ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
FRISATSUNMONTUEWEDTHU

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 27  太陽の月(10)20:07:52 (2008年3月16日)
タイトル KIN 25 赤い水晶の蛇の日 ホゼは、日本を発ちました。
内容 KIN 25 赤い水晶の蛇の日  太陽の月の8日
3月14日に、ホゼは、日本を発ちました。

朝から、香港からの郵便が、大崎郵便局に深夜に着いたのを確認し、
電話で、何時にホテルにつくかを問い合わせ、11時に着くと・・・
11時にホテルに行き、調べてもらい、
香港から、ホゼとステファニーのパスポートが届いたので、
急いで、虎ノ門のカンタス航空に行き、数日前に交渉しておいた
今日、14日のフライトへの変更を、
昼休みになる前に、チケットの変更、確保を正式にし、
戻る。

昼休み時で、お店が込んでいて、
オーナーが友人のお店に交渉して、庭の席をあけてもらう。

野菜料理のコースをシェフに作ってもらい、
最後の夕食を、ワシントン州のワインをなんと、三人で一本あけてしまった。
本当に、おいしいワインでした。

いろいろあったので、さらに、お互いの理解が深まったなどと、ホゼが語り、
柳瀬は、「素直」ということばのもともとの意味について、
「素」は、pure という意味であり、
「直」は、天と、直接つながるという意味から来ている。
という話をしたら、「素直」になるように、ということをメッセージする。
というような話をしながら、

ワイン片手に、
CMプランナーの頃、自分の企画のCMをつくるにあたって、
プロダクションのプロデューサーと打ち合わせをするとき、
昼でも、よく、ホテルのバーで打ち合わせをしたことなどを語る。

頭が、クリアーだと、
企画をできるだけいい形で、実現するために、注文が多くなり、
最高のものをつくるために、時に
厳しくなり、叱ったりしてしまうので、
少し、お酒を飲んで、三次元レベルでの調整をよくしていた・・・
というような話をしたりした。
ほろ酔い状態の柳瀬の話を、どう受け取っただろうか?

水晶の日、事務局ということで動いてくれた4人の方に
全体のこと、問題点、収支の報告、さらに、感謝の意を伝える
ために会い・・・

緑が丘文化会館で、ホゼの講演会のビデオを見る会に。
富山から、藤田さんが来てくれて、感謝。


Universal love and in lak'ech!
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase