ログイン

黄色い銀河の種の年
2013年7月26日〜2014年7月24日
青い共振の嵐の年
2012年7月26日〜2013年7月24日
白い律動の魔法使いの年
2011年7月26日〜2012年7月24日
赤い倍音の月の年
2010年7月26日〜2011年7月24日
黄色い自己存在の種の年
2009年7月26日〜2010年7月24日



※書いた月から、ダイアリーを検索できます。さらに書いた日からも、カレンダーをクリックするとダイアリーを検索できます。
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
FRISATSUNMONTUEWEDTHU

マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013
マヤの預言とコズミック・ダイアリー2013 302ページ 2,800円(税込)
柳瀬宏秀著

2012.7.26-2013.7.25
2012年という意味を考え、10年ぶりに、仕様を元の形に。
ハードカバー A5判 302ページ


全7章からなる、「本」であり、マヤの叡智に意識をあわせ、実践的に身につけるための「コズミック・ダイアリー」です。
コズミック・ダイアリーはマヤの叡智から生まれた13の月の暦の公式ダイアリーです。

詳細・お申し込みは、こちらから

「マヤの叡智」の常識
ホゼ・アグエイアスのヌースフィア(精神圏)
「マヤの叡智」の常識 366ページ 3,150円(税込)
柳瀬宏秀著

「マヤの叡智」は「時間の叡智」
マヤの時間とは宇宙の周期。「時間の叡智」とは「高次元の叡智」なのです。 地球が自分の意識を表現するという時代が始まります。
詳細・お申し込みは、こちらから

初詣の 願いを 祈りに
初詣の 願いを 祈りに 238ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

9000万人の人々が、初詣に出かけます。 9000万人のほとんどが、自分のための「願いごと」をします。 9000万人の「願い」が、地球のための、宇宙のための「祈りに」変わったなら・・・ 日本人の「心構え」が変わり、、日本が変わり、宇宙が変わります。
詳細・お申し込みは、こちらから

新版 マヤン・ファクター
      - 2012年の真実(リアリティ)
208ページ 1,785円(税込)
ホゼ・アグエイアス著
訳 柳瀬宏秀/福井久美子
監修柳瀬宏秀

周期が閉じるときに起こる重大な出来事に向けて、人類に準備を促すーー。 マヤの預言は、今日の世界を支配しているのとはまったく異なった時間についての感覚、その新しい知識についてのシステマティックなプレゼンテーションなのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

2012年への進化- ホゼ・アグエイアス伝記
448ページ 2,940円
ステファニー・サウス著
訳 井元悦子 監修 柳瀬宏秀

ホゼの半生をたどれば、マヤの預言が聴こえてくる! この物語は、預言に対するスピリチュアル・アドベンチャーであり、また今日この惑星に生きる人類のすべての
人生に関わる物語なのです。
詳細・お申し込みは、こちらから

マヤの叡智と日本人の魂の融合
マヤの叡智と日本人の魂の融合 307ページ 2,000円(税込)
柳瀬宏秀著

コズミック・ダイアリーの精神、時間はオーガニック・オーダー(有機的秩序)について、わかりやすく解説
詳細・お申し込みは、こちらから

9.11人類が、正義という呪縛から 解き放たれるために
128ページ 1,365円(税込)
柳瀬宏秀著

究極の非道徳とは、自然のリズムをはずした生き方をする、ということです。 どうしてか? それは、自然そのもの、宇宙そのものを破壊するからです。
詳細・お申し込みは、こちらから

My Page MenuDiary一覧プロフィール
Detail(the article)(Diary詳細)
日時 KIN 45  太陽の月(28)06:38:20 (2008年4月3日)
タイトル 「コノハナサクヤ と 桜」 花見の会
内容 「花見の由来は、古来から祓(はら)いのための宗教的行事だったようである。
 期日が設定され、野山に出かけ花を愛で、その下で楽しむことで、
 厄を祓(はら)い神さまと過ごすとされていた。」

柳瀬がやる花見は、以上のような意味をもちろんもって、行います。
花見を通して、オーガニック・オーダーはもちろんですが、
歴史の中の意味を知るのではなく、それを感じ・・・
感じるということは、何を感じるのか?


もう少し、わかっていただくために語ると、

「古代ギリシャの哲学者達とコンタクトをとって語りたいと思ったときは、秘かな海 
へ行って、その層にアクセスをして、その層の中継点に行って話しているような状態」

「サイバンクは惑星レベルの頭脳というか、いろんな知識の貯蔵庫として働いている一つの、まとまっている場所という感じです。」

サイバンク と、ホゼが呼んでいるような、アカシックレコード のようなものに、
桜を感じ、無になることで開かれる。それを日本人が楽しみながら、ホゼの言うヌースフィアに馴染んで欲しいからです。

それが、Time is art.

「あらゆる形のまだ 明らかにされていないような思想なども全て、まだサイバンクの中に眠っている、保存されている状態です。このサイバンクというのが、ヌースフィアで言えば、ヌースフィアの思考回路と思って頂いてよいです。」

「銀河でいいますと、どの地点で、このサイバンクが存在するかと言いますと、一つの銀河と一つの銀河の間を連立的に繋いでいる間の橋渡しの所あたりに存在しています。」

「このような間の所に存在していることによって、一つの銀河系だけではなく、それ以外の次元とも繋がって情報を得ることができるのです。サイバンクのところには、このようなプログラムがあるのです。」

祓(はら)いのための宗教的行事
厄を祓(はら)い神さまと過ごす

この日本的な言葉に、今、科学的に、どれだけの想像力を働かせることが出来るか、考えてみてください。共振の場の新しい展開の説明です。

ヌースフィアをわかりやすく、伝えていくことが、
新しい課題、テーマとして、今回のホゼの来日から受け取ったはずです。



セミナーで、
観光客が、「紅葉がきれい」と写真をとってそれでおしまい・・

今、ここから、
1本の紅葉を見たら、山全体を感じ、オーガニック・オーダーを感じる。
地球が太陽の周りを回っているから、すべての生物圏がダイナミックに変化していく、
摂理、自然のリズムを感じずに、紅葉を見ることはもう出来ない。

という普通の話をしました。



ぜひ、この季節に、日本人の桜に込めた思い・・・神話、伝説、行事、
さまざまな桜、それを超える思いをあなたはもって、
日本人の地球を取り囲む人類のひとつの「ヌースフィア」を
「祓(はら)い」つまり無になり、「神様と過ごす」という感覚を、
桜を感じることを通して、体験してください。

松山城で、桜と子規の魂を感じてきました。
明日、コノハナサクヤに、意識を合わせます。
京都で、また、・・・・・・

仮に、桜の季節も、2012年までに、今年を含めて5回しかないと知ってください。

この位置に地球があり、桜を通して、進化する経験は、
2012年の冬至までには、あと、4回になってしまいます。





   
      


さて、参加者が27名を超えました。
柳瀬は自由が丘に、住んでいたときには、よく、ふらりと花見に行った場所です。
座って桜を楽しむには、桜の下で、桜が近く、また、道なりに2列の桜並木が、
夕方も美しく、また、夜も、なかなかの場所だった記憶があります。
前のダイアリー 次のダイアリー
Share
 
Comment(コメント)
むねやん
KIN 46  白い共振の世界の橋渡し 惑星の月(1)17:42:31 (2008年4月4日)
松山城の桜は見れませんでしたが、美しい松の木が印象に残っています。ちょうど1ヶ月ぐらい前に自分の日記にコメントをいただいた、むねやんです。
朝日カルチャーセンター横浜 講演に伺う予定です。宜しくお願いします。
Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase