ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
THUFRISATSUNMONTUEWED

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 206  律動の月(13)19:23:15 (2007年12月25日)
タイトル サンタクロース
内容 クリスマス

満月のクリスマス・イヴ

真夜中には、月のまわりに、

ムーンボウ、

月の輪が、空の1/3 ぐらいの大きさで、祝福してくれていました。

Universal love and in lak'ech!


 柳瀬 宏秀∈KIN12 黄色い水晶の人∋ 
                 協力 捧げる 普遍化する   
                 自由意志 感化する 智恵

あるメルマガに、サンタクロースのことで、苦い経験を語っている人がいて、
少し、書き込みました。転載します。

________________________________________
From: HIROHIDE YANASE [mailto:cosmic-human12@syd.odn.ne.jp]
Sent: Tuesday, December 25, 2007 7:10 PM

Subject: 人は、進化していく   RE: [MEKIKI-ML 42067] サンタクロース

サンタクロースの話は、素敵な、人の進化をはかるものさしになるかもしれません。



「信じている人にサンタクロースは来る」



思い、それを口に出すことで、表現することで、形になる。

コズミック・ダイアリーの銀河の音の、惑星には

「表明 仕上げる 生み出す」  という3つのキーワードがあります。




惑星、この地球で、

太陽の「脈動、意志」、を「感じ」て、

それを三次元の地球におけるビジョンとして、

明確にするのが、「表明」です。

Manifestation英語でも、フランス語でも、そこには2つの意味があります。

「表明」 と 「顕われ」  です。



表明すれば、顕われる。

その、秘密のメカニズムです。



つまり、太陽の脈動、宇宙の摂理に従って、表明する。

すると、それは、顕われる。それが、プロデュース(創造、生み出す)ということです。




選挙で、北川さんや、松井さんが、「マニフェスト」と言い出したのも、

語源は同じです。表明したことは、顕われる。

そうしないのは、そうならないのは、どこかが、間違っているのです。

この地球におけるビジョンが、正確でないからです。



はじめに、言葉ありき。

というのも、同じです。




言ったことは、実現するのです。

その法則が、基本です。

逆を考えれば、簡単です。

コミュニケーションなしに、人は、何も、生み出せません。

あなたが、生み出した、大切なものを思い浮かべて、

それが、コミュニケーションなしに生み出せたものがあるかどうか、

考えてみてください。

人は、コミュニケーションなしに、何も、生み出せないのです。

人の社会では。




サンタクロースも、そうです。

聖ニコラスや、さまざまな話から

19世紀のアメリカの学校の先生が、自分の子供のために書いた手紙が・・

その思いが、あまりにも、素敵だから、本となり、広がり・・・

今、世界中に、サンタクロースの話になったのです。




つまり、自分の子供のために、言葉にした世界が、

世界中で、サンタクロースを出現させたのです。



大恐慌の後、アメリカでは、

経済的な復興への願いが、社会の集合意識になりつつあったときに、

デザイナーの描いた、コカコーラのポスターが、

その思いを、今の、赤い服を着たサンタクロースを生み出し、

その絵で表明された、サンタクロースが、

世界中に生まれているのです。




平面的に、

サンタクロースが、いないと子供に教える人は。

「信じている人にサンタクロースは来る」

このサンタクロースに込めた、思いを、

もう一度、表明し、顕現させる、力のなくなった人です。





あなたの思いを表明すれば、

そして、お母さんが、お父さんが、

この地上で、お金で、プレゼントできるものを与えたければ、

簡単に実現させてくれるでしょう。

もし、すぐにお金がなくても、

その思いが強く、本当に必要で、そのことを表明すれば、

シンクロニシティという形で、顕われてくることも、多く、経験されていると思います。

「信じている人にサンタクロースは来る」





この真実を、心が現実を生み出している真実を、ゆがめて三次元しか見えなくなって、

サンタクロースなんて、いない、というコミュニケーションに、社会がなっているとしたら・・・

それは、大人が作った社会が問題なのだと思います。





こどもの頃は、お金が大切だ、とは、言わなかった。

お金よりも、大切なものがある、というのが常識だった。

それが、いつのまにか、子供が、お金が大切といい・・・

お金のために、援助交際(1990年代)まで、するようになったのと同じです。





老舗には、誇りがあった。

プライドがあった。

素材から、技術、そして、もてなす精神。

伝統という名の下に、

培われた、空気の張りと誇り。

それが、お金のために、賞味期限を差し替えたり、作り直したり、

どこから、そんな老舗の誇りとかけ離れたものが生まれたのか?

誇りや精神と関係のない、お金さえあればいいという三次元的な世界にのみ、

価値観を置いたからだ。

そして、次から次へと、老舗が・・・・・同じことを・・・

つまり、日本全体がどっぷりと、老舗の誇り、日本文化とは程遠い、

お金があれば・・・・という三次元の世界にどっぷりつかっている。





大切なのは、お金ではない・・・・心であること。心のつながり、御陰様という

有機的な秩序であり、それが、宇宙であるという、

少し前までは、日本では、あたりまえであったこと。

老舗には、そのしきたりと、誇りと、張り詰めた空気があるのがあたりまえであったこと。

今のように、お金での、流通しか、考えられない社会でなければ、

おすそ分けや、おしょうゆを隣で借りるのが普通だったら、

もっと、サンタクロースを生み出した思いが、ひとりひとりの大人の中に生きていたなら・・




サンタクロースがいない、と子供に、教える教師は、いなかったでしょう。

こころを教えていないから、サンタクロースにさえ、なれない教師だから・・・

教育の目的が、わからなくなった、日本の教育を生み出している・・・というか、

破壊している教師だから、出来ることなのだと思います。

背中で、偏差値が一番大切と教えている教師には、

自然の摂理、オーガニック・オーダー、宇宙の真理と、生命の神秘を探求する

そういう科学の目的も、心も失った、教育の目的を失った教師には、

サンタクロースに託した、19世紀の教師の心も、時代の心も、人間の本来の姿も、

見えないのでしょう。




最後に、クリスマスが、イエスの誕生日だという、歴史的な根拠はありません。

ケルトの冬至の祭りのエネルギーを、クリスマスに吸収するために、

キリスト教が、生み出したものです。

( 「火あぶりにされたサンタクロース」 レヴィ・ストロース著  に詳しい)



その北欧のケルトの祭り、太陽の祭りで、低下したエネルギーを活性化するために、

死者に、供物を捧げるのですが、その死者の側に、子供たちが、仮面をつけ、

エネルギーを高めるために破天荒なことをするのが許され、そして、

供物、プレゼントをもらうのです。



祭りとは、京都、満月祭り  のときにも、何度も、書きましたが、

現象界と、精神界の循環です。時と場所が重要。

祭りの魂を取り戻す主旨でした。



今、世界の多くの家庭で、

三次元のプレゼントを親が子供に提供し、

大人は、子供から、子供の喜びというエネルギーをいただく・・・という形で、

そのクオリティは、家庭により、千差万別だが、

現象界と、喜びという精神界との循環が、それでも、地球のいたるところで

行われていることは、ほほえましい。




もう一度、表明し、顕現させる、力を、取り戻せば、

「信じている人にサンタクロースは来る」

そういう奇跡を、普通に、生み出せる。

そういう人が、増えることによって、

あるいは、あなたが、表明し、顕現させる、力を、取り戻して、

サンタクロースを、あなたが、生み出すのです。

そういう形で、人は、進化していく。






Universal love and in lak'ech!
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase