂川で病みつかれた父の体を洗う少年を見つけました。その孝心に心を打たれた弘法大師は「川の水では冷たかろう」と手にした独鈷杵(仏具)で川中の岩を打ち、そこから霊泉を湧出させたといいます。
そして、大師が父子に温泉療法を教えたところ不思議なことに、父の十数年の固疾はたちまち平癒、その後この地には温泉療法が広まったと伝えられています。


修善寺も、同じ、大同二年(807年)、弘法大師が開創。といわれているので、
真言宗と思いきや、曹洞宗のお寺でした。

そして、本堂に入って、仏像を拝み、扉に張られている1枚のポスターを読もうと
靴を脱ぎ、そして、読み始めると・・・

「海の水を辞せざるは同時なり」

という文字が飛び込んできた。おっと、驚きました。
それは、曹洞宗の管長の署名入りの文章で、「海の水を辞せざるは同時なり」
を解説しているポスターなのだ。

「海の水を辞せざるは同時なり」
http://cosmic-diary-internet.com/mypage/diary_detail/4319/
暑くて、取れない、マツタケ自己存在の月(24)(2007年11月10日)
というタイトルで、ブログに書いたのだが、

父の7回忌で、丹波の禅勝寺という先祖からのお寺で、法要をしてもらったのだが、
そのなかで、お経を一緒に読むという形で、お経も、お供物のひとつという説明を住職から受け、有り難く、曹洞宗日課聖典というお経がいくつも載っている、本を手に取り、
般若心経と、修証義を唱えた。

修証義の第四章 発願利生  

菩提心を発(おこ)すというは、
己(おの)れ未だ度らざる前に
一切衆生を度さんと発願し営むなり、

という言葉で始まる。
ほとけ心に目覚めた生き方をするということは、自分本位の心を捨て、
人のため世のため、生きとし生けるもの全てのもののために尽くすという誓願をおこし、実践することである。

コズミック・ダイアリーで伝えていること・・
環境意識コミュニケーションの主旨、そのものなのでわかりやすい。

衆生を利益すというは四枚(しまい)の般若あり、
一者(ひとつには)布施(ふせ)、二者(ふたつには)愛語(あいご)、
三者(みつには)利行(りぎょう)、四者(よつには)同時(どうじ)、

利行は、
愚かな者は他を利することを先にすると、自分は損をすると思いがちであるが、決してそうではない。利行そのものは自他の隔てなく、平等に大利益を被るのである。

利行は一法なり、普(あまね)く自侘を利するなり。

これも、オーガニック・オーダーや、御陰様を伝えているのだから、
そのまま、わかりやすい。

同時(どうじ)は、お経を読みながら、初めて知る言葉。

同時というは不違なり、
自にも不違なり、佗(た)にも不違なり、
譬えば人間の如来は人間に同ぜるが如し、
佗をして自に同ぜしめて後に自をして侘に同ぜしむる道理あるべし、
自侘は時に随(したご)うて無窮なり、

読んでいると、すぐにわかった。インラケチ。
私は、もうひとりのあなた自身です。
それを、仏教では、同時(どうじ)と言ったのだ。
日本人の、あるいは、仏教の「時」に対する感覚に共振すると同時に、
これは、柳瀬が、一番わかっている世界だ。
と思った瞬間、

海の水を辞せざるは同時なり、
是故(このゆえ)に能く水聚(あつま)りて海となるなり。

海の水を辞せざるは同時なり

海が水を拒否しないのは、同時???インラケチ????

お経が終わり、法要が済んで、その場で住職に質問をした。
「海の水を辞せざるは同時なり」
という意味がわからない。どういう意味でしょうか?
「そういう質問をすることは、非常にいいことです」
といいながら、「正確に答えたほうがいいので、後ほど」と言い。
そのあとも、あまり、柳瀬は満足した答えをいただいたとは思っていない、
その言葉が、修善寺で、飛び込んできたのだ。

海の水を辞せざるは同時なり

しかも、曹洞宗の管長のメッセージとしてポスターになって、目に触れた。

海の水を辞せざるは同時なり、
是故(このゆえ)に能く水聚(あつま)りて海となるなり。

お経として、読んだからわからなかったのか、
海が清濁併せ呑み、大河細流をすべて受け入れて辞するところがないのが、同時である。
インラケチである。これによって、渺々たる大海となる。
わかりやすい。



いきさつについて、
宮大工、女将、との出会い。龍神。2003年3月31日、金龍の火事。十全 というお酒。弘法大師の奥の院、階段は52段。月。
それぞれにエッセイが書ける。・・・・
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase